MP MEX 機能概説
見出し画像

MP MEX 機能概説

Mental Position


本noteでは、BitMEXのXBTUSDトレード支援ツール「MP MEX」(Chrome拡張機能)の機能について概説します。noteの性質上、使用者でない方にも閲覧していただく機会がありますが、BitMEX利用者で興味を持たれた方は、Chrome Web Storeでお求めいただければ幸いです。

本ツールは自分用に作った経緯で、自分好みのインターフェースとなっていますが、いくつかの点は、数人の敏腕トレーダーの方に試用していただき、意見を拝聴して、配置調整・機能追加をおこないました。
尚、対象通貨ペアは「XBTUSD」のみです。

以下、機能の概要になります。

デフォルトの注文パネルに無い機能

・バラマキ注文:指値、利食、STOP注文を値幅・個数指定で一括注文
・LTP注文:直近の最終価格で自動的に指値注文
・指値TAKE注文:LTP注文ボタン押下時にテイカー注文になるよう値を追加
・LTP手前指値:LTP手前に指定値幅で指値注文
・オーダーブックワンタップ注文:オーダーブックの板クリックで指値注文
・LTPのコピー:LTPをクリックで価格入力欄にコピー
・数量・価格プリセット変更:数量と価格プリセットの値を任意に変更
・値調整ボタン:+ーボタンで各値を増減
・タブ切替不要の注文:チェックボックスでボタン切り替え/注文種別変更
・機能の集約:全取消、成行決済、指値決済などを一つのパネル内に集約
・発注ロック:誤クリックによる発注防止機能

パネル表示位置は左端、又は、右端に固定です。

バラマキ注文

「個数」「値幅」を設定すると、指定値幅間隔で入力した個数分の注文を一括で発注します。分割エントリー、分割決済をおこなう際に便利な機能です。
「個数」「値幅」は、「LTP買/売」および「指値」「利食」「STOP」で有効になります。
「値幅」はマイナス方向に入力すると「価格」より手前方向(売りならば高値、買いならば安値)に注文となります(そのため、LTPの場合、LTP方向の値を入力すると直ちにテイカー注文となることがあります)

※BitMEXの仕様により1分間に60以上の発注は一定時間アクセス禁止になることがあるため連続発注の際はご注意ください
※BitMEXの仕様によりバラマキ注文に限らず0.0025XBT以下の複数注文はスパム扱いになることがあります

指値TAKE注文/LTP手前指値

「LTP調整幅」を設定すると、「LTP買/売」ボタン押下時に、指定値幅をプラス、又は、マイナスした価格で注文することができます。プラスの値を設定した際、注文執行時に大きな価格変動が無ければテイカー注文となります(テイカー注文は手数料が発生します)

マイナスの値を設定した場合は、LTPより手前に指定値幅で指値を注文します(例:LTP調整幅「-5」でLTP価格「8500」で買いの場合「8495」に買い指値、売りの場合「8505」に売り指値)
「値幅」はマイナスの値を入力すると、LTPより離れた値に注文となります(売りの場合は高値方向に、買いの場合は安値方向)

※LTPはサーバー状況によりリアルタイムに取得できない場合があることをご留意ください

「バラマキ注文」「指値TAKE注文」については、以下の図説もご確認ください。

画像5

オーダーブック ワンタップ注文

オーダーブックをクリックすることで指値注文することができます。
板の動きや厚さを見ながら指値をおこなう方には便利な機能です。

買い板をクリックで「指値買い」
売り板をクリックで「指値売り」
の注文となります。
「Post Only」「減少限定」は通常の指値と同様に反映されます。

※クリックはオーダーブックの価格/Price部分をクリックしてください

LTPクリックで価格入力欄への反映

オーダーパネル上部に表示されているLTPをクリックすると、「価格」入力欄にLTPの数値がコピーされます。
LTPからオーダー価格を調整する際に活用できます。

画像5

利食指値・利食成行・STOP指値・STOP成行・トレイル 注文

注文ボタン直下の「利食指値」「利食成行」「STOP指値」「STOP成行」「トレイル」のいずれかをチェックすると、上段の「価格」が「トリガ」という名称に変わり、指値用の「買い」「売り」ボタン名が、対応する注文の名称に切り替わります。
「トリガ」は注文が発動する起点の価格です。「利食指値」「STOP指値」の場合、発動後の指値価格は、「トリガ価格+値幅」となります。「値幅」にマイナスの値を入力した場合は逆方向の価格が指値に設定されます(利食、STOPで価格方向が異なりますので、それぞれの機能を理解した上で使用してください)
「トレイル」の幅は「値幅」に入力します。プラスの値幅でトレイルSTOP買い、マイナスの値幅でトレイルSTOP売りとなります。

「個数」を併用した場合の「利食指値」「STOP指値」は、「値幅」の間隔で個数分発注となり、指値価格は上述の通り、「トリガ+値幅」となります。
複数個の場合は、

指値価格1=トリガ+値幅/トリガ価格1=トリガ
指値価格2=指値価格1+値幅/トリガ価格2=トリガ価格1+値幅
指値価格3=指値価格2+値幅/トリガ価格3=トリガ価格2+値幅

のように設定されます。

「利食指値」「利食成行」「STOP指値」「STOP成行」については、以下の図説もご確認ください。

画像5

その他の設定

インターフェースや注文パネルのその他の設定は「その他の設定」ボタンをクリックすると表示されます。

各設定は、設定名の通りとなりますので、実際に切り替えてご確認ください。
背景色はダークモードカラーとなっていますので、そのままお使いになる場合は、BitMEXデフォルトの「カラーテーマ」をグレーに設定すると見やすくなります。「背景色を明るく」は、デフォルト「カラーテーマ」をホワイトにするとマッチします。

