今週のSaaSニュース! Vol.50(5/23週)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

今週のSaaSニュース! Vol.50(5/23週)

Masayuki Minato | 湊 雅之

※SaaSニュースレター登録ご希望は、こちら

注目!資金調達ニュース

UX解析・改善SaaS Contentsquare $500M調達@$2.8B

画像1

フランス・パリ発のContentsquareは、ウェブ・スマホ・アプリ上での顧客の行動を分析して、UX改善を支援するSaaSを提供するスタートアップ。直近4年間連続で、売上2倍を達成しており、Fortune 500企業など750社で導入されている。RakutenやWalmartなど、ECサイト改善の用途が成長を牽引している。今回のシリーズEは、$2.8Bのバリュエーションで、Softbank Vision Fund2、KKRなどから総額$500Mを調達した。

1分でわかるContentsquare(動画)

小売/ECオムニチャネル決済SaaS Pine Labs $285M調達@$3B

画像2

1998年にインドで創業したPine Labsは、小売業向けに決済端末のハードウェアから、店舗とオンライン両方の決済・請求・運転資金管理を行うSaaSを提供するスタートアップ。東南アジアを中心に、14万社のマーチャントに導入されている。創業20年超と歴史の長いスタートアップながら、過去3年は、2020年$1B、2020年$2B、今回ラウンドの$3Bとバリュエーションを毎年上げている。近年では、2019年にギフトカード大手Qwikcilverの買収やBuy Now Pay Laterの提供などで業績を伸ばしている。今回ラウンドは、Baron Capital Groupや既存投資家のTemasekなどから$285Mを1stクローズの調達をした。

2分20秒でわかるPine Labs(動画)

飲食/SMB向け決済+all-in-one SaaS SpotOn $125M調達@約$2B

画像3

SpotOnは、飲食店/SMBの小売店向けにPOSから、決済、予約管理やHP政策、マーケティングなど、いわゆる"One-stop shop"でハードウェアとSaaSを提供するスタートアップ。現在3万店舗に導入されており、60%が小売、残り40%が飲食という構成になっている。2020年2月のコロナ禍を契機に、400もの機能刷新を実施し、直近1年で売上は3倍に拡大した。創業4年ながら、米国、メキシコ、ポーランドの3ヵ国に1,250名もの従業員を擁する。本シリーズDは、Andreessen Horowitzがリードし、DST Global、Dragoneer Investment Groupなどから総額$125Mを調達した。

1分でわかるSpotOn(動画)

ダイバーシティ採用管理SaaS Canvas $20M調達

画像4

Canvas(旧 Jumpstart)は、「公正な採用プロセスで平等な世界を創る」をミッションに掲げた、ダイバーシティ採用プラットフォームを提供するスタートアップ。昨年のBlack Lives Matter運動を契機に、ダイバーシティ&インクルージョン(D&I)は、企業の重要なCSR課題に浮上した。Canvas上では、87%の候補者は人種などの人口動態情報を開示しており、企業でのダイバーシティ採用の状況や、優先的に採用すべき人材層を知ることができる。Google、Airbnb、Lyft、Pinterestなどの大手テクノロジー企業を中心に導入が進んでおり、2020年の年間売上は3倍に増加した。本ラウンドは、Sequoia CapitalとStripeの初期メンバーでエンジェル投資家のLacy Groom氏の共同リードで、$20Mを調達した。

1分50秒でわかるCanvas(動画)

EC向け不正検知SaaS Forter $300M調達@$3B: Forterは、高精度の不正検知をECに特化したSaaSを提供している。今回のシリーズFは、半年前の前回シリーズEのバリュエーション$1.3Bの2倍以上の$3Bで、Tiger Global、Bessemer Venture Partners、Sequoia Capitalなどから$300Mを調達した。

グローバルSCM最適化SaaS FarEye $100M調達: インド発のFarEyeは、国際物流から、ラストワンマイルまでのサプライチェーン全体の監視、最適化を行うSaaSを提供している。WalmartやUPS、Domino'sなどのECやデリバリー系の大手事業者150社にSaaSを提供している。今回のシリーズEは、TCVとDragoneer Investment Groupを筆頭に、$100Mを調達した。

バイオファーマ品質管理SaaS Qualio $50M調達: Qualioは、バイオファーマ企業向けに、現状紙ベース、ないしはサイロ化したデータにより、非効率を産んでいるバイオファーマの品質管理をクラウド上で行うSaaSを提供しているスタートアップ。2020年は+258%のARR成長率を達成し、ARR $10Mに到達。今年度末までに+300%の成長を目指している。本シリーズBでは、Tiger Globalなどから$50Mを調達した。

