見出し画像

上海ディズニーについて語らせてくれ

Miku Nozaki

この記事は、LAPRAS Advent Calendar 2019 の24日目です。去年に引き続きクリスマスイブに挑んでいくスタイルでまいります。

突然ですが、皆さんはディズニーリゾートはお好きですか?
実は、わたしめちゃくちゃ好きなんです。学生時代もディズニーキャストとして働いていて、またいつか戻りたいなと思うくらい好きです。

ちなみに完全に余談ではありますが、私のDオタ属性としては、Dオタとして想像されるだろうダンオタ・キャラグリオタ・ショーパレオタでなく、アトラク寄りビューメインパークオタと言ったところでしょうか。キャストとして働いていたのは陸ですが、ゲストとしていくのはビュー重視のため、圧倒的に海の方が多いです。そのため、もちろん東京ディズニーランドホテルディズニーアンバサダーホテルよりも確実に東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ宿泊はポルト・パラディーゾ・サイドに限る)です。インに際して特に目的がないため滞在時間は基本的に短めですが、晴れた日にふらっと散歩に行くスタイルが最高です。1番好きなアトラクションは、フォートレス・エクスプロレーションで、1番好きなショーは BBB です。

画像1

LAPRASの同僚であり同じディズニー愛好家 @r_takahama (↑写真右)とは年2回くらいは一緒にインしてます。彼は、フォートレス・エクスプロレーションが詳しすぎて恐怖を感じますが(完全に置いて行かれます)、その圧倒的知識量を尊敬しています。2019年6月には有給休暇を取って、会社のメンバーと帽子・半袖シャツお揃いディズニーしたりもしました。

画像2

そんなDオタの私ですが、今年の夏休みに初めて上海ディズニーランドに行きました。上海ディズニーランドに行くにあたって、観光ガイドやインターネットの情報を調べたのですが、そもそも情報があまりなかったので上海ディズニーランドに行きたいなと思っている方に少しでも参考になればと思い、今回、自己満足オタク note を書くことにしました。

まず、上海ってどんなところ?

初めて行ったので全然詳しくはないのですが、まずは上海ってどんなところかを簡単にご紹介します。上海は中国の東側(華東エリア)に位置しており、日本の主要空港からは約3時間半と近く時差も1時間です。週末を利用してサクッと旅行するには、オススメな場所だと思います。旅行前にインターネットで調べたところ、気候は日本とあまり変わらないと書いてありましたが、私が行った9月は蒸し暑くて、日差しは日本よりだいぶ強く感じました。(結構、日焼けしました)言語は、空港・ホテル・観光地のおみやげ屋さん以外は、基本的に中国語しか通じませんでした。つらい。

画像4

上海市内は、都会っぽさと中国っぽさを兼ね備えており、飽きることなく観光することが出来ました。私は友達と2人で行きましたが、雰囲気的にはカップルでも大人数でもおすすめです。外灘の夜景は圧倒されるので、ぜひ。

画像4

ご飯も美味しかったです。物価も安め。食べ歩きとかも良さそうです。

画像5

画像6

上海では、私の大好きなタピオカは流行っていませんでした。悲しみ。

画像7

上海ディズニーランドってどんなところ?

上海ディズニーランドは、浦東国際空港からタクシーで30分程度、公共交通機関で約1時間の距離にあります。上海市内からは割と遠いので、タクシーでは約45分〜1時間、公共交通機関で約1時間以上かかります。私が行ったのは9月の平日だったので、朝の通勤ラッシュに当たってしまいタクシーを利用しましたが1時間以上かかりました。開園時間を気にしている場合は、公共交通機関がおすすめです。

上海ディズニーランドメインで行くなら、上海市内に宿泊せず、上海ディズニーランド近くに宿泊した方が良いです。日本にはないトイ・ストーリーのホテルもあるので。上海ディズニーは東京ディズニーリゾートと異なり、割と平坦なので歩けてしまって思った以上に疲れて、上海市内に帰るのがとてもつらかったのを記憶しています。

上海ディズニーランドのTipsは?

