津田慎一

History & Science ライター 工学博士(宇宙工学) 歴史や科学のミステリは?謎を科学的視点からあらたにとらえて…。 執筆作品「薬師如来像が語る飛鳥女帝王朝」(文芸社 )「白鳳仏ミステリー」「武蔵戦国記」 第22回歴史浪漫文学賞最終候補作品「天平の栄華ー光と陰ー」

津田慎一

History & Science ライター 工学博士(宇宙工学) 歴史や科学のミステリは?謎を科学的視点からあらたにとらえて…。 執筆作品「薬師如来像が語る飛鳥女帝王朝」(文芸社 )「白鳳仏ミステリー」「武蔵戦国記」 第22回歴史浪漫文学賞最終候補作品「天平の栄華ー光と陰ー」

    最近の記事

    邪馬台国と卑弥呼…魏志倭人伝は実に正確だった   10.日本と言う国の成り立ち(歴史認識を糺して)

     新年最初の投稿になりました。これまでの投稿のピースを組み合わせて行くと、ジグゾーパズルが解けて来ました。  日本と言う国が一体、何時、どのようにして成立したかが見えて来ました。  縄文時代➡弥生時代➡(倭国大乱)➡(邪馬台国)➡(空白の世紀)   ➡古墳時代➡飛鳥時代・大和朝廷➡(律令制度) これが凡その時間の流れになっています。もちろん、この間に権力闘争が幾度か起きました。歴史的に取り上げられるのは、  国譲り(出雲)巨大神殿の造営  上之宮一家滅亡(聖徳太子、山背皇子な

      • 邪馬台国と卑弥呼…魏志倭人伝は実に正確だった  9.なぜ弥生人は高台に逃げた?『高地性集落』の謎を解く!

         【高地性集落】とは 弥生時代中・後期に築かれた平地と数十メートル以上の標高差があり、平野や海など周囲を眺望できる山頂や丘陵の尾根上などに形成された集落。  実は、なぜ高地に造ったかなど『高地性集落』についてはよく分かっていないのが実情である。  弥生時代は歴史的に見ても日本古代史における大いなる変化の時代でもあった。『邪馬台国』が描いた西日本の姿は、3世紀の中頃。  日本列島には、縄文時代から稲作を行う『倭人』と呼ばれる人々が中国から温暖で多雨な南日本に渡来して各地に集落を

        • 絶世の美女・万葉歌人『額田王』は、ペルシャ系美人… 美女3人たちの薄幸そして高畑の地に祀られた

           額田王の頃、母とも姉とも言われている『鏡王女』がいます。この『鏡王女』は、天智天皇の妻とも中臣鎌足とも伝えられていますが、はっきりしたことは分かりません。  この話は『額田王』とも似ています!  御承知のように、『額田王』も、天智天皇の妻とも天武天皇の妻とも言い伝えられていますが、はっきりはしていません。  『源氏物語』にも知られるように古代も結構奔放な男女関係があったことはよく知られています。  でも『額田王』も『鏡王女』共に、当時の朝廷で隠然たる頂点の人達を渡り歩くよう

          • 絶世の美女・万葉歌人『額田王』は、ペルシャ系美人 …切ない『三輪山』との別れ! 『三輪』『三つ鳥居』とは何か?

             額田王は、万葉集に飛鳥京から近江京に遷都した際に詠んだ詩があります。例えば、 ・額田王の近江の国に下りし時作る歌… 「三輪山を しかも隠すか 雲だにも 情けあらなも 隠さふべしや」 一行(いっこう)は、近江への移転の際に城上郡大神郷に鎮まる大物主神の社に参拝し、その後『上ッ道』を北上して奈良山にさしかかり、雲間に見え隠れしはるかに遠ざかり行く三輪山の姿を望見しつつ近江を目指した際である。 三輪山に神の霊威をいつまでも被っていたいという『宗教的心意』が働いていると考えるべき

            邪馬台国と卑弥呼…魏志倭人伝は実に正確だった  8.邪馬台国は人口15万の『耶蘇教国』だった!

