見出し画像

休みに対する感覚のズレ

migmin

突然ですが昨日まで、日曜日月曜日という一歩ずれた連休を過ごしていました。

連休明けというのがそもそもひさしぶりな点はとりあえず置いておくとして、この日月連休というのは過ごしてみて少し不思議な感じがしました。

不思議と感じたのは日曜日の夜です。

言うまでもないですが次の日は月曜日です。そのため明日の仕事に備えるという人が多く、騒いでいる中でも明日があるからと一応なりに準備している雰囲気を多く感じました。

逆に自分はというと明日も休みなわけですので全く問題ないわけですが、世間との空気のズレを大きく感じました。

この空気のズレは不思議なもので自分はなんというか大多数の明日も仕事があるがゆえの「備える休み」に飲まれてしまったように思います。そのため休んだのに休んだという不思議な体験をしました。

ちなみに翌日の月曜日は都会のど真ん中にいたのですが、このあたりは普段の平日休みとあまり変わりありませんでした。

同じ休みでも感覚が違うと休んだという感覚も違う。来週の休みはどうなるか分かりませんが日曜日・月曜日という少しズレた連休を過ごしてみた感想は以上です。

#日記 #エッセイ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
migmin

いただいたサポートはサムネイルに使っているダンボー撮影の小道具に使わせていただきます。