見出し画像

アプリ開発者が突っ込む!優しいSNS「Gravity」で感じたポイント7点

もぐめっと

こんにちは。virapture株式会社もぐめっとです。

画像14

毎年、エイプリルフールになるとなんか嘘つこうと思ったりしますが、すぐエイプリルフールなこと忘れてます。でも山のぼったのは本当です。

今日は広告でGravityというアプリが流れてきたので、ヒットしている(2021年4月1日時点で★4.4)であろう要因や改善できそうなポイントを探るために調査してみました。

世界観が伝わる優しいデザイン

まず、入りからして優しいです。真ん中のアイコンも優しい感じのアニメーションで癒やされます。

画像1

フォントも優しいフォントで統一されていて、全体的に優しさを際立たせています。


画像2

カードデザインですが、やはり角丸にすると柔らかい印象になりますね。アイコンも全体的に丸く、そして淡い色合いを使っているので優しい印象になります。

画像3

全体的なデザインが統一されていて、動きも自然な形なので、いい感じに世界観に入りこめるようにデザインされている印象でした!

簡易性格診断が所属を作る

最初に6個ほどの診断を受けます。

画像4

基本的に2~4択くらいでサクサク選べる内容になっており、また、ストーリーっぽい形になってるので選ぶのも少し楽しくなるような内容になっておりました。

診断の結果、私は無邪気な魔術師でした。

画像5

選択も飽きさせない工夫がされていて、離脱率の改善に貢献している印象でした。

投稿への動線が良い

投稿する場合はTopの真ん中下から投稿ができますが、それ以外にも実はマイページからも動線があります。

画像6

エンプティメセージは一つでも何か表示するものがあったら消しがちですが、メッセージのUIに合わせて投稿できるカードをおいてあるのはつい押したくなるデザインでとてもいいと思いました。

表示するセグメントが良い

もぐめっと的に結構気に入ったポイントなんですけど、音楽や,,,

画像7

写真,,,

画像8

そして自分の性格診断によって分類された同じような性格の人

画像9

3つのフィルターからそれぞれのつぶやきを見ることができます。
音楽に紐付いて投稿できるというのが今まであまり見なかった機能なので、おなじような音楽が好きな人と繋がりやすかったり、性格診断によって同じような性格の人と繋がりやすくなるのがとてもいいなと感じました。

問い合わせがしやすい

DMの機能もついているのですが、一番初めにつながってるのがGravitiyの公式アカウントとのDMができるようになっています。

画像10

これによってバグが有ったときの問い合わせもやりやすく、レビューが荒れる原因も減らすことができ、ユーザの生の声も拾いやすくなるのでとてもいい施策です。

私もFrieppyというサービスを作ったときにも私達も開発者の部屋みたいなのを作って同じような施策を実際に実施したりもしてました。

画像11

割とタイムリーにやり取りができるのでこういった部屋がサービス内にあるのは一定の効果を発揮すると思います。

プッシュ通知は改善の余地がありそう

プッシュ通知の許可を押させるために手のボタンが薄っすらと見えております。

画像12

しかし、その前に通知を許可するメリットを掲示してからでないと許可は押しづらいので、押させるようなUIではなくて、きちんと説明を出した上で通知ダイアログは出すのがいいと思います。

※ただし、これについては諸説あるらしく、その昔、akatsukiさんが様々な角度でABテストした結果あまり変わらなかったという噂を聞きましたが、ちょっとソースは見つかりませんでした。。。誰か知ってたら教えて下さい。

「みつける」が分かりづらい

「他の星を探す」ボタンを押すとぽちぽちと星が変わります。

画像13

しかし、最初これなにに使うのか全然わからなかったのでUI改善の必要があるかなと思いました。
(実際は星をタップするといろんなユーザが表示されます)

総評

全体的に柔らかいUIで統一されていて、優しさがヒシヒシと伝わるいいUIでした。機能としてはきっと今後も拡充されると思うので今後の成長に期待です。

また、受け売り意見ではございますが、気に入ってる機能の診断結果の所属に関しては、同じ所属の結果以外にも、相性のいい所属とかもフィルタ表示できるようになったらより交流も盛んになったりすると思いました

活かすポイント

spotifyのAPI連携したコンテンツの出し方や、診断結果を用いた所属チームの分類といった手法は他のサービスでも使えるかなと思いました。
例えば、現在運営しているCameconで当てはめると、診断の結果、「Sony勢」、「Nikon大好き」とかブランドで振ったり、「オールドレンズ好き」、「ぼかしフェチ」、「工場風景カメラマン」、etc...などの分類とかも作ったりして、それぞれの分類で交流させる機能をつけるのも施策としていいかもと思いました。

おわり

他アプリの分析もやってみると見えてくるポイントが色々あるので引き続き調査していこうかと思います!


最後に、ワンナイト人狼オンラインというゲームを作ってます!よかったら遊んでね!
他にも気軽にフォトコンテストに参加できるCameconやURLシェアしただけでチャットができるoffchaといったサービスも作ってるのでよかったら使ってね!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!