株式会社メディカルノート

メンバーへのインタビューや事例を通じて、私たちのビジョン「医師と患者をつなぐ」をお伝え…

株式会社メディカルノート

メンバーへのインタビューや事例を通じて、私たちのビジョン「医師と患者をつなぐ」をお伝えしていきます。 コーポレートサイト https://medicalnote.co.jp/ 採用サイト https://recruit.medicalnote.co.jp/

最近の記事

お金以外の対価を得ている実感がある~メディカルノートでセールスを担うやりがい~

2つの部門でセールスを経験――まずは、これまでのご経歴を伺えますでしょうか? もともと2019年に入社した当初は、ホスピタルDX事業部のセールスとして、全国の医療機関に向け、主に疾患啓発記事を通じた患者向けの情報発信施策の提案をしていました。その後、2021年の秋にファーマDX事業部に異動し、製薬会社をクライアントとしたセールスの仕事に注力していましたが、2022年の10月から再びホスピタルDX事業部を兼任することが決まりました。ただし、今回はセールスの一員として営業活動を

    • 売るものを信じることができる――元MRが語るメディカルノートのセールスとは?

      ――まずは、2人が「医療」という分野に関心を抱いたきっかけについて教えてください。 星住:私の場合、そもそもは化学が好きで中学生のときの論文課題で「薬」を取り上げたことがきっかけでした。「こんな小さな物質が全身に作用するなんて」と、ロマンのようなものを感じたんです。そこから薬に関わる仕事がしたいと思うようになり、大学では薬学部を選び、新卒で外資系の製薬会社に入社しMRになったんです。 春日:私の場合は、幸せに対する自分なりの考え方が根幹にあると思います。自分だけの幸せより

      • ゲーム業界から医療業界へ転職した理由とは? 〜成長フェーズの企業ならではのやりがいを求めて~

        ――はじめに、あなたの業務内容とミッションを教えてください。 メディカルノートのプロダクト責任者として、メディカルノートが提供する複数のサービスを1つの医療プラットフォームとして成長させていくことが私の役割です。 メディカルノートは、この数年で事業部ごとに医師向けのプロダクトや病院・学会向けのプロダクトなど、医療のデジタル化を推進するさまざまなサービスをリリースしてきました。従来は事業部ごとにそれぞれのサービスの開発方針を定めていたのですが、サービスを横連携させることで、

        • 医療機関をつなげて患者体験の向上を。ホスピタルDXが目指す医療インフラの姿

          メディカルノート ホスピタルDX事業部とはメディカルノートは「すべての人が“医療”に迷わない社会へ」というミッションを掲げ、患者さんが医師や病院選びに迷うことなく、できるだけ速やかに適切な医療につながる社会を目指しています。その会社のミッションに対し、病院・診療所側からの患者さんへのアプローチ・情報発信をお手伝いしている部門が、私たちホスピタルDX事業部です。 私たちの業務内容をご説明する前に、まずは病院の構造についてお話させてください。一般社会では“病院”と一括りにしてい

        お金以外の対価を得ている実感がある~メディカルノートでセールスを担うやりがい~

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • キャリアを知る(メンバーインタビュー)
          株式会社メディカルノート
        • ビジョン・会社を知る
          株式会社メディカルノート

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          外苑前オフィスを紹介します!

          初めまして。メディカルコンテンツ編集部の田中です。普段はメディカルノート(https://medicalnote.jp/)に掲載する記事の執筆・編集をさせていただいています! 少し前の話になりますが、メディカルノートは2022年2月、港区青山・外苑前にオフィスを移転しました。 【新住所】 〒107-0061 東京都港区北青山2-9-5 スタジアムプレイス青山5F/6F 今回は、虎ノ門オフィス移転から2年弱のタイミングでなぜオフィスを移転したのか? 新オフィスの機能や仕事環

          外苑前オフィスを紹介します!

          採用サイトをリニューアルしました!

