見出し画像

ギンガ、モニカの日本ツアーアルバムがブラジルでもリリース

Manabu  Ishigooka

Nanci Lissa Miyagasakoさんから頂いた情報です。

ギンガ、モニカの日本ツアーアルバムがブラジルでもリリースされて、ブラジルの新聞でも紹介されているそうです。記事冒頭で、モニカが山形での山ブラ会員たちとの交流の場面(打ち上げですね)について語っているとのこと。さっぱり読めませんので、冒頭部分をNanciさんに訳して頂きました、

画像4


^^^^^^^^
歌手のモニカ・サウマーゾ(Mônica Salmaso)は、日本の北部の山間に位置する山形というまちで、ブラジル音楽を楽しむ会のリーダーである方からいただいた言葉を大切に記憶している。彼女と、ギター奏者のギンガ、フルート、サックス奏者のテコ・カルドーゾ、クラリネット奏者のナイロール・プロヴェッタは、2019年4月に日本ツアーの最初の公演を終えたところで、夕食会に招待された。挨拶があり、プレゼントなどが贈られ、会のリーダーである、お医者さんが言いました。遠く離れた、文化の異なるふたつの国で、言葉も、歌詞の意味もわかりませんが、(歌を聴いて)不思議と幼少の頃の情景が浮かんでくるようで、感動しました。

(原文)
A cantora Mônica Salmaso guarda com carinho as palavras que ouviu de um presidente de uma associação de apreciadores de música brasileira da pequena e montanhosa cidade de Yamagata, no norte do Japão. Ela, o violonista Guinga, o flautista e saxofonista Teco Cardoso e o clarinetista Nailor Proveta haviam acabado de apresentar o primeiro dos quatro shows que fizeram pelo país em abril de 2019 e foram recebidos para um jantar. Após um discurso - e muitos presentinhos -, o líder, um médico, disse que, apesar da distância entre os países e das diferenças culturais, ele, que não falava português e tampouco compreendia as letras das canções, havia se emocionado e recordado imagens de sua infância.
^^^^^^^^^^^
とても嬉しいです。本当に主催して良かったと思います。でももう2年以上前になるのですね。これ以上ない素晴らしいステージでした。

画像1


Nanciさん情報、そして訳までありがとうございました。

ところで文中に会のリーダーで医師(私のこと、おそらく)が挨拶した、とありますが、これは根岸 吉太郎監督(東北芸術工科大学理事長)の間違いですね。私、こんないいこと言えませんし、元々挨拶してませんから。

多分髪の毛がまっ白い東洋人のオッサンが二人いて、モニカには区別が付かなかったのではないかと(笑)。
しかし山形が彼女の印象に残ったのは根岸さんのおかげです。印象的な挨拶、ありがとうございました。

画像2

写真は打ち上げにて。ギンガはお疲れで、すでにホテルに帰ったあと。幸田さんが描いたメンバー全員のねぶた絵も、梅木さんのこけしも喜んで頂けました。

画像3

GUINGA & MONICA SALMASO & TECO CARDOSO & NAILOR PROVETA (ギンガ&モニカ・サウマーゾ&テコ・カルドーゾ&ナイロール・プロヴェッタ) / JAPAN TOUR 2019


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!