[美大受験生向け]デッサンを最速で上達させる方法
見出し画像

[美大受験生向け]デッサンを最速で上達させる方法

こんにちは!美大生のRINです。

このnoteでは、デッサン力を最速で上げる方法を公開しています。

デッサン力は、美大受験をするには必須のスキルですが、
「どうやったらもっと上手くなるんだろう?」
「このままダラダラ書くだけで上達するのかな?」

と悩むことが多いです。

自分の絵と合格作品の差に悩んだり、
自分のレベルがわからなくてこのままで合格できるのか不安になったり
勉強と違ってどう伸ばすかの方法が中々知られていなかったりします。

美大予備校に4年間弱(浪人も入れて)通い、3つの美大予備校を転々とした私としても、今振り返ると「こんなに大金払って、こんなに時間をかけてやらなくても、もっと効率よく上達できたのにな」と後悔することもちょびっとあったり。

浪人時代に通っていた予備校が、とてもデッサンの指導方法が上手かったため、それを徹底的にやることで、浪人生だけのデッサンコンクールで1位を取ったりできるようになりました。合格した大学も、自分で言うのはあれですが、そこそこ難関の美大です。


このnoteでは、具体的に

デッサン力を上げるために必要な考え方と、

自分の実力を知り最も最速でデッサンを上達させる方法を紹介しています。



有料にさせていただいてるのは、
自分の過去のデッサンも載せつつ記事を書いているためだし、
本気で美大受験を考えている人に読んで欲しいからです。

「デッサン」と言うと、センスがないとダメだとか、元々ある程度上手くないと言われますが、誰でも上達します。もちろん、行動に移さないと意味はありませんが、行動に移してPDCAを回しながらデッサンの勉強をすると、驚くほどあっという間に上達することができました。


しかし、正直、全くデッサンをやっていない人にはこのnoteの購入はオススメしません。ある程度やったけど伸び悩んでいる人や、感覚でデッサンをしているけどもっと実力を伸ばして欲しい人には役に立つ内容だと思います。

前置きが長くなりましたが、

デッサン力を最速で上達させる方法について書いていきます!(約1万字)

(*最初の方は無料で読むことができます。)

デッサンを最速で上達させる方法(このnoteの使い方)

まず、デッサンの上達する概略とこのnoteをどんな風に使って欲しいかを説明します。

このnoteでは主に

・デッサンが上達しない理由
・デッサンを描くときに気をつけること

を書いています。

まず、それぞれの美大受験生に自分の今のデッサンの実力があると思います。
その状態でまずは、「自分の実力がどのくらいにあるのか」を知りましょう。

志望大学の合格作品集などを見て、そこに載っている作品よりも上手くかけているラインが安心して合格できるラインですのでそこを目標にします。

そこと比べて、自分の作品がどれくらいか。

自分一人じゃ客観的に見れないという人は、画塾の先生や高校の美術の先生に聞いて見てください。


自分の現状がどのレベルかを正確に把握していないと、合格するには自分はどのくらい頑張ればいいのかが曖昧になってしまいます。

勉強でもなんでも、自分の今立っている場所を知ることはこれから目標に向かう時にとても大切になってきます。なので、自分の実力がどのくらいになるのかはしっかり把握してください。


次に、合格できるデッサンと自分のデッサンを比較します

自分に足りない部分を洗い出しましょう。

これは、以下に「デッサンを描くときに大切な16のチェックポイント」を作っているので、それを見ながら確かめてみてください。(もちろん人に聞くのも可)



そして、その書き出した自分のデッサンに足りない部分をできるようにするのです。

もちろん、ここが簡単なことではないのは十分承知しています。

自分のデッサンと上手い人の作品を比べながら、
このnoteのチェックポイントを達成できるように
それを実際に自分のデッサンで表現できるように工夫して描き
実際に描いたデッサンが前回のデッサンよりも上達したのか客観的に振り返り、
反省点をまた次のデッサンでできるようにする。


これをできるだけ高速で回します。


私が高校生の時は、ただなんとなくデッサンを毎日描いていて
講評も曖昧で次回にどこを気をつければいいかわからなかったし
中々上達しなかったのも無理もないのかなあと今更ながら思います。

しかし実際には、今までまったく絵を描いてこなかったような人でも
数ヶ月で有名美大に合格している人もいます。


デッサンが中々上達しない理由

デッサンを頑張ってやっているのに、中々上達しない...と思うことは、よくあります。

デッサンが上達しない理由は主にいくつかあります。自分が当てはまっていないか考えて見てください。

自分が上達しない理由がわかることで、行動を変えることができるようになります。

1、目標が定かではない
まず、自分はなんでデッサンをしないといけないのか?

大体の受験生は、「自分の志望大学に合格するため」です。

デッサンをひたすら描いていると、自分はなんのためにこんなことをしているんだろう?とわからなくなることもありますが、しっかり目標は見定めて行動しましょう!

2、スランプ
デッサンを長い時間やってると、誰にでもある「スランプ」。

全然上達しないことに悩んだり、
好きで絵を始めたはずなのに、楽しくなくて嫌いになったり。

このスランプは、本当に苦しいですよね...。ですがやっぱり、時間が解決してくれることが多いです。

好きなデザイナーや画家の作品を見たりするとスランプも抜けやすくなります。好きなデザイナーやイラストレーターの画集とかを見るのはとてもおすすめ。

私も、元々絵を描くことが好きで美大に行こうと思ったのに、画塾で評価ばかり下されるので一時期 絵が描けなくなった経験があります。結局スランプが抜けたのは美大に入ってからでしたが...。




3、自分の実力がわからない

自分の実力がわからないというのも、デッサンが上達しない大きな理由です。

これはやはり、大学の合格作品をたくさん見たりして自分の作品と比べて見ることが大切です◎

一枚絵だとわかりにくいかもですが、写真に撮ったりしてスマホの中で見ると客観的にデッサンを見ることができます。

あるいは、画塾に通っている人は、先生に聞いてみるのもいいですね。


この続きをみるには

この続き: 7,654文字 / 画像3枚

[美大受験生向け]デッサンを最速で上達させる方法

rin

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
rin

読んでいただきありがとうございます。いただいたサポートは、自分のスキルアップのために使わせていただきます☺️

ありがとうです!
建築とデザインを学ぶ美大生。 「旅の喫茶店」では、建築、本、日常、制作などの様々な旅の魅力や楽しみ方を提案していきます。 好きなもの|旅、カフェ、手帳、自然、アート、古民家、ホテル