見出し画像

カットワークをやってみよう

こんにちは。
三葉商事のヤマシタです。
毎日、雨ばかり…と思っていたらまだ5月だというのにもう梅雨入りしたみたいですね。
近畿地方では1951年の統計開始以来最も早い梅雨入りだとか。昨年より25日も早いそうです!
雨の日が続きますが、ジメジメを吹き飛ばして、今回はカットワークをやってみようと思います。
布地に刺繍をして、内側や外側を切り抜く手法の事をカットワークと言います。
なぜか蒸し暑いのに裏起毛の生地を使ってしまいましたが…気にしないで下さい。

まず刺繍をします。

布の上にオーガンジーを置いて刺繍したものや、刺繍のみのもの。刺繍のステッチの仕方の違うもの。色々やってみます。

刺繍が出来たら…
カットしていきます!

カットワークに使うハサミはこちら。

先は丸いのに細かい所もよく切れるそうです。

まず、プロの技からご紹介します。
本当は動画で見ていただきたい!
スルスルとハサミが動いてカットされていきます。

気持ちいいくらいにスムーズに、そして綺麗に仕上がっています。

お見せするのはプロの技だけでいいのですが、やってみようブログなので、私も挑戦してみようと思います。私はいつもは刺繍を担当しているので、カットワークは初めてです。プロに教わりながら挑戦します。

まず、くり抜くだけのものからやってみます。

こちらはタタミ縫い。細かく針を落として畳のように埋めているものです。

左の写真のように穴を開け、刺繍糸を切らないように慎重にくり抜いていきます。

刺繍のステッチの違うものもくり抜いてみます。
こちらはサテン縫い。一本の糸が綺麗に並んでいます。

こちらのステッチの方が、1本でも刺繍の糸を切ってしまったらほつれてきてしまいました。難易度が高いです。

次に、オーガンジーを重ねて刺繍したものをやってみます。
裏面から表のオーガンジーを切ってしまわないように注意して、刺繍の真ん中に穴を開け、こちらも刺繍の糸を切らないようにギリギリを切っていきます。


では、次に表のオーガンジーもカットしていきます。

キレイにカット出来ました!

刺繍を切ってしまうとほつれてしまうし、生地が多く残ると美しくないので、ほつれないギリギリのラインで切るのはとても難しいです。

こういう手法を取り入れた商品を作りたい方、一度ご相談ください。
三葉商事には手作業のプロ達がいますのでご安心を。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3