見出し画像

白神山地

森の案内人




画像1


秋田県、白神山地( しらかみさんち )です。




画像2


枝先まで真っ白な、岳樺( だけかんば )が生えていました。




画像3








白神山地の只中にある、二ツ森( ふたつもり )という山に登ってきました。


白神山地は、原生的な森が圧倒的なまでに雄大なスケールで広がる、日本で最大規模の原生林です。

とくに橅( ぶな )の原生林としては、東アジア最大の広さといわれています。








画像4





画像5


山いっぱいに生えている橅( ぶな )たちは、もうすっかり葉を落としていました。





画像6





画像7


1時間ほど歩いて、二ツ森が見えました。

とくに秋田県や高知県では、〜〜森と名づけられている山が多いです。

橅( ぶな )の枝々の間から、名前のとおり、二つの森が見えました。









画像8


山頂は、笹の原っぱになっていました。





画像9


そんな中、




画像10


赤実の犬黄楊( あかみのいぬつげ )が、赤い実を実らせていました。




画像11


いよいよ長い冬がはじまった白神山地の中で、まぶしい赤い実でした。








二ツ森からは、はてしなく雄大な白神山地が見渡せました。















画像12


橅( ぶな )や岳樺( だけかんば )をはじめとした木々が、葉を落としているのがよく分かりました。

上の写真の、一番向こうに横たわっているのが、白神岳( しらかみだけ )や向白神岳( むかいしらかみだけ )です。

ひろがる森は、ほとんどが世界遺産に指定されている原生的な森です。





画像13





画像14





画像15


青森県の岩木山( いわきさん )も、向こうに見えました。




白神山地には、これからたくさんの雪が降り積もりはじめて、いよいよ白銀の世界へと移り変わろうとしていました。





画像16



この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
キャラ立ちした木々、無数の森林や名所・・・、 森目線になると、日本はほんとうに、すばらしいことになっています。 全体マップはコチラです。↓ https://www.niwatomori.com/forest_forest_map/

forest forest

¥360 / 月 初月無料

今までのアーカイブはコチラ→ https://www.niwatomori.com/forest_forest_map/ 森の案内人・三浦…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!