「数量1」「数量2」は、「数量」下段のプリセットボタンの値です。
「数量1」は薄いグレーのボタン、「数量2」は濃いグレーのボタンにセットされます。1000000以上の値をセットすると、ボタンは二段で表示されます。

「価格1」「価格2」は、「価格」下段のプリセットボタンの値です。
「価格1」は薄いグレーのボタン、「価格2」は濃いグレーのボタンにセットされます。

「いなごFlyer」は注文パネル下段に表示されます。

「IDを隠す」はページ右上のIDを非表示にします。
主にスクリーンショットや配信など、画面共有時のプライバシー機能です。

注文パネル左上(左配置時は右上)のトグルボタンをクリックすると、パネルが非表示になります。
尚、BitMEX内の他ページではパネルが自動的に非表示となります。

各設定の保存は「クッキー」が有効になっている必要があります。又、シークレットウインドウを使用している場合、次のアクセス時に設定は有効になりません。

「その他の設定」については、以下の図説もご確認ください。

画像5


発注ロック

「発注ロック」ボタンは、誤クリックによるオーダーを防止する機能です。
ロックするとMP MEXのオーダー関連ボタン、オーダーブック、オーダーリストのクリックが無効になります。

画像5

アップデート・サポートについて

今後のアップデートについては未定ですが、意見などを元に、機能追加などしていくかもしれません。

本拡張機能は、Chrome Web Storeから購入・追加できます。

購入・使用にあたっては、Chrome Web Storeページ概要欄に記載の注意事項等を必ずお読みください。機能等についての質問等は、Chrome Web Storeのサポート欄か、twitterのDMにてご連絡ください。

基本は「自分用」からスタートしたので、どれくらいの需要があるかもわからず、価格を安く設定したつもりですが、別途ご支援いただける方は、本noteのサポート、又は、「3BMEXWne4bdRZ4VfYiR2AS7kMp3YDqUizM」に、ドネーションしていただければ幸いです(継続的なサポートのモチベーションにつながります)

設定が反映されない場合の確認事項

1.ウインドウ右上、三つのドットのメニューから「設定」を開く
2.ページ左「詳細設定」を開き「プライバシーとセキュリティ」を選択
3.ページ右「サイトの設定」に入り「Cookieとサイトデータ」を開く
4.「すべてのCookieとサイトデータを表示」に入り、右上の検索欄に「www.bitmex.com」と入力、検索結果の「www.bitmex.com」を開く
5.保存されているCookieの一覧から「mpMex」と頭についているCookie全てを「×」ボタンで削除
6.一度、Chromeを終了し起動し直す
7.BitMEXにログインし、設定を変更/保存
8.ページをリロードし、設定が反映されていることを確認

上記を確認後、正常に変更/保存されない場合は、ブラウザや使用環境による問題が考えられます。

改訂履歴

1.36
・オーダーパネルに「いなごFlyer」表示機能追加
・本ツールの表示/非表示トグルボタン追加
・他通貨/設定ページ遷移時に本ツールを自動的に非表示になるよう修正
1.37
・左配置時のトルグボタンを修正
1.38
・オーダーブックワンタップ指値注文機能追加
・LTPクリックで価格入力欄へコピー機能追加
1.39
・オーダーブックワンタップ指値注文で同価格を連続注文できない不具合を修正
・オーダーブックワンタップ約定後、LTP売買ボタン明滅していたのを指値売買ボタン明滅に修正
・パネル直下のメッセージ表示エリアが消えてしまう不具合を修正
1.40
・いなごFlyerの音量が極端に大きく設定されている/非表示でも音が出る不具合を修正
・いなごFlyerの音量調整機能を追加
1.41
・デフォルト注文パネルを非表示にすると表示できなくなる不具合を修正
・「その他の設定」の「閉じる」ボタンのレイアウトが崩れる不具合を修正
・プリセットボタンの表示切り替えを「数量」「価格」個別設定に変更
・時計の表示切り替えを追加
1.42
・LTP買売、指値TAKEの値が正しくセットされないことがある不具合を修正
1.43
・「指値TAKE幅」の名称を「LTP調整幅」に変更し、LTP売買時、プラスの値で指値TAKE、マイナスの値で手前に指定幅で指値注文となるよう変更
1.44
・「時計を非表示」のチェックボックスの状態が保存されない不具合を修正
1.45
・「Post Only」「減少限定」の設定が保存されるよう変更
1.46
・発注関連ボタン、オーダーブック、オーダーリストの誤クリックを防止する「発注ロック」機能を追加
・ページ右上に表示されるIDを隠す機能を追加(スクリーンショットや配信などでの画面共有向け)
1.47
・発注ロック時、他ページへ遷移後にXBTUSDトレードページへ戻るとオーダーブック、オーダーリストのロックが外れる不具合を修正
・MP MEXのトグルボタンの挙動を修正
1.48
・背景を明るく設定している際にトグルボタンが見えなくなる点を修正
・LTP発注関連の非表示設定を追加
・プリセットボタン(価格)の数値を0.5刻みで設定できるよう修正
・売買ボタンと決済/取消ボタンの境界線を追加
1.49
・LTP買い/売りでの指定値幅・注文数指定(いわゆるバラマキ注文)を実装
・「その他の設定」にバージョンを表示
1.50
・バージョン表記のテキスト調整
1.51
・Chrome Web Storeの不具合を回避するためのアップデート

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます👍
Mental Position
Internet Developer, Web Programming/Design, Network and Server Administrator, Translator/Transcriber, DTP, DJ, sometimes deal with DTM+V.