見出し画像

「臨鉄ガーデン」と「水島家守舎NAdia」

年5回、3月、5月、7月、9月、11月と年5回開催している「臨鉄ガーデン」は、写真にある倉敷市水島にある水島臨海鉄道栄駅高架下で実施しています。このエリアは、水島コンビナートに通う人たちのための商店街が整備され、全盛期には人が溢れ、すごく稼いでいたエリアですが、いまは長~いシャッター街となってしまって、昼間でも人通りが少ない状況となってしまっています。臨鉄ガーデンは、金曜日の夕方16時~20時に美味しい食と音楽で、夜に開催するマーケットで、社会実験と考えていろんな仕掛けや挑戦を積み重ねながら開催してきました。人の流れ、お金の流れ、周辺の景色の変化を見ながら、何がこのエリアにフィットするのか、今後どのように進めればいいのか、毎回悩みながら行っています。

さて、今後の「臨鉄ガーデン」について、そして企画実施している「水島家守舎NAdia」の活動について、ちょっとここらへんで、過去を整理して記録しておこうかと思い、noteを活用してみることにしました。NAdiaに新たなメンバーも加わったこともあり、ここから活動をドライブさせたいという気持ちもあり、私なりの整理をしたいと思います。

月に2回のペースで書くのが目標!! よかったらお付き合いください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!今後ともよろしくお願いします。
9
地方自治体公務員ですが、倉敷市水島で臨鉄ガーデンの企画運営、また都市経営プロフェッショナルスクールのチューターなどしています。現在の税金投入事業やイベントの事業スキームについて危機感をもっています。私なりの取り組みをここで整理して、今後に繋げたいと思います。

こちらでもピックアップされています

臨鉄ガーデンと水島家守舎NAdia
臨鉄ガーデンと水島家守舎NAdia
  • 4本

水島臨海鉄道栄駅高架下でやっている「臨鉄ガーデン」と企画実施している「水島家守舎NAdia」について、今までの取り組みとこれからの期待について書いていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。