見出し画像

実戦的射撃テクニックの考察 カッコつけだけのテクニックで死なないために

”マガジン・リリースや引き金、サファリランドALSホルスターのリテンション・デバイスといった小さなレバーやボタンが訓練によってできるようになるのであれば、スライド・リリースを押し下げることがなぜ「ストレス状況下では不可能」と考えられているのか?”

今回はタクティカル・シューティングの技術としてポピュラーな2つのテクニックについて考えてみようと思う。多くの専門家が有効と認めているテクニックに疑問を呈する私は異端者と思われるかも知れないが、これは私が特殊部隊員として6度の作戦に参加した経験に基づく意見だ。

この続きをみるには

この続き: 4,461文字

実戦的射撃テクニックの考察 カッコつけだけのテクニックで死なないために

mil-info

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

ネタ資料の収集や翻訳器材に使わせていただきます。よりディープな記事提供のためご支援宜しくお願いします。

1
"MODERN INFANTRYMAN"をテーマに現代の歩兵戦闘技術を紹介していきます。 サークル「新・歩兵操典」では歩兵戦闘技術の知識の普及を目指し、現代の日本歩兵である陸自普通科隊員のために参考となる記事を配信しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。