             三国史記『東夷伝倭人の条』(魏志倭人伝)には、『邪馬台国』には、【七萬余戸】がある旨が記載されています。  『魏志倭人伝』については多くの研究者や歴史家が現在もまだ論争を続けていますが、ほとんどの議論は「作者・陳寿の記載に誤りがある」ことを論拠にして自論の展開が行われています。  これもよく考えてみると、  ★自説に都合の良い部分は《正しい記載》  ★自説に合わないところは《誤った記載》 としているだけです。  まずは、作者・陳寿の記述が正しいことを前提とするのが大原則であ

            大和・石上神宮…なぜ【イソノカミ】なのか?  神功皇后が帰還した海は?ノアの洪水も…

             前稿では『石上神宮』が西暦200年頃、神功皇后が新羅から凱旋した時になります。  この時、『日本書紀』から分かるように、神功皇后は海辺に帰着しました。  一体この頃の近畿地方の様子はどうだったのでしょうか?  まず、『石上神宮』のある地域が水辺(海辺)であったとすると、下図のように岸の様子がなります。(赤印が『石上神宮』です)。  では、この頃の近畿地方の海岸線はどうなっていたのでしょうか? 下図は、西暦200年頃の近畿地方と海を示したものです。 上の地図からも分かるよ

            大和・石上神宮…なぜ【イソノカミ】なのか?《日本書紀》から読み解く!

             奈良県には多くの古社があります。その中でも最も古い神社と言われるのは、『石上神宮』があります。  皆さんは、どうしてこの名前『石上神宮』が付けられたかご存じでしょうか?  また『石上』と書いているのに、何故【いそのかみ】と読むのでしょうか?  この謎解きは決して難しいものではありません。これは後程…。  もう一つ『石上神宮』には、有名な国宝『七支刀』があります。これには、金象嵌の文字が表裏に記されています。合わせて60余字の銘文が金象嵌で表わされており、その解読が明治以降続

            絶世の美女・万葉歌人『額田王』は、ペルシャ系美人 貢物として日本に…哀しく切ない伽耶の聖女!

             額田王は歴史的にも謎の多い女性です。しかし伝わるのは、『絶世の美女』だったという事実だけです。  生年も没年も不詳なのです…何故なのでしょうか?  天智天皇と天武天皇との関係も取り沙汰されています。絶世の美女だったから・・では説明できません。  実は、死後の墓についても何も分かっていません。噂のような場所もありますが、はっきりしたことは何も伝わっていません。  実は、その頃、朝鮮半島には遠くオリエント地方からやって来た二つの民がいたのです。それは、『新羅』と『伽耶』の人達で

            古代出雲はキリスト教国になっていた!『バビロンの中から逃げよ!』…東に新天地を求めて!

             …バビロンの中から出て逃げよ。各々自分の魂を逃れさせよ… イエスは使徒たちに向かって、「再創造のさい、人の子が自分の栄光の座に座るときには,わたしに従ってきたあなた方自身も十二の座に座り,イスラエルの十二の部族を裁くでしょう」と言われました。  これはキリストを信じる者、主の聖徒とされた者への呼び掛けです。繁栄 と文明の悪魔的本質に騙されるな。バビロンの罪は、天に届きそうな高みま で積み上がった…  この遺跡は、天に届こうとして罪に問われた塔なのです。山に見せかけた高い神

            古代出雲はキリスト教国になっていた! …青谷上寺地遺跡の謎ー弥生人の反撃!

             出雲がキリスト教国にどのようにしてなったのか? この謎を解く鍵は、鳥取市にある『青谷上寺地遺跡』にあります。この遺跡には、驚くべき事実がありました。発掘の結果、 「2世紀後半、殺傷痕のある骨も含め、大量の人骨が溝に散乱していた」 事が明らかになったのです。  2世紀後半と言えば弥生時代ですが、戦ったとは言え、弥生人がなぜこのように殺傷された人骨を放置し、その遺骨が散乱していたのか。  この謎を解く上で興味ある事実は、  ★遺伝子情報を解析可能な32体のうち、31体が渡来系

            邪馬台国と卑弥呼…魏志倭人伝は実に正確だった   7.卑弥呼・天の岩戸事件は春分『天照大御神』誕生の日だった!

