南充浩

70年生。大学卒業後、衣料品販売チェーン店に入社、97年に繊維業界新聞記者となる。03年退職後、広報、雑誌編集、大型展示会主催会社の営業、ファッション専門学校の広報を経て独立。「繊維業界ブログ」は現在、月間万25万PVを集める。日経ビジネスオンライン、週刊エコノミストなどに寄稿

アニメは最早「サブカル」ではなく、ファッションが「サブカル」になっている

BLOGOSに寄稿しました。 2010年頃から、アニメや漫画、特撮とのコラボ服が広く売られるようになりました。 記事中でも書いていますが、昔はアニメのキャラクターが描かれ…

メンズ服がレディースよりも高くて、ブランド数が少ない理由(寄稿)

今回はBLOGOSに寄稿しました。 BLOGOSは業界人以外の読者が多いと思われるので、いつもだいたい初心者向けに書いています。 またBLOGOSの担当編集者も提示を見ても、業界…

アパレルの実店舗の重要性(寄稿しました)

ザイコロジーニュースに寄稿しました。 コロナ禍によるアパレル不況の後押しもあり、ECやデジタル化に注目が集まっていますが、ECをやればすべてが解決するわけではありま…

しまむらの真価はコロナ収束後に問われるのではないか

1月23日に「しまむら」についてポストセブンに寄稿しました。 個人的なことを言えば、電車を使っての移動をメインにしているため、ターミナル駅近隣に店舗がない「しまむ…

2021年、アパレル市場の低価格化はさらに進みそう

コロナ感染拡大のため、十日戎(えべっさん)も地味に終わりました。いつもの正月に比べると物足りない感じがありますが、1月9日にポストセブンに寄稿しました。 2021年の…

売れるブランド以外は福袋を作る意味がない

みなさま、明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 2021年も新型コロナの話題でスタートしましたが、1月1日にBLOGOSに寄稿しました。 福袋は、…