みたに英弘 自民党 衆議院議員 神奈川8区

文科大臣政務官、内閣府大臣政務官(東京オリパラ担当)、復興大臣政務官/藤沢出身、海上自衛官の長男。栄光学園→東大法→エンタメ・IT系弁護士→ワシントン大院→みんなの党→3年の浪人生活を経て2期目/大谷刑部吉継、陸奥宗光、菅義偉/神奈川8区/https://mitani-h.net

みたに英弘 自民党 衆議院議員 神奈川8区

文科大臣政務官、内閣府大臣政務官(東京オリパラ担当)、復興大臣政務官/藤沢出身、海上自衛官の長男。栄光学園→東大法→エンタメ・IT系弁護士→ワシントン大院→みんなの党→3年の浪人生活を経て2期目/大谷刑部吉継、陸奥宗光、菅義偉/神奈川8区/https://mitani-h.net

    最近の記事

    国会での主な役職 (2022年12月最新版)

    早いもので、もう12月。今年も終わろうとしています。 当然のことながら、国会議員として仕事をするためには、まず何が何でも選挙に受からなければ始まりませんが、選挙のために議席を頂いているわけではありません。 政策の実現を目指して、無我夢中で今日まで走り続けてきた結果、さまざまな先生方から声を掛けて頂き、本当に多くの仕事をさせて頂けるようになりました。 ご参考までに、ここで一度まとめてみたいと思います。まだまだですが、これからも引き続き頑張ります! ※ 写真は、始まる前の

      • 横浜マラソン2022を振り返って

        2022年10月30日、横浜に相応しく真っ青の晴天の下開催された「横浜マラソン2022」に出場させて頂きました。 タイムは4時間24分52秒、ささやかながら自己ベスト、初のSUB4.5の達成でした。 43歳になって初めてマラソンに挑戦してから自身4度目のフルマラソン、横浜マラソンとしては新型コロナの感染拡大前の2019年以来2度目の参加です。 今大会は、沿道での子供たちの踊りなどのパフォーマンスも少なく、また蓋のついたコップで水も渡されるなど、随所になお新型コロナウイルス

        • +29

          東京マラソン2021を振り返って

          • 国会での役職 2022春ver.

            明けましておめでとうございます。昨年は本当に多くの方々の力を頂き、3期目の当選を果たすことができました。改めて御礼申し上げます。 さて、選挙に受からなければ始まりませんが、もちろんのこと、それ自体が目的ではありません。国会でしっかりと仕事をさせて頂くことで、皆さまに御恩返しをして参ります。 そこで、今年の役職の主なものを、以下の通りご紹介させて頂きます。これらに加えて、共同養育推進議連の事務局長やスポーツ立国推進塾の幹事など、議連関係で新たに増えたお仕事もあります。 まぁ

            お陰様で国会に戻ることができました。お力を頂きました皆様には心から御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。 とはいえ負けは負け。私の至らないばかりに皆様にご迷惑をお掛けした点も含め、しっかりと反省をして、次なる闘いに備えたいと思います。 今後とも宜しくお願いします。

            分厚かった野党共闘の壁。〜 でも変化の胎動は確実に!

            先日行われた第49回衆議院議員選挙(いわゆる総選挙)。残念ながら小選挙区での勝利はならなかったものの、惜敗率90.1%により南関東ブロックにて比例復活での当選をさせて頂きました。改めて皆様には心からの感謝を申し上げます。 ※ 選挙結果はこちら。 さて、今回皆さまから頂いた票数は117,963票。前回の選挙の際の74,119票に比べると、実に約1.6倍、43,844票も多く頂くことができました。この数は、小選挙区制度が始まって以来、神奈川8区の与党候補としては最多得票となり

            今日は文科省において東京オリパラ大会の大臣顕彰・表彰式が行われ、オリパラ担当政務官として出席させて頂きました。 これで一連のオリパラ関係の公務もほぼお終い。政務官としての卒業の日もいよいよ近づいてきました。。 ↓ 動画もご覧下さい! https://www.fnn.jp/articles/-/242138

            今回の総裁選では河野太郎さんを応援します。

            先日、自民党の総裁選が告示を迎えました。自分自身、検討を重ねた結果、今回の総裁選では河野太郎さんを応援させて頂くことと致しました。 少し長くなりますが、以下その理由を述べさせて頂きます。 まずは、現下のコロナ対応。 多くの方がコロナで苦しみ、国民の生命や暮らしが危機に瀕している今は、現実的に切れ目なく政府としての対策を進めていかなければなりません。スタートがこれだけ遅れながらも様々な困難を乗り越え、日本国内におけるワクチン接種をアメリカを超える接種率まで進めてきた実績を、私

