見出し画像

【全文無料】いらないスーツを礼賛するの、やめませんか。

※こちらは投げ銭記事です。全文無料で閲覧できます。
 私の活動を応援してくださる方、ブログの記事を面白い、
 役に立ったと感じてくださった方は、ご協力いただけますと幸いです。
 投げ銭は全額コンテンツ作成に活用します!詳細は後述。

はじめまして。世の中的には嫌われ者になりつつある「スーツ」について、Mezzoforte Lounge(メゾフォルテ ラウンジ)というブログを書いています。

「あなたを、すこしだけ強くしてくれる」そんなスーツや、着こなしを紹介できればと思い、この名前をつけました。

服装は当然仕事のすべてではありません。でもたかが服装が原因で仕事がすべてダメになることもあります。だからこそしっかり支えつつ、控えめに強くしてくれる存在であるべきだと考えています。

とはいえ"いらないスーツ"もあるという認識は私にもあります。それは着心地の悪いものです。

「スーツなんて全部着心地悪いだろうが!!!」そういう方もいらっしゃるかもしれません。私も学生の頃はもちろん、社会人になった後も、良いテーラーに出会う前まではそのように考えていました。

ここでいう良いテーラーとは、必ずしも高級店のことではありません。むしろ結構な金額をかけても、やっぱり着心地の悪いスーツが出てくるぐらいです。嫌ですよね、こういうの。

だからこそ、読者の時間とお金を無駄にしないをモットーに以下のようなテーマで更新しています。
・着心地や価格から見た各テーラーの格付
・実際に買ってみた商品、オーダーしてみたスーツのレビュー
・読者の方々が知って得しそうなコラム
・スーツを着る上での基本的な豆知識
・百貨店やテーラーのセール情報のまとめ

オーダースーツの無駄なハードルの高さと失敗

昨今「オーダースーツ」という言葉自体がよく使われるようになり、以前よりだいぶ浸透してきたように思いますが、それでも1着あたり結構な値段になるので、依然そのハードルは低くありません。

それにも関わらず、どのテーラーも情報開示は控えめ。ブログを検索してみても、検索上位に上がってくるようなものでは、すべてのテーラーが絶賛されています。

「オススメテーラーランキング」のような記事に至っては、何故そのテーラーが上位なのかすら、さっぱり分かりません。

私自身、初めてオーダーする際には様々に検索してみたものです。しかし、やっぱり全然分からない

いざオーダーして出来上がったスーツも、なんだか着心地がイマイチ。今にしてみれば「なんであんな値段で、こんなものを・・・(笑)」という苦い経験です。

数々の失敗を経て初めて、良いテーラーに出会える。このように聞くと素敵なストーリーですね。

実際、テーラーでは、「●●で失敗したという方もよくいらっしゃいます」、「複数経験を積んできた方が、うちを訪ねてくる」という事をよく耳にします。

でも、消費者視点で見た時、本当にそれでいいのでしょうか?

本当は同じお金でもっと良いスーツができるのに、「知らなかった」ただそれだけの理由で、高いお金を払ってスーツを仕立ててしまう。そんな苦行、必要でしょうか?

私には現状があまり幸せだとは、とても思えませんでした。消費者の時間もお金も、なんなら資源までもが無駄になっているからです。

では、供給者側の視点で見るとどうでしょう。

昨今のオーダー業界では、宣伝広告費に全力投下し、肝心のスーツ作りで手を抜いてる会社ばかりが目立っています。やたらネット広告や雑誌で見るけど、いざ着てみると・・・うーん。

ただでさえスーツ不要論を唱える声が強くなっている現代。数々の失敗を経て、良いテーラーに出会う、なんて悠長に構えていられなくなっていると思います。

ダメなお店でオーダーした故に消費者が「なんだ、オーダースーツって言っても所詮スーツは肩凝るじゃん」となってしまったら、機会損失ですよね。

一方、違いに気付かせることができれば、お金をかけてもよいと考えている層は、現代にも確実に存在します。

こうした方をいかに発掘できるかが、真っ当に良い物を作り続けているテーラーの生き残る道ですし、まずはメイド・トゥ・メジャー(いわゆるパターンオーダーやイージーオーダー)であっても、消費者が良い物に出会えるようにしたい。

その中からいくらかの人が、最終的に本流のビスポークテーラーの門を叩くことでしょう。そうした道を築きたいんです。

真っすぐに良いテーラーと巡り合う場を目指して

どうして失敗を経験しなければ、良いテーラーを知る事ができない、で良いのでしょう。何も知らない顧客を相手するのはバカバカしいからでしょうか。

そういう方もいるでしょうが、そんな風には考えていないテーラーもたくさんあるはずです。(少なくとも私が話してきた方々の多くは、そうでした。)