             前稿5.6.では、卑弥呼の住む淡路島で西暦247年3月24日に『皆既日食』が5分近く続いたこと、皆既日食の真っ暗闇をご紹介した。  この日、3月24日は『世界の新年』(元旦)である【春分】である。  日本でも新年度は、学校も国家の予算も含めて春分直後の4月1日になりっている通りです。  古代では、農業が主体ですから冬が終わり、種蒔きの季節は、春分が目安となります。春分には太陽が真東から昇り、真西に沈み天体観測でも容易に知ることが出来ました。  よく知られた英国のストーンヘン

            再生

            天の岩戸に起きた…皆既日食とは(日テレ)

            邪馬台国と卑弥呼 魏志倭人伝は実に正確だった…6.『天の岩戸』と皆既日食 (皆既日食の暗闇)

            ★柳生一族の陰謀★柳生(陰)はどうして生まれたか?…6世紀の【大柳生】から【柳生】が生まれた

             一体、柳生はどのようにして生まれたのでしょうか?  前稿で述べたように、『柳生』とは、【柳が生える】地域という意味でした。柳生が歴史上に大きくとらえられるようになるのは、戦国時代から大名として取り上げられる江戸時代でした。  そして時代劇には不可欠の『柳生家』として数々のドラマに登場してきました。  最初の稿で述べましたように、柳生が脚光を浴びる700年以上前に『大柳生』には、渡来系の人達が、大和高原の各地に渡来した訳です。ご紹介した『水木遺跡』や、『競馬道古墳群』のように

            邪馬台国と卑弥呼…魏志倭人伝は実に正確だった   5.卑弥呼・淡路島に皆既日食が五分…暗闇の『天の岩戸』事件

            ここまで4回にわたり『魏志倭人伝』の記事が正確であったことを実証して来ました。以下に要約する。 (1)『邪馬台国』は、『耶馬(やば)台国』であり、「やまたいこく」と    は読まない。 (2)『耶馬台国』(耶馬渓に近い)『宇佐港』から『水行十日陸行一月』    の意味する『淡路島』が距離でも正確に著されている。 (3)『謎の太陽ライン』北緯34度32分線は、淡路島を起点に東に向いて描    かれた (4)『日本書紀』と『魏志倭人伝』に共通する記載【侏儒国】から逆算し    て

            日本古代史…珍説・奇説 【傑作選】       6.中国大返しは、海路楽勝の旅…あり得ない陸路強行軍

             『中国大返し』とは、戦国時代末期の天正10年6月(1582年6月~7月)、備中高松城の戦いにあった秀吉が主君信長の本能寺の変での自害を知った後、速やかに毛利氏との講和を取りまとめ、主君の仇明智光秀を討つため、中国路を京に向けて全軍を取って返した約10日間にわたる軍団大移動のことを言う。備中高松から京・山崎まで約230kmを踏破した、日本戦史上上屈指の大強行軍として知られている。  この『中国大返し』について歴史研究家や学者の間では以下のように扱われています。その頃は、折から

            古代の謎・太陽の道34度32分線…開発の基準線  どのように直線を描いたか?

            すでに『太陽の道』が、卑弥呼の里からその墓である箸墓古墳に至り、最後には、『皇祖神』として『卑弥呼⇒天照大神』を祀る伊勢斎宮に向かって伸びたことを解説した。  では一体どうやってこの直線『太陽の道』を150㎞の距離で描いたのだろうか?  これに対する答えも意外に容易に分かるのである。  点から点に直線を引こうとすれば、始点からの終点までの方向が分かると終点に線を引くことが出来る。  始点は、淡路島であるので東に向かえば、海上にすぐ出ることになる。海上であるので春分の日に太陽が