今週のSaaSニュース! Vol.70(10/10週)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

今週のSaaSニュース! Vol.70(10/10週)

Masayuki Minato | 湊 雅之

※SaaSニュースレター登録ご希望は、こちら

今週の資金調達ハイライト

コネクティッドホーム WiFi管理SaaS Plume $300M調達

画像5

Plumeは、個人/SMB向けに接続性の高いWiFiハードウェアとWiFiの利用状況を可視化・管理できるSaaSを提供するスタートアップ。コロナ禍で人々が生活をする中で、WiFiが生命線になる中で急成長。累計で3,500万世帯、Plume上で12億個ものデバイスが管理されている。世界240社のブロードバンドキャリアとも連携している。今回SoftBank Vision Fund 2がリードし、資金調達を実行。バリュエーションは$2.6B。(Plume動画)

エンジニア採用のテクニカルインタビューSaaS Karat $110M調達

画像6

世界中でエンジニアの採用ニーズが高まる一方、採用における技術力を確認するテクニカルインタビューは、採用に関わるエンジニアの負荷も大きく、エンジニアリソースのロスも大きい。Karatは、テクニカルインタビューの代行と、インタビュー結果から精度の高いエンジニアスキルの診断を行うSaaSを提供するスタートアップ。DatabricksやPalantirなど名立たるテック企業が利用している。今回シリーズCでは、$1.1Bのバリュエーションで、Tiger Globalなどから資金調達を実施した。(Karat動画)

クリエーターマネジメントSaaS GRIN $110M調達

画像7

GRINは、D2Cやレビューサイトなどの企業で、コンテンツ作成やブランド構築に重要な外部クリエーターの探索や採用、コミュニケーションやCRM的な管理を一括して行うことができるSaaSを提供するスタートアップ。クリエーターエコノミーの成長と共に、年間の売上は3倍超で成長。今回シリーズBで、 Lone Pine Capitalなどから$110Mを調達した。(GRIN動画)

API経由の組込型金融の老舗 GPS $300M調達2007年英・ロンドン創業のGPS(Global Processing Services)は、組込型金融のパイオニア的な存在。顧客はRevolut、Starling Bank、Zilchなどの有力Fintech企業を多数抱えている。今回、Advent International とViking Global Investorsの2社が出資。

企業向け出張+経費管理SaaS TripActions $275M調達TripActionsは、出張予約管理から企業全体の経費管理へのピボットに成功したSaaSスタートアップ。今回シリーズFで、Greenoaksをリード投資家に迎え、既存VCのAndreessen Horowitzなども追加出資。バリュエーションは$7.25B。

SMB向けall-in-one HR SaaS Personia $270M調達: ドイツ発のPersoniaは、欧州市場で急成長するHR SaaS。本シリーズEは、Greenoaksがリードし、既存投資家のAccelなども追加出資。バリュエーションは$6.3B。

バーチャルライブイベントSaaS Hubilo $125M調達: Hubiloは、2020年にバーチャルイベントSaaSにピボットしたスタートアップ。今回シリーズBは、前回ラウンドから7カ月で、Alkeon Capitalなどから資金調達を行った。

社内メッセージのコンプラチェックSaaS Aware $60M調達: Awareは、TeamsやSlackなどの社内メッセージを解析し、コンプラ上問題ないかチェックするSaaS。本シリーズCはGoldman Sachs Asset Managementから調達。

今週の主なIPO/M&A

Mindbodyが$500M資金調達&ジムサブスクのClasspassを買収
欧州POSユニコーン SumUpが小売向け決済+CRM Fivestarsを買収

マーケットトレンド

Accelがみる欧州発クラウド企業の隆盛

画像1

米top-tier VCの一角をなすAccel 欧州チームによる、グローバルで注目を集める欧州発クラウド企業の盛り上がりをデータで示したレポート。2015年には4社しかいなかった欧州発のクラウド系上場企業が、2021年現在は23社まで拡大し、今年の大型IPOで注目されたルーマニア発のUiPathや、ユニコーンに最速で到達したWizやHopinなど、欧州から優れたSaaSスタートアップが多数生まれています。特にSaaSの本場USと比較しても、IPOやユニコーンの数は劣る一方、全体的に成長力の高いスタートアップが多いことが理解できます。(Accel Euroscope 2021レポートの全資料はこちら

ストラテジー

SaaStr Annual 2021発 PLG関連の注目6セッション

画像2

今年のSaaStrはPLG(Product-Led-Growth)一色と言ってもいい程、PLG関連のセッションの多い年でした。このSaaStrの記事は、その中でも注目6セッションのキースライドを紹介してます。Dropbox GMによるPLG企業のグロース戦略の変遷(上図)やNotion CROによる、顧客セグメント別GTM戦略のフレームワークなど、PLGに関する多くのインサイトが得られます。

営業&マーケティング

偉大なVP of Salesは万能ではない: タイプ別得意・不得意

優れたVP of Sales(営業マネージャー)の採用は、SaaSスタートアップの最もよくある成長課題の1つ。万能なVP of Salesを求める声も多いですが、出自により得意・不得意があることを解説したSaaStrの記事。記事では"ターゲットとするACVの規模感"で、求めるVP of Sales像を決めるべきと説いています。

カスタマーサクセス

最初のカスタマーサクセス責任者の採用で聞くべき9つの質問

画像3

カスタマーサクセス(CS)の責任者は、他のビジネス系職種より相対的に早いステージで必要になり、その採用の成否で事業成長の確度が左右される程、重要なポジションです。こちらのSaaStrの記事は、その採用面談で聞くべき重要な質問をまとめています。CS経験者への質問を前提としていますが、これらを富徳と、求められる要件も理解できると思いますので、応用して活用することをオススメします。Tweetでのまとめはこちら

マネジメント

イーロン・マスクとジェフ・ベゾスに共通する3つの思考法

画像4

稀代の天才起業家・経営者である2人に共通する思考法、マインドセットを解説した面白い記事。もちろん合う合わない起業家・経営者のスタイルは多種多様ですが、既存の産業に疑問を投げかけ、大きな産業変革を起こしたい起業家の方は、ご参考にされてみてもいいかもしれません。

Elon MuskとJeff Bezosに共通する3つの思考法
1. 料理人のように考える - アイディアを考える際に、まず主要な構成要素に分解。主要な構成要素のコストダウンや改善の余地を掘り下げる。
2. 長期ビジョンの実現のために短期のゴール達成に集中する - 長期では達成不可能と思えるようなビジョンを掲げつつも、短期のゴールの達成に集中する。決して長期のビジョンを忘れない。
3. 初心者マインドに徹する - 全てのことに対して、初心者のように疑問を持つ。常に新しい知識やアイディアを探し、歓迎する。

※ その他記事はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Masayuki Minato | 湊 雅之
SaaS、B2B Fintechに特化したVC。ロンドン在住。BASF(化学)→BCG(戦コン)→STRIVE/Salesforce Ventures/DNX Ventures→ALL STAR SAAS FUND(現在)。米カーネギーメロン大学MBA、東工大・同大学院 工学修士