無料英語小説紹介

368

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (23)

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (23)
https://booksvooks.com/penguin-lost-pdf-andrey-kurkov.html

一方、このコンピュータには副委員に妻を寝取られた嫉妬深い夫が調べられる限りの情報をはるかに越える情報が詰まっていた。
そしていつでも選挙に利用できるようになっていた。
下の階に降りる時、車が入って来る音が聞

もっとみる
キスありがとうございます。コメントもほしいなあ・・・

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (22)

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (22)
https://booksvooks.com/penguin-lost-pdf-andrey-kurkov.html

24
投票日6日前
今度はニーナが電話に出た。
「二人は元気か?」
「帰って来て、ソニヤが寂しがっているわ。」ヴィクトルは彼女の温かい答えに驚いた。
「ソニヤはそこにいるの?」
「いいえ、隣の子と一緒に、外

もっとみる
キスありがとうございます。コメントもほしいなあ・・・

「赤い部屋」江戸川乱歩

「赤い部屋」江戸川乱歩
https://www.aozora.gr.jp/cards/001779/files/57181_59566.html
プロバビリティーの犯罪について言っているらしいのだが、その一例として出てくる「サーカスの見物人の中に混じっていて、突然、ここでお話するのは恥ずかしいような途方もない変てこな姿勢を示して、高い所で綱渡りをしていた女芸人の注意を奪い、その女を墜落させて」とい

もっとみる
うれしい! コメントもいただければ、もっと嬉しいです。

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (21)

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (21)
https://booksvooks.com/penguin-lost-pdf-andrey-kurkov.html

23
投票日一週間前
実際の発表の30分前に、ポーシャが10ドルを掴ませたヴォッカと玉ねぎの匂いのする一人の小男が義足の入った箱を開けていた。
ヴィクトルが風上から見守り、中身を確かめていた。
包みを解くと

もっとみる
キスありがとうございます。コメントもほしいなあ・・・

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (20)

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (20)
https://booksvooks.com/penguin-lost-pdf-andrey-kurkov.html

22
ヴィクトルが起きたのは午後の3時だった。
屋根裏部屋の窓の外は秋の青空が見えていた。
階段でパーシャに会って、今の状況を尋ねた。
「親父は一時間ほど眠るって、どこにも行かず待っていろって」とパーシャは

もっとみる
うれしい! コメントもいただければ、もっと嬉しいです。

A Shinagawa Monkey

A Shinagawa Monkey
https://www.newyorker.com/magazine/2006/02/13/a-shinagawa-monkey
読み始めたらどこかで読んだような??と思ったら、「東京奇譚集」の中に有ったのを一度日本語で読んでいた。
自分の記憶力の無さに呆れる、みずきが区役所で猿に会う所まで読んでやっと気がつくとは。
こんな風にして記憶がどんどんなくなってゆく

もっとみる
うれしい! コメントもいただければ、もっと嬉しいです。

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (19)

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (19)
https://booksvooks.com/penguin-lost-pdf-andrey-kurkov.html

21
ヴィクトルは上手くやったもんだ、ご褒美が欲しいくらいだ、と思いながら帰ってくるとすぐ、アンドレイ・パブロビッチとパーシャと一緒に4x4に乗っていた。
アンドレイ・パブロビッチが突然「止めろ!」と命じた

もっとみる
うれしい! コメントもいただければ、もっと嬉しいです。

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (18)

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (18)
https://booksvooks.com/penguin-lost-pdf-andrey-kurkov.html

20
フレシチャーティク通りの中央百貨店で小雨の中で安っぽい中国の傘をさしていた。
その場所の雰囲気はカフェ・アフガンにリョーシャを訪ねると言う少々楽観的な見通しを忘れさせるほど陽気で騒がしかった。
彼は突

もっとみる
うれしい! コメントもいただければ、もっと嬉しいです。

「西郷隆盛」 芥川龍之介

「西郷隆盛」 芥川龍之介
https://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/136_15193.html

本間は大学で歴史を勉強しています。
ある夜、彼は電車の食堂車で老紳士に会いました。
紳士は、西郷は、歴史上は城山で死んだと言われているが、まだ生きていると主張します。
「私の言葉を疑うなら、一等車の座席に座っている西郷を目で見て確認できる」と彼は言う。

もっとみる
キスありがとうございます。コメントもほしいなあ・・・

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (17)

“Penguin Lost” by Andrey Kurkov (17)
https://booksvooks.com/penguin-lost-pdf-andrey-kurkov.html
19
ヴィクトルがベッドに就いたのは朝の8時だった。
昼近くに起きてドニエプル河畔を散歩した。
冷蔵庫からソーセージとチーズとバターを取り出して、コーヒーの代わりにお茶をたてて遅い昼食を摂った。
テーブルの上

もっとみる
うれしい! コメントもいただければ、もっと嬉しいです。