見出し画像

同人誌「東京嫌い」とは?

【購読方法】
マガジン「東京嫌い」の購入は、この記事ではなく、ふみぐら社さんの「東京嫌い」の記事のバナーをクリックし、リンク先記事のいちばん下からご購入いただけます。300円です。

タイトルを「東京嫌い」というnoteの同人誌に参加させていただいております。バールボッサの林伸次さんからお誘いいただきました。

マガジンをご購読いただくことで、10月下旬より順次公開される記事をすべてお読みいただくことができます。小説もエッセイもイラストもあります。参加している執筆者はぜんぶで21名、読み応えじゅうぶんですね。

さっそく執筆者のラインナップ第一弾が発表されました。

東京嫌いというテーマですが、ぼくは、勝手に好かれたり嫌われたりする「東京」という場所に生まれ育った人間のモヤモヤとした思いを軸に故郷としての東京についてエッセイを書きました。

本人はいたって真面目ですが、林さんからは「5回くらい大笑いした」との感想をいただきましたので、つまりはそういうことなのでしょう。よろしければ、ぜひご購入の上お読みいただけましたらうれしくてスカイツリーにも登る心地です。

購読はこちらからお願いいたします↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいた金額は、すべて高齢者や子育て中のみなさん、お仕事で疲れているみなさんのための新たな居場所づくりの経費として大切に使わせて頂きます。

Kiitos!!!
15
日本で初めてのフィンランドに特化したポータルサイトを2020年秋に公開。また、CSRとして北欧流居場所づくりの試み「喫茶ひとりじかん」をMUJIの協力の下開催しています。2002年から2019年まで東京(荻窪→吉祥寺)にて日本初の北欧カフェ「moi(モイ)」を経営していました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。