見出し画像

「折りたたむ」花の結び(梅結び)

みんなで作る
むすび百科事典-MUSUPEDIA-

水引ライナーLabが制作する水引に特化した結び百科事典。

解説

水引を折りたたみながら花の形を作っていく珍しい結び方。古くから水引の書物では花といえばほとんどが「梅の花」なので、前号までの「梅結び」の一種とも言えますが、応用範囲が広く様々な特徴の花を形作れる為、ひろく「花の結び」とする。

・「折りたたむ」花の結び(今号)
・「組む」花の結び(次号以降)

に分け、ちょっと特殊な水引の花の作り方をご紹介していく。

「折りたたむ」花の結びは、花弁がお互いに絡み合う前号までの梅結びと違い、花弁一枚一枚が独立している為、アレンジの自由度が極めて高いのが特徴である。花弁のアレンジパターンをそれぞれ解説していく。

①基本形

水引5本を1本の帯状にピッタリ揃えて結ぶ基本形。この形は花弁が一番立体的に立ち上がる。水引が帯状に揃った状態でフラットにしたい場合は、③ずらすの要領で少し微調節が必要。

画像1

中心の五角の組み方は、左回り/右回り、入型/人型、卍/逆卍、と表現されるような2パターン確認していますが、結びやすさの点で左回り(入型/卍)が妥当と判断。組み方については叶結び(カノウムスビ)の記事が参考になります。

まずは基本形での全体の結びの流れです。いきなり5本では難しいので、最後の解説ライブも参考にしながら少ない本数または水引バンド類での練習をオススメします。

続きをみるには

残り 855字 / 4画像

¥ 600

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?