            パラリンピックの価値。

            先日は陸上競技女子400メートルのメダリストの皆様にブーケのプレゼンターを務める、貴重な機会を頂きました。また、本日はパラリンピック大会担当の政務官として、先程まで東京パラリンピックの男子車いすバスケの決勝「日本対アメリカ」の試合会場にいる機会を頂きました。試合も終わって、今は帰路にあります。 この後閉会式に出席する予定はありませんので、僕の中でのパラリンピックは一足先にこれでおしまいです。とにかく最後までやり遂げられたという安堵の思いとともに、今胸の中を様々な想いが去来し

            【追記あり】私がおこのぎ八郎さんを応援する、本当の理由。

            【追記】今回の選挙、様々な候補者が公約として様々なことを掲げました。中でも ● 少子高齢化対策のために、 ①敬老パス自己負担ゼロ(75歳以上) ②子どもの医療費ゼロ(0歳から中学生) ③出産費用ゼロ(基礎的費用) を掲げる候補がいます。 ● 『全員喫食』を前提に「親子方式」と「自校方式」を組み合わせた温かい給食を提供すること を約束する候補がいます。この候補は同じ方です。 これらの政策はとても魅力的です。できるに越したことはありません。 でも、ただでさえ今後の税収は極

            まとめてみました。ワクチン最新情報(横浜市)!

            現在、横浜市では高齢者向けワクチン接種が本格化しています。それに伴い、日々新しいニュースが生まれているため、現時点(5月30日)での情報を整理させて頂きました。以下ご参照下さい。 ● ワクチンが接種できる場所は、 ① 集団接種会場 ※ファイザー社製ワクチン ② 個別接種会場(各地域の病院や診療所) ※ファイザー社製ワクチン ③ 横浜市運営の大規模接種会場(みなとみらいのハンマーヘッド) ※モデルナ社製ワクチン ④ 自衛隊による大規模接種会場(大手町合同庁舎3号館) ※モデル

            「テレビ放送の同時配信」を容易にする著作権法改正を実現!

            先日、放送番組をインターネットで同時配信する際などに必要な権利処理の手続きを簡略化することなどを盛り込んだ著作権法の改正案が閣議決定されました。 この改正にあたっては、政務官に就任する前より自民党内での議論に携わらせて頂き、また政務官就任後も、開催されている文化審議会著作権分科会基本政策小委員会にも出席させて頂いて参りました。 さて、この改正のポイントですが、(1)視聴者からの提供映像などを利用する場合、放送と配信で別々に許諾が必要とされ、手続きが間に合わずにテレビでは流

            東日本大震災から10年。

            復興大臣政務官として被災地から復興を誓う。今年の3月11日で、あの東日本大震災の発災の日からちょうど丸10年が経過しました。改めて、震災で犠牲となった方のご冥福をお祈り申し上げると共に、被災者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。 今年の震災の日は、復興大臣政務官として、宮城県名取市で行われた追悼式典に参列させて頂きました。 震災の発生以来、私は何度となく被災地に伺わせて頂いています。 発災直後には、避難所を回って救援物資を持参させて頂いたり、仲間の弁護士と共に避難者か

            インターネット上の誹謗中傷対策

            プロレスラー木村花さんの自殺をきっかけに大きな声が上がった誹謗中傷対策。 ネット中傷の発信者特定を簡略化、法改正案を閣議決定…政府が国会に提出 私も、三原じゅん子座長の下立ち上げられた自民党のデジタル社会推進特別委員会 インターネット上の誹謗中傷・人権侵害等の対策PTの副幹事長としてこの問題に取組むチームに入れて頂きました。集中的に開催された会合の中で、私からは、弁護士時代にIT法の専門家としてネットでの名誉毀損事案を多数取り扱ってきた経験を踏まえ、被害者救済には簡易な発

            飲食店の皆さまに向けたアンケート結果について

            今回のコロナ禍に直面されている地元の飲食店の皆さまに、往復はがきにてアンケートお願い致しました。 現時点までで回答頂いた内容を、できるだけそのままこちらに掲載させて頂きます。 ※ 特定できないよう匿名化させて頂いた上で公開させて頂いています。 まず、協力金については、やはり店舗の規模によって支給金額を変えるべきだという意見が大半でした。他方、雇用調整助成金・休業補償金については、手続きが難しい、という意見が出ましたが、それ以上に多くの意見を頂くこともなかったことが印象的

            コロナ禍の脅威から、子どもたちを守り抜く。 ~緊急事態宣言の再発出にあたって

             本日、菅内閣において緊急事態宣言を再度発出させて頂きました。  新たな一年が始まったばかりのこのタイミングではありますが、医療崩壊の危機から脱し、安心・安全な生活を取り戻すためにも、政府が総力を挙げて現在のコロナ禍を乗り越えて参ります。  私も、萩生田大臣の下、文部科学行政を所管させて頂いている立場から、子どもたちをコロナ禍から守り抜くため、全力を尽くして参ります。 大学受験を控える皆様へ まず、大学受験を控える学生の皆さまにとっては先行きが見えず、不安な毎日をお過ごしの