新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

世界観を具現化した新装スタジオ(兼会議室)から始まるMERYの新たな取り組み

MERYでは先日大会議室として使用していた空間をリニューアルしました。
きっかけは、「ROOM MERY MATE」という休日にMERYの社内の受付として使われているスペースで行われたイベントです。

画像1

MERYの世界観が存分に表現された中でのイベントは参加者の満足度も高く
MERYとしても届けたい体験価値であったことと、「よりMERYの世界観をユーザーさんに感じてもらえる場をつくりたい」ということから、「いっそ大会議室を改装して、MERYの世界観を存分に感じてもらえる空間づくりをしてしまおう」という社員の起案で、大会議室の改装を行うことが決まりました。


■改装前はいわゆる一般的な大会議室

2017年10月にこのオフィスに引っ越してから、大人数の会議や数々の懇親会が行われてきたこの空間。おしゃれなカウンターはありますが、床や照明などの「オフィス感」は否めなく、「大会議室」といった雰囲気となっていました。

画像2


■改装後は「MERYらしさ」が詰まった空間に

改装後は白を基調とした空間となり、床や天井、さらには照明まで変更しています。
今回の改装のテーマは「Boho-Chic Retreat」。「MERYだから可愛い空間」っていうだけではもの足りない。明るく洗練された空間に遊びゴコロを加えることで、驚くほど自由だけど小さなインスピレーションにあふれている。色味や質感はニュートラルでも、どこかデリケートでフェミニンな装い。リラックスできるんだけど、感性が刺激されるような空間づくりを意識し、日常とは違ったインスピレーションを得られるような世界観をつくりました。

画像3

画像4

画像5


■改装のポイント① 撮影スタジオ機能の追加

大会議室として使われていたこの空間は、その広さを生かして「撮影スタジオ」も兼ねることにしました。ここ数年MERYは記事だけではなく、リアルイベントやMERY shop(MERYのECサイト)、YouTubeなどコンテンツの幅を少しずつ広げてきました。その過程で以前はそれほど使用頻度の高くなかった撮影スタジオの重要度も高まり、今回の改装では会議室やイベント空間として使えるだけじゃなく、撮影スタジオとしての機能も入れることにしました。
特に大会議室奥のスペースは、今後、MERY shopにおいて拡大していくにつれ増える「シンプルな人物カット」や「ブツ撮り」に対応しやすいよう、おしゃれに撮れる空間ではなく、シンプルに実用的に撮れる空間を意識。あえてディテールを加えずに、余計なものをそぎ落とした白だけの空間に。
また、小さいながらもフィッティングルームや女優ミラーを設置したメイクスペースを用意。MERY shop、YouTubeなどの撮影に利用できることはもちろん、今後増えていくであろうLIVE配信やウェビナーもここから行っていけるようMERYの世界観を発信することができる空間づくりを目指し機能をそろえました。
もちろん、白のレンガ調の壁など「今、求められるおしゃれ感」にも対応できるよう会議室全体がつくり込まれ、部屋に入った瞬間、MERYの世界観を感じることができるようにも設計されています。


▼白を基調にしているので、撮影もしやすくなっています。着替え可能なスペースも白壁の裏に完備。

画像6

▼メイクデスクを設置しています。社内でウェビナーやLIVE配信等の撮影時に活用します。

画像7

■改装のポイント② 白を基調とした「染まっていない」空間づくり

ベースを「白」とした理由は「汎用性の高さ」。
トレンドの色を使って「今っぽい」空間にすることは可能でしたが、長期間利用することを考えてあえての「白」を選択。
空間にフェミニンな要素を入れるためと、すべてを白にすることによるのっぺり感をなくすため、アクセントカラーとしてダスティピンクを後方の壁で使いましたが、トレンドに「染める」のではなく、時代の変化によって入れ替え可能な装飾品でトレンドを「取り入れる」ことにしました。


▼トレンドの色味はペイントした「小物」で取り入れています。

画像8

画像9

■「MERYらしい世界観」「MERYの体験価値」をたくさんの人に感じてもらいたい

当初はミニイベントなどを積極的に行っていくために練られたこの空間。
改装に向けて動き出した矢先に、新型コロナウイルスの影響で当分のイベント実施が厳しくなりました。
しかし、「撮影スタジオ(兼会議室)」となったこの空間から、新たな動きが始まっています。MERYの世界観がたっぷり詰まった場所で撮影された画像/映像がアプリやLIVE配信、MERY shopなどあらゆる手段を通してユーザーさんに、届けられるようになりました。
実際に、この場所でのInstagramによるLIVE配信の取り組みも始まっています。

iOS の画像

また、秋にはこのスペースを活かしてLIVE配信イベント『LUCKY MERY WEEK』を開催する予定です。

MERYでは今後も、この空間から届けるコンテンツなどさまざまな方法で「MERYらしい体験価値」を感じてもらえるよう取り組んでいきます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです♡
40
女の子の毎日をかわいくするMERYのアカウントです。noteでは様々な「好き」が詰まった記事を、ピックアップして紹介していきます。https://mery.jp/ アプリDLはこちら▶︎https://app.adjust.com/sr5wolz

こちらでもピックアップされています

MERY取り組み事例
MERY取り組み事例
  • 14本

MERYの取り組みや広告事例、トピックスなどをご紹介します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。