もこみ

表現に触れて生まれた脳内世界のこと。 https://lit.link/mocomi

もこみ

表現に触れて生まれた脳内世界のこと。 https://lit.link/mocomi

    マガジン

    • Water Walk Magazine

      • 25本

      変な音楽記事の集合体

    • 音楽

      • Water Walk Magazine

        • 25本
      • 音楽

    最近の記事

    • 固定された記事

    2021年ベストアルバム50+1

    2021年もすっかりひと昔前のように感じる2月の半ば下旬、一足も二足も遅い年間ベストの季節がやってきました。大学の卒論を書き終えた直後に卒業制作的なものが始まり、結果として昨年同様こんな時期になってしまいました。今年は年内に書き上げたいところですが、ほとぼりの冷めたこのくらいの時期も悪くないかもしれませんね。 【本編の前の前に】 2021年は「とにかく新譜を聴く」という方針で音楽を聴いていました。これはある意味「実験」のつもりでした。 ストリーミングサービスの浸透によって無

    有料
    100
      • Stella Donnelly 『Flood』

         鳥はなぜ群れになって生きるの?それはそうした方が生きるのに有利だから。群れることで「目」が増えるんだ。そうすると外敵を素早く発見することが出来るから、いざというとき逃げやすくなる。逆に食べ物を得るのだって集団でいた方が効率が良い。魚を追い詰めるのも集団でいた方が上手くいくでしょう。それに、山手線一周なんて比じゃないほど長い距離を飛ぶなんて、疲れちゃうに決まってるよね。鳥たちがV字になって飛ぶのは、先頭の鳥が羽ばたくことで発生する気流を利用して後続の鳥が少し楽をするっていう理

        • ヌトミック『SUPERHUMAN 2022』とケンドリック・ラマーのライブストリーミングを観て思ったこと

           これまで知らなかった文化圏に接すると一旦脳内がぶっ壊れる。その後、その「未知」を包摂する過程で「既知」が再構成され、脳がでっかくなる。良き出会いとは、こういうものなのではないだろうか。  2022年10月22日19時  東京タワーの真下にある芝公園にて行われたヌトミックという”演劇カンパニー”による『SUPERHUMAN 2022』を観に行った。  舞台芸術というものに興味あるかもな~、観てみたいな~、とぼんやり思いつつも、これまで一度も劇場に足を運び観劇したことはな

          • チャーリープースの新作『CHARLIE』について、リアルサウンドに寄稿しました! https://realsound.jp/2022/10/post-1146957.html

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Water Walk Magazine
            Water Walk 他
          • 音楽
            もこみ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            書いた。 https://note.com/water_walk/n/n69c38f717dd1

            2022年4-6月ベスト100曲

            一応上位の順位はそれなりに考えましたが、トップ10くらいまで同着1位でもいいくらいです。 リンクを貼るのは大変過ぎたのでやってませんが、Spotifyプレイリストを付けてます。画像を100枚も貼っているので激重ですが、記録用ということで許してください。 レビューは追って記していきます。 では早速ランキングです! 100. Jack Harlow - First Class 99. Post Malone - I Like You(A Happier Song)(wi

            見出しの文字の色を赤にしたいときがあります。あまり色が多くてもゴチャゴチャしてしまうので、赤・青・黒の3色くらいでいいです。文中の文字の色は変えられなくてもいいです、見出し・小見出しだけでも! #noteカイゼン #noteアプリ

            2022年2月ベストアルバム10選

            そろそろ各メディアが上半期ベスト(AOTY So Far)といった記事を出し始める頃合いですが、2月分の月間ベストを発表致します。もこみと申します。 前回記事はこちら では順に小レビューしていきます。 埋め込んであるアルバムリンクは、各種ストリーミングサービスからYouTubeのリンクにもアクセスできるSongwhipというサービスのリンクです。 凡例:ランキング.アーティスト名『アルバムタイトル』(レーベル) 10.Slaters『Everything All At

            有料
            100

            わがつま『第1集』(2021)