必要のない失敗を避け、真っすぐに良いテーラーと巡り合えるよう、私は自身のブログで「俺評価。」という取り組みを始めました。これは着心地と価格帯で各テーラーを評価するものです。

※「メジャーメイド」および「フルオーダーを謡ってるけど実態はメジャーメイド」のお店のみを対象としています。本流ビスポークは、そもそもの課題意識である「広告費に全力投下し、作りは手抜き」が非常に少なくなるので、対象外です。

たしかに、この格付も私の個人的な評価に過ぎません。私の判断が信用できないと言われればそれまでです。ただ、どこからPR依頼をされるでもなく、50以上のテーラーやブランドのスーツに袖を通して、自分でもオーダーしてみて、横比較するということは、なかなか行われてこなかったと思います。

私のオススメを買えと強制するつもりもありません。最後はご自身で判断するべきだと思います。しかし、もし皆さんが購入しようとしているテーラーと同じ価格帯で、より高い「俺評価。 」を得ているテーラーがあるのであれば、試着して比較してみることをオススメしたいです。

LP作成会社にお金を払って作られた意味の分からないオススメランキングに踊らされるのも、たいして着心地もよくないのに、広告費の下で「柔らかい」、「軽い」と煽るPR記事や雑誌に踊らされるのも、もう止めましょう。

オーダー後も、本人が満足でき好評を得られるように

せっかくいいテーラーでオーダーしても、着方を間違ってしまうと残念になりがちなのが、スーツの問題点。

とはいえ私服と違い、明確に着方が決まっているからこそ、それさえ守ればセンスなんかいらずに、誰でもカッコよく着ることができます。なんなら体型もダメなところも上手く隠してくれます。

だからこそ、そうした着る上での基礎知識もブログで公開してきました。また、スーツスタイルにはネクタイやシャツ、ベルト、靴下と様々なアイテムが必要になります。

すべてに多額をかけていられないという方も少なくないと思い、百貨店やテーラーのセール・フェア等もまとめて配信しています。スーツは良いものを買ったのに、他の小物のせいで、なんか満足感が薄いという状態には陥ってほしくないからです。

皆で探し、作る本当に良いテーラーの発見場所

こうした想いのもと、これまでブログを運営してきました。幸い多くの応援の声を頂いており、まだ「俺評価。 」されていないお店への評価依頼も多数いただいています。ご自身が利用されているテーラーや、私が知らなかったテーラーを教えて頂いたこともありました。

私にとってもチャレンジングな取り組みです。アンチも多く湧くでしょう。これまでも誹謗中傷に遭った際には読者の方々に支えられてきました。こうやって読者の方々と今後もより良いブログを築いていきたいと思います。

一方、ご存知の通りそれなりの品質のスーツは5万円はするため、アドセンス広告収入だけでは正直、限界に近づきつつあります。特にお問い合わせで「知りたい!」とご要望いただくお店は大半の場合、10万クラスになります。(特に今はコロナで収益は半減しており、コロナ収束後のオーダーの見通しも立ちづらく・・・)

もちろん、趣味でやっているブログですので、「全部自分で負担しろや」という考えも一理あると思います。ですので、基本的には自分で負担できる範囲で、少しずつ更新していく所存です。

ただ、もし少しでもご協力いただける方がいるのであれば、本当に助かります。

今回、投げ銭記事ということで、すべて無料で公開しつつ¥500の金額設定を致しました。また、「サポートする」ボタンからは、自由に金額設定いただくことも可能です。

「サポートする」ボタンでは、メッセージを付けることも可能なようですので、ぜひ「こんなテーラーでオーダーしてほしい!」とコメント頂けますと幸いです。すでに「俺評価。 」で不要としているテーラーや完全紹介制等でなければ、優先的に紹介を検討します。

皆様から支援いただいたお金は、全額スーツ・シャツ等のオーダーに活用し、店舗紹介やレビューとして開示していきます。
※支援金額は、透明性の観点からこちらの記事で適宜開示したかったのですが、売上金額の開示はnote規約上難しそうなので、すみません。

今後ともMezzoforte Lounge(メゾフォルテ ラウンジ)を宜しくお願い致します。

この続きをみるには

この続き: 0文字

【全文無料】いらないスーツを礼賛するの、やめませんか。

Mezzoforte

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

18
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。