新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

今週のSaaSニュース! Vol.28(11/29週)

注目!資金調達ニュース

Salesforce.comがSlackを$27.7Bで買収
CRM最大手Salesforce.com社が、ビジネスチャット大手 Slack社を買収額$27.7B(=約2.9兆円)で最終合意。この買収額は、2016年のMicrosoftによるLinkedIn買収($27B)を抜いて、SaaS企業のM&Aとしては史上最大、テック企業のM&Aとして歴代5番目の規模(下図)。Salesforce.comは、2018年 MuleSoft($6.5B)、2019年 Tableau($15.7B)、2020年初めにはVlocity($1.3B)と毎年立て続けに大型買収を行っている。SaaS企業の成長において、CorpDevの重要性を象徴するような案件ですね。

画像2

ビジュアル・データラベル Scale AI $155M調達@$3.5B
Scale AIは、画像、テキスト、音声/ビデオなどのデータを機械学習により活用したい企業向けにデータラベルするソフトウェアを提供する創業4年のスタートアップ。Scale AIは、創業初期に自動運転車用途でGMやトヨタなどの自動車OEMで導入する他、NVIDIAのようなチップメーカーから、現在はAirbnb、Pinterest、DoorDashのような大手テック企業まで幅広い顧客を抱える。事業としては既に損益分岐点を超えている。ちなみに創業者兼CEO Alexandr Wang氏は、MITのドロップアウトで、まだ23歳。本ラウンドは、Tiger Globalがリード投資家。(後段でAlexandr Wang氏の採用論を紹介。)

Scale AI企業紹介動画

画像2

バーチャルイベント/CRM Bizzabo $138M調達
創業わずか18カ月で評価額$2B超に到達した(英)Hopinなど、バーチャルイベント系SaaSは、コロナで急成長を遂げた分野の1つ。Bizzaboは、創業2011年から「イベント業界のセールスフォース」を標榜する、バーチャルイベント市場を創ってきたリーダー企業。コロナ禍で2020年は売上2倍、利用率は150倍にまで急拡大している。顧客は、アクセンチュアやUber、WeWorkなどの大手テック企業が中心。本シリーズEラウンドは、Insight Partnersがリード投資家。

Bizzaboプロダクト紹介動画

画像3

開発者向けコード検索SaaS Sourcegraph $50M調達
Sourcegraphは、開発担当者が様々なシステムに分散したコードを簡単かつ高速に検索できるSaaSを提供するスタートアップ。主要な40もの開発言語に対応。今年7月にクローズしたシリーズB時点から、ARRは4倍に成長し、ARRの売上継続率(NRR)は245%と突出している。顧客は、Amazon、Uber、Paypalなど数多くの大手テック企業が導入。本シリーズCは、Googleなど"検索"に多く投資している、Sequoia Capitalがリード投資家。

Sourcegraphプロダクト動画

画像4

SCMの一気通貫管理SaaS Stord $31M調達
小売/卸企業が、コロナで事業オペレーションに変化があった領域の1つが、受注、供給から物流に至るまでのサプライチェーンです。通常サプライチェーンは、3PL、倉庫など多種多様なベンダーのシステム、自社のERPとの統合が必要なため、データ/システム統合に複雑かつ半年など非常に時間がかかります。Stordは、受発注、物流などのSCMデータをend-to-endで収集、数週間でのシステム統合を可能にするSaaSを提供するスタートアップです。直近1年でソフトウェア売上は9倍、総物流取扱額は150倍超に急成長中。本ラウンドは、Founders Fundがリード投資家。

STORDプロダクト紹介動画

画像5

カスタマーサポートCRM KustomerをFacebookが$1Bで買収:近年Facebookは、B2B向けにメッセージアプリ上でのコマース機能の拡張などを強化しており、オムニチャネルのカスタマーサポートに強いKustomer買収により、巨大なカスタマーサポートCRM市場への進出が狙い。Kustomerは前回ラウンド評価額 $710Mと推定されており、アップラウンドでの売却。

カスタマーサクセスSaaS GainsightをVistaが$1.1Bで買収:Gainsightは、カリスマCEO Nick Mehta氏率いるカスタマーサクセス向けSaaSの雄。年末までにARR $100M到達見込み。売却先のVista Equity Partnersは、PingやJAMFのIPOを成功させたことで有名なPEファンドであり、IPOを目指す見込み。

デジタル病理検査SaaS Proscia $23M調達:病理検査のプロセスは、組織の切片をガラス版に載せて、病理医が顕微鏡で経験に基づいて癌などを判断する。このプロセスは150年以上変わっていない。Prosciaは、このプロセスをデジタル化する病理医向けのSaaS。本シリーズBは、Scale Venture Partnersがリード投資家。

決済統合インフラSaaS Primer £14M調達:Fintechによる決済手段やID認証、不正検知SaaSなどは年々増加しています。Primerは、これらのデジタル決済にまつわるソフトウェアを、マーチャントが一括統合・管理するためのSaaS。元Paypalのチームが創業。本シリーズAはAccelがリード。

イベントチケット販売管理API Vivenu $15M調達:Vivenuは、従来の柔軟性の低いチケット販売管理SaaSとは異なり、イベントの主催者が同社のAPIを介して、チケットの価格やプランをダイナミックに変更や、販売チャネル別顧客データに基づくインサイト獲得を柔軟にカスタマイズできるSaaS。本ラウンドは、Balderton Capitalがリード投資家。

