見出し画像

「折りたたむ」花の結び(梅結び)

みんなで作る
むすび百科事典-MUSUPEDIA-

水引ライナーLabメンバーの集合知により制作する水引に特化した結び百科事典。一つのデータを鵜呑みにせず、煩雑な情報をひろく試し最も「美しく」「妥当な」水引結びを整理・再構築しています。

解説

水引を折りたたみながら花の形を作っていく珍しい結び方。古くから水引の書物では花といえばほとんどが「梅の花」なので、前号までの「梅結び」の一種とも言えますが、応用範囲が広く様々な特徴の花を形作れる為、ひろく「花の結び」とする。

・「折りたたむ」花の結び(今号)
・「組む」花の結び(次号以降)

に分け、ちょっと特殊な水引の花の作り方をご紹介していく。

「折りたたむ」花の結びは、花弁がお互いに絡み合う前号までの梅結びと違い、花弁一枚一枚が独立している為、アレンジの自由度が極めて高いのが特徴である。花弁のアレンジパターンをそれぞれ解説していく。

この続きをみるには

この続き: 1,159文字 / 画像5枚
記事を購入する

「折りたたむ」花の結び(梅結び)

水引ライナー

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
17
水引独自のラインに魅せられ、型破りな作風の中にも一貫してそのラインを生み出す様式美を踏襲する、美大卒職人発クリエイターmiconoが運営。用途の改変を迫られる水引の伝統技術を現代に変換して伝える人。https://mizuhikiliner.com/

こちらでもピックアップされています

むすび百科事典-MUSUPEDIA-
むすび百科事典-MUSUPEDIA-
  • ¥400 / 月

水引ライナーLabでリサーチ、miconoと毬遣いによる水引専門むすび百科事典。書籍やネット、古書などの煩雑な情報をフラットな視点で整理・再構築し、知識と実践の両方をお伝えします。(購読月以降の記事は月額で、過去記事は個別購入で読めます)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。