TanTan

切り絵作家として国内外にて活動。作風は、祖父・石黒孝次郎の古代美術品に対する情熱から多くの影響を受けている。
    • 私と祖父とクレッセントハウス
      私と祖父とクレッセントハウス
      • 16本

      「古き良き時代」の面影を、現代までそのままに残したクレッセントハウス。2020年、ついにその歴史が幕を閉じます。様々な想いを胸に、作家として大きな影響を受けたこの場所についてを、設立した祖父のエピソードをもとにまとめます。

「鹿鳴館の夜」 メニューで見るレストランクレッセントの歴史(10)(11)

レストランクレッセント閉店を知ってから、家にわずかに残された資料をまとめることが、不思議と私にとっての小さな使命感になっていました。それは、同じ様にクレッセント…

「鹿鳴館の夜」〜洋風御懐石の夕べ〜 案内と食器、メニューで見るレストランクレッセントの歴史(7)(8)(9)

秋深く、菊花も美しく咲き乱れるこの頃、皆様方には益々御清祥のことと御慶申し上げます。クレッセントハウスの年中行事「鹿鳴館の夜」も回を重ね、今年は第7回を迎えるこ…

「鹿鳴館の夜」〜コンサートディナーの夕べ〜 案内と食器、メニューで見るレストランクレッセントの歴史(6)

日一日と秋深まり、爽やかな紅葉の季節となりました。クレッセントハウスの年中行事「鹿鳴館の夜会」も回を重ねて、今年は6回目を迎える事となりました。昨年迄のメニュー…

クレッセントハウス、レストランのおもてなしの心に通じる骨董品たち(後)

いつの時代でもオリジナルなものが美しい。つまり、うんと古いものには、手をかけて、心を通わせて丹念に作り出された美しさがあり、うんと新しいものには、必要に応じて、…

クレッセントハウス、レストランのおもてなしの心に通じる骨董品たち(前)

下記は、昭和50年に発行された「小さな蕾」2月号より引用しています。 石黒孝次郎が骨董品にかけた想いはそのまま、レストランクレッセント のおもてなしの空間につうじて…

港区議会にて、クレッセントのことが紹介されました。

10月6日の港区議会決算委員会の総括質問の中で、石渡ゆきこ先生が、クレッセントについてと、石黒孝次郎夫妻のことまで触れてくださいました。 42;00辺りから、地域の文…