meg.m
新freee Water作ったよ
見出し画像

新freee Water作ったよ

meg.m

freeeのbrand studioにアートディレクターとして入社して10ヶ月くらいのmegです。
freeeではオフィスにお越しいただいた方々に、お水をお配りしています。
2022年6月のリブランディングをきっかけにfreeeのロゴも新しくなり、お水のリニューアル企画がはじまりました。
今回は、新しいfreee Waterの制作にまつわるベスト3位について書こうと思います。

1位コーポレート缶Water:ペットボトルから缶へ

1位:数年越しの実現!コーポレート缶Water

缶や紙パックでコーポレートの水を作ることにずっとずっとチャレンジしたかった。
だけど缶だとロット数が多く、缶を保管する倉庫を確保したり、オフィスへ発送する手配の必要があったりと、1本のコストが上がってしまうことに悩んでいた。紙パックも検討してみたが、小ロットで水を充填できるパートナーさんを見つけることができなかった。

2021年の冬だったか、ふとAmazonを眺めていたらシンプルなデザインの缶飲料を作ってる会社さんを発見。
これは、もしかして、と思って調べたら、オリジナルをやっている会社さん(しかも五反田)ということが判明し、そこからコスト面・保管面・デザイン面・機能の全てが満足できる、缶入り水が実現しました!

2位 缶の塗装:グレーのアルミ缶に白の塗装をすることのむずかしさ

2位:缶の塗装

今回のチャレンジどころは、灰色のアルミの上に塗装する白。どうしても下地のカラーを拾ってしまい、灰色..になってしまう。
白インクを厚く盛るにも限界がある中、長く使う大切なものだから、どうにかして白にしたい!とお願いし、塗装技術者さんを悩ませてしまったこともあった。
しかし、技術者さん・メーカーさん・販売会社さんの努力とすばらしい技術により、なんと、、、白にピンクをほんの少し混ぜることで、青みをとり、白さを出してもらい、今のカラーを実現してもらいました!

3位:freeeデザインフィロソフィーの表現

3位:デザインフィロソフィー

2021.06.22:新ブランド刷新!2022.08末日:新オフィス移転!ということで、お水でブランドフィロソフィーを表現し、新オフィスにもマッチするデザインをデザイナーさんと一緒に考えた!

かろやかシンプル

新オフィスでも馴染む、ホワイトをベースに気持ちよくツバメが飛んでいるデザイン。新オフィスはまだできていないので、イメージに近いテーブルがある某カフェに足を運んで、こっそり撮影&合成しイメージを確かめた。

あんしんインテリジェント

リサイクル率の高いアルミ缶。そして、梱包段ボールもFSC認証。FSC=私たちの手に届くまでの工程が明確な紙を使用しているので、生産者への経済還元がしっかりできる(スペシャリティコーヒーと同じ)。自信を持って来客者さんへおすすめできます。

まえむきリラックス

無理せず自然体でいいことができる。全部アルミなのでペットボトル飲料のようにキャップやラベルを取ったり、剥がしたりしなくてもリサイクルできる。

たのしさスパイス

freeeWaterを飲むと体の中がマジ価値で満たされます。freeeのマジ価値2原則・マジ価値指針を成分表として見えるようにまとめた。文字もすこしキラキラして見えるようにした。(こちらは写真では映りにくいので、お手にとって確かめてみてください!)
freeeの「マジ価値」に関しては↓

というかんじで、新freee Waterができました。ぜひfreeeにお越しの際には、お試しください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
meg.m
Designer / Art Director