見出し画像

#024_音楽家として生きるってどういうことでしょうか?

フリーランスでデザインをやったり広告音楽を作ったりして生活しています。 ずっと音楽だけをやって生きていきたいと思っていました。 もちろん20代後半の今もそう思っていて、徐々にですが、そこそこ音楽の仕事をいただけるようになりました。

もらえるのは広告関連のサウンド、BGM制作の仕事。本来、こういう仕事をして生きていくことを望んでいたはずなのに、最近漠然と不安や不満のような気持ちをもっていることに気づきました。自分は音楽家じゃなくて広告音楽クリエイターになりたかったのか?という不安です。具体的に言うと、音楽を作ってお金を稼ぐことをしたいわけではなく、作品で認知されたいということです。

広告音楽の仕事をしても名が広まるわけでもなく、でも自分の音楽がお金になるのは嬉しい。ただ、表現として自分の作品をつくったり、演奏したりするほうにリソースを割かないといけないような気がしています。両方うまくいけばいいですけど、今のところ仕事の方面だけうまくいっています。

同じように、作品も残して仕事としても音楽をつくっている宮内さんは、このバランスで悩むことはないですか?

「音楽家」はただの言葉ということでいいんじゃないかな。

どうも、おじさんです。音楽家として生きるってなんだろうねえ。音楽家の定義なんてハッキリしたものはないので、正直よくわからないかなあ。僕は今でこそ便宜上、音楽家や作曲家とか名乗っているけど、最初は恥ずかしかったし。20代の頃とか、同級生と合うたびに自分の職業を言うのが嫌でね。全然食べられていなかったし。ずっとフリーターって言ってた。

そういう意味では、僕の場合は広告だったり、誰かのために音楽を作ることで自分を音楽家だと言わせてもらえたような気がしているような。でも一方で自分で好きな音楽だけ家で作って、誰にも聴かせなくたって、それも音楽家だとも思っているし。実際、ただの言葉かなあ。あんまり考えなくていいんじゃないかな。笑

自分が音楽家(芸術家とかアーティストとかもそう)なのか、そうでないかは自分で決めてもあんまり意味がないというか、基本的には他人が決めればいいことだと思っている。

作品で認知されたいって気持ち、僕もあったからすごくわかるけど、年取って振り返ってみると、認知されることって他人の行動に左右されてしまう部分が大きいなあと思っていて。なんかだんだんと不毛に感じるようになってきた。

せっかく自分がいいもの作れたと思っても、それが認知されるされないで成功失敗を感じてしまうのは、正直つまらないなあと。であれば、違う基準を自分の中に作ったほうが楽しいなと考えるようになったかな。

人間だから「欲」みたいなものはあるけれど、他人に左右されない欲の方が気持ちは楽だなあと思ってて。シンプルだけど、今より良いものを作ることとか、新しいことに挑戦していくこととか。成功失敗が自分の尺度で決められるようになるだけで、モヤモヤが減るのではと思っている。

そういう中でより良い表現ができるようになって、そのあとに認知が付いてくる、みたいな流れが作れると一番いいのかなあ。そういうサイクルならおじいちゃんになっても続けていけると思うし。本当の意味での認知って、そういうものなのかなと思うようになった。

そういう意味では「バランス」みたいなことはあんまり考えなくなったかもしれない。自分の音楽も、依頼を受けての音楽も、やりたくなったことにどんどん手を出しながら、興味がうすれたものは止めたり、フェードアウトしていったり、でもまたやりたくなったら、またすぐに始めたり。その時々でバランスは違うけど、自分の心が穏やかであれば、バランスは偏っていてもいいかなあと思っているかもしれない。

気をつけてるのは、なんでも深く考えずにとりあえずやってみたいので、お金がかかったり、取り返すのが大変なことはしないようにしてるくらい。家で一人で音楽作ってる分には、ほとんどないけど。

僕の場合、選択肢が減ることでスッキリするところはあって。あれもやりたいな、これもやりたいなと思ってても、いざやってみると「あれ、全然つまんないじゃん。。」みたいなこともたくさんあって。

そういう経験をすると「あれ、今やってることも意外と楽しいかもしんない。。」なんて思えたりもすることもあったりするし。楽器とか道具とかもそうかも。無理ない範囲でどんどん試してみるようにしているよ。とにかくあれこれ手を出してみないと、本当にやりたいかそうでないかも、僕はわからないみたい。

行き当りばったりなので、時間だったりお金だったり、多少の損はしてるのかもしれないけど、むしろモヤモヤした選択肢が減ることの方が、僕は得だったりするかな。

僕はその時々で、考えも変わっちゃったりするので(180度変わったりすることもある。笑)、あんまり自分を信用してない。でもそのかわりその時々の自分の気持ちをできるだけ素直に受け止めようと、今は思っているかなあ。

参考になったかなあ。あんまりならないかな。笑 とりあえず、僕のことを書いてみました。しばらくはこんな感じで行けたらと思っているよ。

ほんと、目標を定めて計画性を持って物事に取り組める人は、すごいなあと思うぞ。

※おじさんに相談してみようかなと思った方はこちらから。
https://www.miyauchiyuri.com/ojisan
いえ〜い!
6
作曲や演奏を仕事にしています。 ここではJust a Good OJISAN!と題して「ちょうどいいおじさん」を目標に、音楽を中心にいろいろと相談に答えています。 相談の投稿はこちらから。 https://www.miyauchiyuri.com/ojisan