            もこみと申します。 noteの更新が滞りまくっています。非常にまずい。まずいので何か楽に書こうということで、昨年の年間ベスト記事からレビューを抜粋して若干の修正を加えた上で掲載していこうと思います。 というわけで第一弾としては、そのランキングで「0位」として選出した、気鋭のレーベルNEW FOLKからリリースされた、日本の新人SSWわがつまの「第1集」を扱います。 ちょうど一昨日の金曜日から、昨年12月に行った初ライブ「わがつま 単独公演 2021 冬」の模様を収録した

            2022年1月ベストアルバム10選

            もう4月になってしまいましたが、今年も月間ベストを選ぶことにしました。 2月3月も早いうちに選んでいきたいものです。そうこうしているうちに5月になっていしまいそうですが。。。 1月のランキングは以下の通りです。 では順に小レビューしていきます。 埋め込んであるアルバムリンクは、各種ストリーミングサービスからYouTubeのリンクにもアクセスできるSongwhipというサービスのリンクです。 ※凡例:ランキング.アーティスト名『アルバムタイトル』(レーベル) 10. M

            有料
            100

            2022年1-3月ベスト100曲

            一応上位はそれなりに考えましたが、並び順は真に受けないでください! 2021年リリースでもアルバムが今年かつ初めて聴いた曲の場合は入ってます。その辺はゆるく。 リンクを貼るのは大変過ぎたのでやってませんが、Spotifyプレイリストを末尾に付けてます。 今回レビューはありませんが、大体の曲はツイートしてるはずなので、気になったらぜひ検索してみてください。 では早速ランキングです! 100 Danny L Harle,Lil Texas - Interlocked(fe

            2021年間ベストソング3選[国内編]

            先日投稿した2021年間ベスト記事がかなり好評で反響も多くあり、とても嬉しいです。ありがとうございます。 あの記事でかなり消耗したので、今回は軽めにいきたいと思います。 今回はこれもまた先日投稿した2021年間ベストソング[海外編]に引き続き、国内編と題して3曲選びました。 ※真面目に選びました。 では、3位から 3. 君島大空「向こう髪」 年間ベストアルバム記事でも9位に選出した君島大空の傑作アルバム『袖の汀』収録の格別に透き通った一曲。 君島は前作『縫層』(20

            2022ベスト曲プレイリスト更新! 199曲に達しました。 https://open.spotify.com/playlist/2WtK9wVai2Rj3iwbQ6P9ER?si=_jp4BWa7TSaWTlM8q7XoQQ #iri #音楽 #2022 #プレイリスト

            2021年ベストソング3選[海外編]

            良かった曲、あまりに多過ぎるので日本と海外でそれぞれ3曲ずつ挙げようかと思います。 今回は海外の楽曲から3曲選びました。各ジャケ写の下にYoutubeリンクを貼り付けたのでぜひ利用してみてください。 3.Jason Chu/Alan Z 「Model Minority」 5月にリリースされた中国系アメリカ人のJason ChuとAlan Zによる、多数の客演を迎えて制作されたコンピレーションアルバム『Face Value』からの一曲。 COVID-19に対する社会不安が

            2021年noteまとめ https://note.com/wrap_up/annual_2021/82cbb97d-7ca0-4f0d-bfdc-0fbf2cca825a

            2021年ベストアルバム番外編〈5年後くらいに聴き直したい「タイムカプセル盤」編〉

            今年も残すところあと数時間というところまで迫ってきました。 本来であれば2021年に聴いた新作アルバムのベスト記事を書こうというところですが、予定通り全く間に合いませんでした!諸々落ち着く頃に書きます。 この記事は年間ベストアルバム番外編のその2です。 その1はこちら はじめに 先日投稿した〈良かった旧譜編〉でも書いた通り、今年はとにかく「新譜だけを聴く」という方針で音楽を聴いていました。とにかく片端から全部聴くというスタイルで聴いてみると、新たな自分の嗜好が発見出来たり