Megumi/ドイツ在住フリー編集者

日本⇆ドイツを言葉でつなぐお仕事承ります。2007年からドイツ在住。日独の出版社で編集経験を積み2018年に独立。エディター&ライター✍️/翻訳・通訳/コーディネーター。整形外科靴職人の夫と、バイリンガル育児に奮闘中… ▶︎お問い合わせ:http://i-mim.de
    • フリーランス・エディター:ドイツで起業

      • 5本

      ワーママでドイツ在住の編集者が、ドイツで起業する話。

    • トコトコ姉妹のドイツ通信

      • 5本

      ドイツ在住のライターと編集者が「トコトコ姉妹」としてユニットを組みました!これからドイツ発の笑顔になれる情報を皆さんにお届けしていきたいと思っています。 姉:食いしん坊ライターYumi 妹:自分の人生の編集長Meegmi

    • 吾輩はおっさんである:アフターコロナの準備はまだできていない

      • 4本

      ドイツの職場でワークライフバランス重視の会社員生活を満喫していた45歳・靴職人の夫が、コロナ危機をきっかけに目覚めた!? リモートワーク不可、IT化とはほぼ無縁のハンドメイドな職人業、SNSは未経験……。 人生100年時代を希望を持って生き抜くため、一人のおっさんが今、ゆっくりと立ち上がろうとしている!

    • ラジオの時間です

      • 1本
固定された記事

高橋萌 プロフィール

基本情報名前 高橋萌 / Megumi Takahashi 生年月日 1983年3月25日 経歴 フリーランスの編集者、調査コーディネーターとして、ドイツで活動中。日本の省庁・企業、出版社…

育児休暇を終え職場へ復帰した夫、出社直後に渡されたものはコロナの「ワクチン接種の案内状」だった。
(整形外科靴の職人も医療関係施設で働く人のカテゴリーに入るそうだ)

まだまだ遠い話だと思っていたことが突然目の前に降ってきた。接種後の体調、悪化しませんように!

赤ちゃんって、どうしていつもホコリを握ってるんだろう?

拭っても、拭っても、手の中にあるホコリ🌬️
君は世紀の大発見をしたかのように真剣な眼差しでその拳を見つめ、そしてうやうやしく天に向かって突き上げるのだ✊
少しすっぱい匂いのしてくるフニフニの手が、ただただ愛おしい。

「ぼく、100歳まで生きたいな」と息子が言った。
「どうして?」
「22世紀だよ!22世紀、見てみたいと思わない?」
日常が形を変えていく日々の中、生きたいと目を輝かせる息子が眩しい!あぁそうだ。あんな夢こんな夢叶えてくれる猫型ロボットも2112年に製造されるしね。

出産前にパパと一緒におさらいしたい!→「産褥期」についてのオススメ記事3選

部屋も小物もベビーを迎える準備OK!でも、産後の生活のイメージは共有できてる?我が家の第二子の出産予定日が刻一刻と近づいてきています。 振り返ると、長かったような…

「ねぇママ、また旅行に行きたいね」と息子がしみじみ言う。「リミニで海水浴三昧の夏休みが最高だよ」って。本当にね。写真を眺めながら、二人でしばし現実逃避の旅に出た。アドリア海沿岸の町リミニ、この日々を越えてまた、いつか!✈️🇮🇹
パスタもピザもべらぼうにうまかった〜🤤