エンジニアコミュニティ管理SaaS Orbit $4M調達:オープンソースソフトウェア開発は世界的に活発化しています。Orbitはオープンソース開発の重要な肝であるエンジニアコミュニティの管理/活性化を支援するSaaSを提供。本シードラウンドは、オープンソース型SaaS多く投資をするAndreessen Horowitzがリード投資家。

マーケットトレンド

クラウド進化の系譜:2021年はクラウド・オンリーの時代へ

今回のコロナが、クラウド進化の変曲点になったことは、米国のみならず、日本でも多く語られるようになりました。本稿は、1980年代のオンプレの時代から、2006年のAWS出現から現在に至るまでクラウドの進化、そして、2021年以降の「クラウド・オンリー時代」がいかなるものか?、を米VC Greylockが解説した記事です。ノーコード型プロダクティビティ・ツールや、オープンソース型データベース、エッジ処理、APIエコノミーなど、Battery VenturesやBessemer Venture Partnersの予測とも重なる部分も多く、クラウドの先端を行く、米国での変化を理解するのには良記事です。

画像6

企業のテクノロジーへの支出は、コロナでどう変わったか?今後どう変わるのか?

「2021年の企業のテクノロジーへの支出は増えるのか?減るのか?」。B2Bテック企業には重要な問いだと思います。本稿は、200兆円以上の企業支出動向をリアルタイムで把握している支出管理SaaS Coupaのデータから得られたインサイトを、Battery Venturesがまとめた記事。現在までの変化としては、1)WFH関連は投資が一巡し、事業運営のクラウド化にシフト、2) 全ての企業がテック企業化(例. 銀行)、3) SaaS導入の企業の意思決定のスピードが加速の3つがあると伝えています。

また記事では、2021年以降で支出がより大きくなるテクノロジー投資領域をを以下の3つと予想しています。

2021年の企業のテクノロジー支出トレンド予測
1) デジタル上の顧客体験をリアルに近くするテクノロジー
2) WFMとのハイブリッド化に適応するバックオフィス業務のデジタル化
3) 中長期で変更し続けることを見越した、最新のクラウドインフラへの刷新

決済SaaS大手 StripeがBaaSに進出

欧米ではFintechの拡大に並行して、SaaSなどに代表されるノンバンク企業の銀行サービス進出が活発になっています。その裏側の機能をAPIで提供するBanking as a Service (通称BaaS)は、非常に注目が集まっています。今回Stripeは、Goldman Sachsなどと連携して、独自のBaaS 「Stripe Treasury」をリリースし、Fintech強化しているEC構築SaaS Shopifyも利用。

成長戦略

インダストリーSaaSへの投資からの10の学び

Shopify、Toast、MindbodyなどインダストリーSaaSスタートアップへの投資/支援を10年以上続けてきたBessemer Venture Partnersによる珠玉の記事。内容が濃いのでこれを説明するだけで1本のブログになりますが、特にインダストリーSaaSにとって重要な二の矢(SaaSをレバレッジした他事業展開)の事例が豊富なので、インダストリーSaaSの企業経営者の方々は、成長戦略を描く上で、必読の価値のある記事です。

Product-led-Growth(PLG)型SaaS企業でセールスが必要になるタイミング

a16zによる、PLG型SaaSがどのタイミングでトップダウン型のエンタープライズ営業が必要になり、最初の1人目の人材要件からGTM戦略の変化まで詳しく解説した記事。最初の1人目の人材要件()については、PLG型のみならず、SaaSセールス全般に言えるポイント

最初のエンタープライズ営業の人材要件
1) 協調して意思決定できる
2) 分析的かつテクノロジー思考が高い
3) 長期的な関係作りが上手
4) エンタープライズ営業経験アリ

経営管理

Snowflakeは、いかに時価総額7兆円の企業になったのか?

ソフトウェア史上最大のIPOを遂げたSnowflakeの創業の歴史と、Snowflakeの成長を支えた企業カルチャーについての解説記事。「”平均(average)”は、平均以下(bad)より劣る」「やり切るか?死ぬか?」など、Snowflakeの目標への飽くなき執念と徹底ぶりが垣間見える良記事です。

創業4年のユニコーン Scale AIの採用基準

MITをドロップアウトしたAlexandr Wang氏が創業した、ユニコーン企業Scale AI。トヨタやNVIDIA、Airbnbなど一流企業を獲得し、従業員数はすでに200名を超える。本記事は、Wang氏がCEOとして、どういう基準で優れた人材を採用したのか?について、社内向けに書いた公開記事。少しSnowflakeにも通じますが、優れたスタートアップは会社/仕事への異常な執着心、"カルト感"が大事であるとのメッセージ。

ファイナンス

米国SaaS上場企業の決算とマルチプルまとめ

今週は、SalesforceやZoomなど、SaaS企業の決算が目白押しの週でした。本記事は、そのまとめ。ふたを開けてみると好決算のSaaS企業も多かったせいか、全体のEV/Revenueマルチプル(中央値)も過去最高を更新。

画像8

※その他ニュースはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
B2B/SaaSベンチャー投資家@DNX Ventures, MF Synca Director。ロンドン在住。1児の主夫。ex-Principal, Salesforce Ventures. ex-戦略コンサル@BCG, (米)CMU MBA&(日)東工大 MEng