見出し画像

フランスでの出産どんな感じ?

少子化が進み続ける日本とは違って、フランスの出生率はまあまあ高めです。大体 平均2人ぐらい。私の周りを見ても、2人、3人いる家族がとても多いです!私自身、2人の娘をフランスで出産しています。
今回は、そんな私のフランスでの出産について、少し書きたいと思います。

最初の出産は、かれこれ10年前。
その時は、パリに住んでいたので、パリの病院で初の出産をしたわけです。
かなりのストレスでした~💦
渡仏して約2年。パリで出会った主人と結婚が決まってすぐに妊娠が発覚⁉
それまで、病院に行く機会があまりなかったので、産婦人科には、主人についてきてもらいました。フランスでは、妊娠時に夫婦で産婦人科にいくのは普通らしく、言葉の問題もクリア!
ただ、日本と違って、検診が月に一回のみ。エコーは妊娠中4回。臨月だっていうのに、検診が月に一回で、不安でイライラ。妊娠中期になって、子宮口が少し開いてしまっても、自宅安静のみ。
最初の出産が外国というのは、私にとってはハードルが高かったように思いました…ストレスもあってか、妊娠後期には、妊娠糖尿病になってしまい、食事の前後に血を取って、血糖コントロール。臨月には、持病のアトピーが全身に広がって、これまたストレス…

とまぁ、なかなかの苦労を経て初の出産!
無事に元気な女の子を産めたのです!
が、しかし、ここからも苦悩の入院生活5日間。
フランスの病院では、出産後から赤ちゃんはママが世話することになっています。ということで、出産で疲れ果てた後、夜も寝れない日々がスタート。パパの面会は、20時までなので、そこから本当の子育てとの闘いです!
看護婦さんにミルクをお願いしても、“忙しい!”と逆ギレされ、夕食が来てないと言っても、なかなか対応してくれなかったり。
今思えば、なんて病院だ!って感じです…

子供を産むのは大変だぁ~と思うよりも、フランスで生きていくのは、大変なんだと実感した入院生活。

唯一、フランスで産んでよかった~と思ったことは、出産時の麻酔に保険がきくこと。出産費用はほぼ無料だということです。
麻酔は、お願いしなくても普通のこと。分娩台にのったら、腰になが~い針と管を刺して麻酔を注入。しばらくすると、全く痛みを感じません!
でも陣痛は感じるので、その時は、ボタンを押して合図。別室にいる助産婦さんに連絡がいくようになっています。そろそろかな…という頃に出産開始。この時も痛くないので、余裕の出産でした!

ブライダルヘアメイクのお仕事をしていると、お客様に産婦人科の先生がいたりします。出産時の麻酔は、日本はまだそれほど進んでいないんだとか。
痛みに弱いフランス人には、麻酔は必須なんでしょう!
痛みに弱い私は、この出産の時ばかりは、フランスでよかったな~なんて思います。新生児に少し不調が出ることはあるかもしれませんが、ぐずる程度なんだそう。うちの子が毎晩、夜中ギャン泣きしていたのも、おそらく麻酔のせいなんて言われました。麻酔で奇形児が生まれることは、まずないらしいので、日本で出産予定の方も考えてもいいかもしれませんね。

さて、フランスでの出産後はどうなのかというと、これまた日本とは違います!
退院後お家に帰ってから、赤ちゃんは一人部屋に寝かされ、ママは夜中行ったり来たり。新生児でも個人とみなし、プライベートを尊重するのだとか。赤ちゃんが一人の時間を大事にするとも思えないけど、そうらしいのです。そして、夜泣きしても、授乳の他はほっとくらしいのです。泣き疲れたら寝るだろうから…と。
これらのことは、フランス人の主人ともめる元になりました…喧嘩の原因ナンバーワンと言ってもいいくらい⁈
泣いてるのに、ほっとくなんて⁉重大な原因があったらどうするんだ!
しかも、フランス人家族からは、日本のやり方は間違ってる!なんて非難も受けたり。
カルチャーショックというか、文化の違いを子育てでも実感。
まぁ結局、母親は私!ということをつき通して、1歳になるくらいまでは、添い寝したのです。

出産も含めて、海外生活は苦労します…
アジアとヨーロッパでは文化が全く違うし、考え方も違います。
フランス人の主人は、昔日本に住んでいたこともあり、まだ理解があるので、やっていけています…💦
大事なのは、やっぱり住む国に順応していくことなんでしょうね!
フランス文化に馴染んで、ストレスのない日々を送りたいと願う毎日です~

※フランスコスメやメイクアップのコツをブログにて紹介しています!
 Makeup Beauty Blog

※フランスでのお仕事サイトはこちら。
 Miu Makeup Artist in Paris

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Merci🙌ありがとうございます💗
7
渡仏して14年。パリを中心にヨーロッパでヘアメイクのお仕事をしています。海外に身を置く日本人アーティストとして、個性を大切にした美を日々研究中!同時に2児の母。仏での生活についても書いていきます。miumakeup.com