遥かかなたのバニラ・ティー

5

遥かかなたのバニラ・ティー(5)

高校二年生の三学期が始まって、すこし経ってからのこと。 「もう噂は流れてるの?」  叶多が…

遥かかなたのバニラ・ティー(4)

僕には恋愛感情というものがよくわからなかった。  僕はたしかに女性を性的に見る。男子高校…

遥かかなたのバニラ・ティー(3)

僕らが高校二年生になって、合唱部は代替わりした。  すると驚くべきことに、われらが向丘合…

遥かかなたのバニラ・ティー(2)

中学一年から高校二年の今までずっと、僕は合唱部にいる。テノールだ。といっても、そこまで大…

遥かかなたのバニラ・ティー(1)

「普通って、なんだろう」  さあ、と僕は首をひねった。 「なんだよ、つまらないなあ」  僕…