黒猫シェフ
竹鶴21年とクリスマスツリー
見出し画像

竹鶴21年とクリスマスツリー

黒猫シェフ

彼女は目が覚めたベッドの中で大きな伸びをして、ちょっとだけ目を開けた
 
南に面した窓のカーテン越しに、しっかりした朝だとわかる光が透け出している
シルクのショートパンツに薄紫のロングTシャツの彼女は、もう一度まるまって小さな吐息をもらした
朝の知らせなど見なかったというように
 
 
幼いころの夢を見た
 
トップにシルバーの星を付けたシルバーグリーンの大きなツリーがある
シルバーとゴールドの飾り付けのところどこに姫リンゴのイミテーションがアクセントになっている
 
それを見ている幼い彼女は、そこにはプレゼントがあるのだという事がわかっていて、ゆっくりと歩み寄っていった 
でもそこにプレゼントの箱らしいもが見当たらないのだ
言い表せない、悲しみに似た感情に包まれた
 
ふと振り返ると祖父がいた
氷の入ったグラスに「竹鶴21年」を注ぎながら彼女を見ている
静かな表情の中に、何かを企てているのが読み取れた
 
プレゼントはツリーのどこかにあるのだ
ツリーの周りを注意深くゆっくりとめぐった
 
祖父はうなずきながらグラスをかたむけている
その香りがほのかに漂った
 
 
探しあぐねた幼い彼女は、ツリーから少し離れた所で腰に手を当て眺めなおした
 
『二つある 落ち着いて探してごらん』
祖父は微笑みながら言った
  
 
床からトップの星まで、ゆっくりと そして何度も角度をかえながら見つめなおしていった
 
 
 
彼女の瞳に変化があった
何か見つけたのだ
ツリーに歩み寄り『何か』を確かめた
 
枝の付け根に小箱を見つけたのだ
「あったよ おじいちゃん! これでしょ?」
 
祖父はグラスを持ち上げながら ニッコリほほ笑んだ
幼い彼女は小箱を二つ抱きしめた



 
 
 
ベッドの中で二つ目の吐息をもらしながら
『中を見とけばよかった』
そう思いながら彼女は朝を納得し始めた


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
黒猫シェフ
1960年生まれ 北海道出身 使役犬(シェパードとかドーベル)トレーナー 家電量販店(そうご電器) アイスター商事関連 パルブレッド(パルシステムグループ ほぼ品質管理部門) とある専門学校(定年なったので)