見出し画像

スプレーとソフトジェルで、韓国風巻きがすぐできる!

女性美容師さんが思いと知恵を集めてつくった、ヘアケアとスタイリングを両立できるケアスタイリングブランド「mm(ミリ)」に、ソフトジェルとスプレーが新しく仲間入り。新発売を記念して4月5日(月)~9日(金)まで毎日、インスタライブが開催されました。今回は5日(月)に開催された「AFLOAT RUVUA」ヘアクリエイターの山崎優衣さんのライブの模様をお届けします!

山崎さんスクショ1

山崎さんの新アイテムの印象は…!?

ジェルというと硬くなる印象でしたが、ソフトジェルはウェット感は出るけど硬くならず、すごくよかったです。スプレーはすごく噴射力が強くて扱いやすいなと思いました。ふわっとするだけでなくUV効果もあるので、これからの季節にとても重宝しそうです!

「韓国風巻き髪」を「mm(ミリ)」でつくります

ソフトジェル、スプレー、バターを使って、簡単にできるスタイリングをしていきます。

山崎さんスクショ2

1 32mmのアイロンで毛先を外ハネに巻きます。

point/幅を太めに取り、水平に巻くと巻きやすいです。短めの方はタオルを1枚挟むと火傷を防ぐことができます。寝グセがついてる状態から巻いてOK。先に根元を前に向けてドライヤーで熱を当てておくと、巻きたい方向に巻きやすくなります。

山崎さんスクショ3

2 顔まわりをハの字ラインになるよう外巻きにします。

point/大きめカールが流行っているので太めの幅を取り、目の横から斜め45度の角度でリバースに巻きます。頬骨に髪がかかり、小顔効果が生まれます。しっかり髪に熱が入ったら、そのままアイロンを下に抜きます。

3 ロングの方は、そのままアイロンを縦にして巻きます。

point/髪に寝るが入るまで少し待ち、そのまま下に下ろして、毛先は水平にして巻き、アイロンを抜きます。

・髪が硬い方はやや長めに熱を当ててください。

・アイロンの温度は170~180℃に設定。高めの温度で素早く巻いたほうがダメージが少ないと思います。

・毛量が多い方は毛束を2つに分けて巻くのがおすすめ。

・髪は熱が冷める時にカールがつくので、すぐほぐさず、しばらくホールドしておくとよいです。

・ソフトジェルをつけてから巻くと、雨の日など、さらにカールのもちが良くなると思います。

・後ろは巻かなくてOK。

・アイロンは32mmが使いやすくておすすめです。

山崎さんスクショ4

4 トップの根元に下からスプレーします。

5 トップを内巻きワンカール巻きます。

point/レイヤーが入っている人は、トップのもう1段下も巻くと後ろが可愛くなります。ここも巻いたらしばらく触らずにおいておきます。

山崎さんスクショ5

6 首に沿っている毛だけ、アイロンで根元を内巻きにします。

point/首に髪が沿うことで、顔が引き締まって見えます。

・ドライヤーした後には何かつけたほうがよいです。春夏はオイル、秋冬ならミルクがおすすめです。

・巻きが失敗したら、濡らしてやり直したほうがよいと思います。きれいに早くできます。

・26mmのアイロンで巻くなら、幅を太めに取ってゆるく巻いてほぐすと、ふわっとした印象になります。

山崎さんスクショ6

7 サイドバングを黒目の前に持ってきて軽く内巻きにします。こうすると簡単に後ろに流れます。

point/ハの字が強調され、より韓国っぽくなります。

山崎さんスクショ7

8 ソフトジェルを1プッシュ取り、手になじませてカールをほぐしながら内側からもみ込んでいきます。

9 ジャンボコームでカールをほぐして広げます。

10 ハの字を意識して巻いたところを広げる感じで整え、スプレーを吹きかけてハの字をキープ。

11 もみあげの毛先をアイロンを水平にして外ハネに巻き、バターをつけます。

・ネイルをしている方は、指先で取らず、指の関節でバターをすくうと爪に入らないです。

山崎さんスクショ9

山崎さんスクショ8

完成!

ハの字ラインが韓国風を強調。トップがふんわりしているとひし形シルエットになるのでキレイに見えます。首元のワンカールもポイント。髪が硬い方でもできます!

笑顔が素敵な山崎さん。寄せられた質問にも丁寧にお答えいただきました。韓国風巻き髪、とても可愛かったです!

ライター 森永 泰恵

#ミリ #ミリ活 #大人にキレイと未知を #mmと日々 #ケアスタイリング #女性美容師





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!