来たれ!考えてプレーする原石たち
見出し画像

来たれ!考えてプレーする原石たち

 「みんなでつくるプロサッカークラブ岡崎」(みんつく岡崎)は8月25日、来春にスタートするU- 15チームに向けた初のセレクションを、岡崎市西阿知和町のマルヤス工業阿知波グラウンドで開きました。12月まで月に1〜2回のペースでセレクションを続け、メンバーを決めます。
 セレクションに参加した小学6年の選手たちは、CSC岡崎竹千代スクールの選手たちと一緒に練習やゲームをしました。選手の特徴や長所をつかむために、セレクションには複数回の参加をすることも可能。森山泰行テクニカルディレクターは「技術も大事だが、考えてプレーをしているのかをチェックして、選んでいきたい」と話しています。


画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スポーツや文化活動を通じて市民の暮らしを楽しく、魅力的にし、将来のリーダーの育成を図るため「みんなでつくるプロサッカークラブ岡崎」を立ち上げました。直近の目標は本会のシンボルとなる「市民プロサッカークラブ」をつくるための仲間づくり、法人化および中学生年代サッカーチームの発足です。