TanTan

切り絵作家として国内外にて活動。作風は、祖父・石黒孝次郎の古代美術品に対する情熱から多くの影響を受けている。
    • 私と祖父とクレッセントハウス

      私と祖父とクレッセントハウス

      • 27本

      「古き良き時代」の面影を、現代までそのままに残したクレッセントハウス。2020年、ついにその歴史が幕を閉じます。様々な想いを胸に、作家として大きな影響を受けたこの場所についてを、設立した祖父のエピソードをもとにまとめます。

野村不動産にクレッセントハウス再生活用のための提案書等提出。

先日、野村不動産様に提案書等、書類各種をお届けいたしました。 提案書は、各専門の方々のご意見,ご協力を頂きながら、最終的に、一番採算性の高いと思われる内容にて作…

クレッセントハウス再生保存利用の提案書作成中、多くの方からのお声を頂いています。

5月12日の朝刊にクレッセントハウスの記事が掲載されています。是非ご覧頂けますと幸いです。少しでも保存活用のお声が集まりますように https://www.tokyo-np.co.jp/ar

クレッセントハウス存続を求めて。

クレッセントハウスの保存活用をもとめて。 本当にこれでいいのか、という想いが強く、FBページを立ち上げる事にしました。 解体の可能性が高いのにFBを立ち上げる意味を…

クレッセントハウスの歴史と解体寸前の現在

クレッセントハウスのはじまりは、元内閣総理大臣・麻生太賀吉氏が後援していた銀座のレストランの経営不振により、その従業員を引き受けて、古美術商に加え、レストランも…

「古く美しきもの」石黒孝次郎氏遺贈品展によせて

「古く美しきもの」石黒孝次郎氏遺贈品展によせて 三笠宮崇仁 今から数年前のこと、あの赤煉瓦造りのクレッセントハウス4階にあるお部屋で、石黒孝次郎氏と雑談をしてい…

クレッセントハウス完成パーティーの冊子より(1968年)

開館にあたって  1947年の秋、長かった戦地の生活つから帰ってきた私は古美術商になってみようと「三日月」を商号として出発しました。  翌年戦災で砂漠の様になって居…