チケットの購入方法
チケットは事前購入することをおすすめします。調べると大体言われていますが、中国ではインターネットのアクセスが規制されており普段慣れている検索エンジンが利用出来ないことがあるため、なるべく日本での購入をおすすめします。(私は、イモトのWifiで中国プレミアム回線付きのWifiを借りたのですが、ストレスフリーになるのでおすすめです)事前購入できたら、当日エントランスでパスポート番号の確認をされるので、パスポートは絶対忘れないようにしてください。チケットの発券がとてもわかりづらく、エントランスの他に事前購入専用のチケット発券機があるのかな?と不安になりますが、特に事前購入専用のチケット発券機があるわけではなく、周りの人が並んでいるエントランスの列に並べば大丈夫でした。また、セキュリティが厳しいのか、エントランスの進みは異常に遅いです。日本の様にサクサクは行かないので、見たいパレードやショーがある場合は、時間にゆとりを持って行かれることをおすすめします。

画像8

マップの入手方法
入園後1番苦労したのが、マップの入手です。東京ディズニーリゾートだと、キャストが何部か持っていたり、お店やアトラクションのキャストが持っていますが上海ディズニーランドのキャストは全く持っていません。また、基本的に英語は通じないため map と言っても何か分かってもらえませんでした。歩き続けると各エリアごとにインフォメーションセンターがあることに気付くのですが、そこでマップがもらえます。中国語だけではなく、日本語のマップもあるので助かります。また、上海ディズニーランドでは、各エリアのインフォメーションセンターで各エリアのシールがもらえるので、インフォメーションセンターのキャスト(英語は通じる、日本語は若干通じる人もいる)に「シールください!」とぜひ言ってみてください。「シール」が通じなかったら「ステッカー」で通じます。私は、オタクなので全エリア2枚ずつ集めましたが、トゥモローランドは好きなので3枚集めました。

画像9

パーク内の混雑具合
私が行ったのは9月の平日でしたが、すごく空いてました。ファストパスも全然取れたし、スタンバイの最大がソアリンの60分くらいだったと思います。他のアトラクションは、大体30分以内で、ほとんどが5〜10分の待ち時間でした。飲食店もおみやげ屋さんもほとんど並んでおらず、混雑はしていませんでした。日本よりは全然空いている印象があります。ただ、飲食店は日本と同じくあんまりおいしくはないです。上海ディズニーランドはマナーが悪い・汚いと噂もあり正直ちょっと不安でしたが、全然そんなことはなく東京ディズニーリゾートと同じくらい快適に過ごせました。上海ディズニーの混雑予想については、LAPRAS CTO の @showwin が公開しているのでぜひ参考にしてください。

画像19

おすすめアトラクション3選は?

おすすめアトラクションは、ダントツカリブの海賊です。これは絶対にゆるがないです。到着した後、右回りしていたので、ルート的に初めて乗ったアトラクションだったのですが…こんな素晴らしいアトラクションとは思いませんでした…。そこで、上海ディズニーランドの強さ、感じましたね。ちなみに、東京ディズニーランドのカリブの海賊とは圧倒的なクオリティの差があります。もう、東京版のカリブの海賊には乗れないんじゃないか…と思ってしまうくらいの差です。東京版のカリブの海賊の戦闘力が1だったら、上海ディズニーランドのカリブの海賊は53万くらいと言っても過言ではないでしょう。ネタバレになってしまうので詳しい内容は避けますが、最近できたディズニーランドだけに、映像において圧倒的な技術力を感じます。今、この note を読んでる方、正直、そんなの大袈裟だと思っていませんか?乗ったらわかるのでぜひ行ってみてください。感動して朝昼晩計3回くらい乗りました。しかも、こんなにクオリティが高いのに空いているんです。おかしい。正直、1回目は圧倒されて放心状態で何もできませんでしたが、2〜3回目以降は iPhone でずっと動画を撮ってました。映像美、アトラク内の装飾、演出全てが最高です

