見出し画像

「Spiners MeetUp」開催の経緯とvol.1の見どころ

こんにちは、G2 Studios株式会社アートチーム所属のエマール美咲です。
先日、Spineアニメーター向けイベント「Spiners MeetUp vol.1」の開催のお知らせをリリースしました。
すでにお申込みいただいた皆様、誠にありがとうございます!

まだ詳細をご覧になっていない方はこちらをご確認いただければ幸いです。

今後2回に渡り、Spiners MeetUp vol.1に関連した記事を投稿します。
今回このブログでは、こちらの開催の経緯についてと、vol.1のコンテンツについての詳細をお話します!


開催の経緯

このイベントは私から発案させていただいたのですが、企画した理由は大きく以下の2点です。

①以前から社内での勉強会を何度か行っていて、その中で蓄積した知識を社外にも発信していきたいと思ったから

②ただ「社外に発信しただけ」で終わらせるよりも、他社の知識を得て「知識の交換」にしたかったから

そしてちょうどタイミング良く、社内研修や採用を担当しているHRMチームの方から、外部のゲストを招いた勉強会なども企画していくという方針が発表され、「それなら!」と思い、「外部企業のアニメーターの方にお声がけして、共同開催という形で行いたい」ということを社内でプレゼンしたところ、桜井社長を含め賛同を得て、企画の発足にいたりました。


「継続開催」を目指す理由

Spiners MeetUp「vol.1」とつけているように、このイベントは継続開催を予定しています。継続開催にした理由は、Spineアニメーターが繋がれる場所/機会にしたいからです。Spineは、「Unite(Unityデベロッパー向けカンファレンスイベント)」や「alive(Live2Dクリエーター向けイベント)」のように、公式の大きなイベントが無く、ここだったら他のアニメーターと会えるというものがとても少ないと思います。そこで、開催につれてどんどんSpineアニメーターの繋がりの輪を広げることを1つの目標としています。

当初は会場に集まって、懇親会なども行うイベントを予定していましたが、昨今の状況もあって、オンライン開催という形を取ることになりました。
いつか事態が収束したら、そういった形も実現出来ればと思います。

共同企画について

今回、株式会社Artnerさんに企画書を送らせていただいたところ、ちょうどArtnerさんの中でも外部に向けての発信を始めていこうと思っていたところだったそうで、一緒にこのSpiners MeetUpを企画させていただけることになりました。

Artnerさんは、MAYAを使用した3DCGアニメーションと、Spineアニメーションの2つを軸に制作されている会社で、2Dアニメーションにおいても、特に立体的な表現を得意とされています。

G2 Studiosとは以前から繋がりがあったわけではなく、企画書の送付時点が完全に初のコンタクトでした。
ではなぜArtnerさんにお声がけしたかというと、以前にArtnerさんオリジナルの走る女の子のSpineアニメーションを見かけたことがきっかけでした。

画像1

とても自然で立体的な動きで、Artnerさんの技術力の高さが詰まっていると思います。初めて見た時には「これはすごい!」と感動しました。そのため、ぜひArtnerさんの知識を共有してほしいなと思い、企画書を送らせていただきました。

vol.1の見どころ

vol.1のコンテンツは、Artnerさんと一緒に考えて決定したものになっています。せっかく2社共同でやるなら、「2社での違い」に焦点を当てようということで、ワークフローの比較や、それぞれ「どういうこだわりを持ってアニメーションを作っているか?」などを中心にお話します。
あらかじめ、それぞれで質問したいことのアンケートをとっており、それを元に各社で回答していくコーナーもありますので、かなり幅広い話題を取り上げる予定です。

そして、先ほどの走っている女の子のアニメーションについても、イベント内で解説していただく予定です。
すでに資料は出来上がってますので一足先に拝見していますが、「なるほど!!」と思う点が多々あってとても興味深い内容になっていますので、参加いただく皆様もぜひ楽しみにしていてください!


まとめ

私はSpineというツールが大好きで、アニメーションを作ることが大好きです。なので、もっとこのツールについて、そして「良いアニメーション」についてを研究していきたいですし、なによりそれをゲームの中で活かして、ユーザーに喜んでもらえるものを作りたいと望んでいます。
そのために、自分の知識で誰かの役に立つものがあれば伝えていきたいと思い、また逆に他の人からももっと教わりたい、もっと情報が欲しいと思い、このイベントを企画しました。

実は、今回を機に日本のSpineアニメーターが集まれるコミュニティを作ることも企画しています。
こちらの詳細はvol.1配信中に告知させていただきます!

Spiners MeetUpというイベントが企画者も参加者もWin-Winなイベントになるように、配信当日、そして今後に向けて努めていきます。

ここまでで興味を持ってくださった方で、まだお申込みされていない方は、ぜひPeatixのイベントページよりお申込みください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
G2 Studios株式会社 アートチーム所属 デザイナー / 主にSpineを使用したキャラクターアニメーションの作成を行っています

この記事が入っているマガジン

G2×CREATIVE
G2×CREATIVE
  • 11本

新たな技術や表現手法を追及する研究開発での学びを紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。