エンタープライズ向け次世代Zoom Rewatch $20M調達: Rewatchは、"Zoom疲れ"しにくいビデオ通話に加え、企業向けにビデオ通話にSystem of Recordの考え方を導入し、動画のインデックス化、文字起こし、データ保管を行うSaaSを提供している。本シリーズAは、Andreessen Horowitzリードで$20Mを調達した。

市場トレンド

  個人情報保護 vs. データ活用: 現代の企業のチャレンジ

欧州のGDPRや米・カリフォルニア州のCCPAから波及し、世界中で個人情報保護の強化の流れが強くなっている。一方で、顧客により良いサービスを提供するためのデジタル化において、データの活用が企業により求められるようになった。最近のFortune 500企業の経営者へのアンケート結果では、「社内のデータ活用ニーズと顧客からのデータプライバシーニーズの間に、コンフリクトが発生している」と回答した経営者はおよそ60%に上った。本記事は、現代の企業がこの両立をするための3つの指針を提言している。

個人情報保護とデータ活用を両立するために企業がすべきこと
1) 個人データ・データガバナンスを支援する「ツール導入」
2) 情シスや法務などの「関連部門連携」と「責任所在の明確化」
3) 法規制に則った「プライバシー保護戦略」の立案

ストラテジー

真のProduct-Led-Growth(PLG)の判別方法

Product-Led-Growth(PLG)がバズワードになり、伝統的なセールス主導のSaaS企業でもPLGを取り入れる動きが加速している。SaaS企業として、本当の意味でPLGへの投資が適切にできているかを把握する上で、「R&D費用:S&M費用(営業/マーケ)」比率が1つのベンチマークになるという、Openview Venture Partnersの記事。一部、Zoom、DocuSignと言った例外企業はあるものの、PLG企業ではR&D:S&M比率 0.87、non-PLG企業では同 0.58がベンチマークになるとのことです。R&D:S&M比率上位企業のデータは以下の通りです。PLG型の成長を目指すSaaSスタートアップの方は、投資配分を考える上で参考になるかと思います。

画像5

マネジメント

グロースフェーズの優れたCEOの6つの特徴

欧米のスタートアップでは、PEファームが投資をして、プロ経営者をCEOに招聘、ないしは現職のCEOと協業して事業成長を支援するケースがある。本記事は、PE機能も有するBattery Venturesが考える、事業を加速化させられるCEOの6つの特徴をまとめた記事。PEファームから出資を受けるかは別として、グロースフェーズを牽引できるCEOの要件として、参考になるポイントもあると思います。

グロースフェーズの優れたCEOの特徴
1) パターン認識力に優れた戦略マインドがある
2) 事業での成長をドライブしてきた実績がある
3) パフォーマンスの高いチームが作れる
4) 組織を円滑に動かす仕組みを作った経験がある
5) カルチャーのニュアンスを理解し、組織間のサイロを壊す能力がある
6) 変革志向のマインドセットを持っている

ファイナンス

SaaSスタートアップためのVCからの資金調達攻略法

多くのSaaSスタートアップへの投資・支援をしてきたEmergence Capitalによる、VCからの資金調達を成功させるためのTips集。日米の違いはあれど、VC側の見るポイントや、効果的なアプローチは共通する部分も多いと思うので、参考にしてみてはいかがでしょうか。参考になりそうなパートを一部、以下の通り要約します。

〇 Zoomでの対VCピッチ攻略法
・「起業ストーリー」でアイスブレーク
・入念に準備された「ピッチデック」を準備
・「プロダクトデモ」の実施

〇 シリーズA/BでVCが注視する指標
・直近12カ月の売上成長率(2-3倍)
・NPSスコア
・売上継続率(NRR)
・顧客側でのプロダクトROI
・ユニットエコノミクス(LTV/CAC, CAC Payback)

〇 VCが投資を断るよくある理由

・市場が小さすぎる/成長率が低い
・Why Now?が弱い
・経営陣のリファレンス結果が悪い

※その他ニュースはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Masayuki Minato | 湊 雅之
SaaS、B2B Fintechに特化したVC。ロンドン在住。BASF(化学)→BCG(戦コン)→STRIVE/Salesforce Ventures/DNX Ventures→ALL STAR SAAS FUND(現在)。米カーネギーメロン大学MBA、東工大・同大学院 工学修士