見出し画像

はじめまして

改めて、挨拶をさせていただきます。
私ってどんな人ってことを、少しだけ知ってほしいと思ったので、自己紹介をさせていただきます。2.3年ほど、フリーランスでカメラマンとライターをしていました。今は、北海道にあるとある編集社でカメラマン、ライター、webデザイン、編集ディレクターといった色んな肩書をもって働いています。そして週に一度ゲストハウスで働く26歳です。

わたしは、こんな人。

私は現在編集社とゲストハウスで働いています、でもその前(フリーランスカメラマン兼ライターの前)は、ソーシャルワーカーとして、1年近く仕事をしていました。この話をすると、皆さん口を揃えて『えっ!! 』と、言いますが、私は毎回『ソーシャルワーカーになったら、カメラマンやライターになっちゃだめなの?』と言っています。『社会福祉士』『精神保健福祉士』という国家資格と『スクールソーシャルワーカー』という認定資格も持っています。大学生の時に学んだのが社会福祉、ソーシャルワークでした。大学で勉強しまくって、ソーシャルワーカーになるくらいなので、ソーシャルワーカーの仕事も楽しくて、すごく好きでした。では何故?という話ですよね。

一回きりの人生だから

カメラマン、ライターという仕事に転職する際、大変悩みました。全く悩まなかったわけではないです。すぐに、ご飯なんて食べていけるわけないだろうとも思っていました、それでも、私は写真が好きでした。だから、一旦カメラマンになろうと思って飛び込んでしまったわけです。写真の世界へ。といってもすぐに収入に繋がるわけでも、技術を授かるわけでもなく、毎日毎日死にものぐるいで写真撮って撮って撮って、コールセンターで空き時間にバイトしてお金つくって、みたいな日々でした。お金が底をついて、もやししか食べられない生活、服はもとより必要最低限の化粧品ですら全然買えない生活、それは本当に貧しかった。でも、それくらいのしんどさも辛さも理不尽さも乗り越えたから、いまこうして写真の仕事を手にしているわけです。それも、大好きな北海道を自分の写真と文章でPRする仕事を。30歳頃でやりたかった仕事を25歳のときに手に入れました。もちろん、今の会社に何も文句がないかと言われれば嘘になる。それは嘘ですが、それでも好きを仕事にできているので、わりと充実しています。

これからのこと

いまは、とりあえず今の仕事をしっかりやり遂げたら、今の会社を離れて少しばかり旅に出たいと思っています。いろんな人の色んな価値観を知りたいんです。30歳が来る前に一度はワーキングホリデーというものにも行ってみたいですし。これはゲストハウスで、毎回いろんな国から訪れる人たちからの影響でしょうね。わたしの知らないもの見たことないものが世界にはたくさんあって、私は将来居心地のいい空間を作りたくて、でもその夢はまだ1ミリも動いてないわけで、それなら尚更たくさんの価値観や文化に出会って、自分の望むものを見つけるためにも必要だなあと、そのためにもいまは自分のできる最大限をやるばかりです。

#自己紹介 #コラム

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14
北海道に住んでいます。写真を撮ったり文字を書いています。幸せな空間を作るのが夢です。Twitter @mequhot Instagram @mequphot
コメント (2)
コメント失礼します
カッコいいです…。
フリーランス憧れますが仕事のいただき方とか、お金はどうやってとか未知の世界すぎて。
そんな方と話すことも知り合いさえもいないので…
やってみよって始めたのがノートとタイムチケットっていう…
あ、長々と失礼しました。
せきさん
コメントありがとうございます。
私は何もわからないままフリーランスになりました。だから自分のやり方で学んで吸収した、という感じです。何もかっこいいことは、ないんですが読んでくださってありがとうございます😊
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。