黒猫シェフ
ベルギービールを瓶のまま飲む
見出し画像

ベルギービールを瓶のまま飲む

黒猫シェフ

『きっと来てないわ 』
車は広いコンビニの駐車スペースを切り進んでいく

『やっぱり・・・・・・』

そう思った時2台の10tダンプに挟まれるような小型車が視界に入った
一番端のスペースにハンドルをきった
間もなく

「肩身狭めぇ~」
とメールが飛び込んできた

「たまには私の車で」
そう返しながらすすりあげた

そして
「ちぇっ」
と言いながら、フロントガラス越しに見えるコスモスの花の揺れに目を向けた
ただ、パートナーズシート側のドアが開く音を聞き逃さないように
 
 
「やあ」

「暇なのね」

「・・・・・まっ まあね」
彼女は必ず先制パンチをくりだす

「お忙しいところ申し訳ございませんが、あたいをどこかへ連れてって」

「ふん!」
ガクンと衝撃が伝わり、彼女の車は駐車場から本線にすべりだした
 
 
「それ」

「そうよ よくわかったわね」

「よく似合っている」

「何でも似合うの」

「ふう~ん」
 
しばらくして、彼はギロチンを飲みながらハンガーにつるされるワンピースを眺めていた

徹夜の疲れがでたのか眠い
ベッドに体を預けて目をつぶった
 
ベッドが歪んで眠さが乗数になり重なった

本格的な眠りが始まった





彼女の寝息が優しく手を引いて、深い眠りの底にあるテーブルに誘った
 
彼女はとびっきりの笑顔で、エールを飲んでいる

彼は本物の彼女を見つけた・・・

have fun


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
黒猫シェフ
1960年生まれ 北海道出身 使役犬(シェパードとかドーベル)トレーナー 家電量販店(そうご電器) アイスター商事関連 パルブレッド(パルシステムグループ ほぼ品質管理部門) とある専門学校(定年なったので)