画像11

カリブの海賊の次におすすめのアトラクションが、バズライトイヤー・プラネット・レスキューです。東京ディズニーランドでいう、バズライトイヤーのアストロブラスターです。ちなみに東京版よりびっくりするくらい簡単です。めちゃくちゃレーザーの感度がよく、当たります。東京版だと最高得点とるのは、ほぼほぼ不可能だと思いますが(バスライトイヤーのアストロブラスターで自身最高得点をとる方法というLTを今度たくらんでいます)初めて乗っても余裕で最高ランク行きます。余裕です。動画取りながらでも最高ランクいくんじゃないかってくらい余裕でした。子供向けなのもあるかと思いますし、我々ほどガチで挑んでるゲストがいない可能性はありますが…。東京版でなかなか当たらなくて点が伸びずにイライラしている人からすれば、なんもしてないのに最高ランクになってしまう感があって物足りなさを感じるかもしれません。それでもやはりシューティングアトラクションは面白いのでおすすめです。(東京版がもっと感度良くなれという話)

画像12

おすすめアトラクションの最後は、どうしようか迷ったんですけど、やっぱりロアリング・ラピッドです。円形のボードに乗って、激流をくだるライドタイプのアトラクションなのですが、体感的にカリフォルニア版よりも激しい気がします。私と友人はケチって…、というより優柔不断していたらレインコートを買いそびれたのですが、並んでいる人の9.5割がレインコートを来ておりボードに同乗した方々になぜ着ていないんだ?クレイジーか?みたいなコメントをされました。ちなみに、すごく濡れます。そりゃほとんどの人がレインコート着るよね…って気持ちになるくらい濡れます。夏だったので良かったですが、ありえないくらい濡れます。東京ディズニーシーの夏のびしょ濡れバージョンのアクアトピアの数十倍は濡れますので相当の覚悟を持って行ったほうがいいです。急降下が複数回あるので、気をつけてください。使い捨てのレインコートをケチらないことをおすすめします。

画像13

画像14

おすすめビュー3選は?

なんと言っても、パークの象徴であるお城のビューは最高でした。たしか、上海ディズニーランドのお城は、世界のパークの中で最大サイズだった気がします。外装も内装も東京ディズニーランドのシンデレラ城よりも新しいパークだからかめちゃくちゃ凝ってました。特に、中の壁画が素晴らしかった。アナと雪の女王・ラプンツェル・メリダ・ティアナの壁画がありフォトスタッフがいる程、城の中は人気でした。どこから撮っても素敵です。

画像15

画像16

アリス・イン・ワンダーランド・メイズも圧巻。迷路のアトラクションですが、迷路は簡単でどちらかというとフォトスポットという印象があります。私のようなセンスのない人間でさえどこから撮っても写真映えするような作りになっています。とっても便利。特に、赤の女王の顔は、遠くから見てもかなりインパクトがあります。ライトなどの細部も凝っていてアリス・イン・ワンダーランドの世界観が再現されているので、おすすめです。

画像17

やっぱり、トイ・ストーリーランドは可愛い。東京ディズニーシーにはトイ・ストーリーマニアしかありませんが、上海のトイ・ストーリーランドには小さなアトラクションが複数あり、どのアトラクションも凝っていて可愛いです。飲食店もロッツォとかミスター・ポテトヘッドがカップになっていたり、色々なおもちゃが大きいため自分が小さくなった錯覚をするので、トイ・ストーリーランドは、視覚から楽しめるエリアです。とにかく可愛い。

画像18

画像19

おわりに

結論、上海ディズニーランドは最高
東京ディズニーリゾートよりアトラクションの質は高いので、私のようなアトラクオタ・パークオタにはおすすめです。グリーティングはしてませんが、この混雑状況ならグリーティングにも向いているのではないでしょうか。キャラも普通に園内を歩いていましたが、東京より人だかりはできていない印象があります。また、東京ディズニーリゾートと同じく、飲食店があまりおいしくないのでパーク外のレストランに行くことをおすすめします。 food republic があるので、そこで中華・韓国料理・アジア料理などが楽しめます。そちらのほうがお値段的にも、味的にもおすすめです。

また、おみやげの種類は東京ディズニーリゾートより少ないですが、東京でいうボンボヤージュみたいなショップがパーク外にあり、そこがパーク内のどのお店よりも見やすいので退園した後、そこでおみやげを買うことをおすすめします。また、パーク外にスターバックスもあるので、園内で遊び疲れたら一回退園して、そこで一休みするのも良いかもしれません。

来年は、香港あたりのディズニーにまた週末にサクッと行って、また会社のアドベントカレンダーで書きたいですね。

ディズニーはいいぞ


Special Thanks to Ryusuke Takahama
※ シリーズではありません


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!