          はじめまして!メディカルノート広報の海崎です。今回は9月にリニューアルしたばかりの採用サイトを紹介します!メディカルノートではコーポレートサイトや採用サイトの制作・更新は基本的に内製です。今回も社内のデザイナーとコーダーに協力いただきました! ▽採用サイトはこちら https://recruit.medicalnote.co.jp/ 更新ポイント2月に引っ越したので新しいオフィスで写真撮影! 採用メッセージを一新「医療・ヘルスケアの事業創造エンジンへ」 note連携で

          採用サイトをリニューアルしました!

          新しい「当たり前」を作るやりがいがある――セールス 安ヶ平 竜褒

          メディカルノートで働くメンバーをインタビュー形式でご紹介します。 ――あなたのミッションを教えてください。 部門としてのミッションは「医療・ヘルスケア領域において、もっとも価値のある事業アセット(サービス・データ・リレーション)を提供できる組織にする」ということを掲げており、個人としては「医療・ヘルスケア領域において、どの事業者も到達できていない粒度で患者のQOL向上を支援するサービスへと進化させる」を掲げています。 私自身、セールスという立場でクライアントともっとも近

          新しい「当たり前」を作るやりがいがある――セールス 安ヶ平 竜褒

          医療の壁を乗り越え、幅広い業界を巻き込みたい――セールス 木村美貴

          メディカルノートで働くメンバーをインタビュー形式でご紹介します。 ――あなたのミッションを教えてください。 部門のミッションは、「医療・ヘルスケア領域において、もっとも価値のある事業アセット(サービス・データ・リレーション)を提供できる組織にする」ということです。 個人としては、企業の理念にもある「すべての人が“医療”に迷わない社会へ」を念頭におきながら、製薬をはじめとする企業の方々と共に正しい医療情報の提供を行っていきたいと思っています。 ――具体的な業務内容を教え

          医療の壁を乗り越え、幅広い業界を巻き込みたい――セールス 木村美貴

          メディカルノートのプラットフォーム戦略~なぜ患者向けの医療領域であえて“メディア”からスタートしたのか~

          プラットフォームへの布石――創業から振り返ってみて、メディカルノートはどのように変化してきたと感じますか? 井上:もともとメディカルノートの創業理念は情報へのアクセス改善によって、“医師と患者をつなぐ”ことにありました。当時からインターネット上の医療情報は、まさに玉石混交。患者さんはどれが信頼できる情報なのか分からず、医療に迷ってしまっていたのです。 そうしたなか、我々が2015年にリリースした「Medical Note」は、臨床の最前線で活躍するKOL(Key Opin

          メディカルノートのプラットフォーム戦略~なぜ患者向けの医療領域であえて“メディア”からスタートしたのか~

          新卒1年目の突撃リモートインタビュー!SF小説がきっかけでエンジニアに?!"瞑想"を習慣とする先輩エンジニアに仕事のイロハを聞いてみた!

          こんにちは!4月1日から新卒でメディカルノートに入社した古山萌(こやまもえ)です。(写真左が私です) 入社後研修期間を終えて、現在は配属先である開発部のディレクターとしてOJTを受けています。 綺麗すぎるガラス張りのオフィス内での仕事...聞き慣れない専門用語...とまだまだ緊張が解けませんが、メディカルノートのことをもっと知っていきたい!!という思いから社員インタビューを担当させていただくことになりました! 今回は私のメンター*であり、開発部でご活躍中のサーバーエンジ

          新卒1年目の突撃リモートインタビュー!SF小説がきっかけでエンジニアに?!"瞑想"を習慣とする先輩エンジニアに仕事のイロハを聞いてみた!

          2021年入社式・新卒研修レポート★新卒第一期生3名が新たに仲間入りしました!

          こんにちは!メディカルノート採用担当です。 今回はメディカルノートに入社した2021年度入社式の様子と、その後の研修についてお届けしたいと思います。 昨年のコロナ禍におけるオンライン中心の採用プロセスを経て内定となった3名が、この度メディカルノートに入社しました。 環境の変化が大きい中で不安もあったかもしれませんが、メディカルノートの一員となってくれたことに社員一同心より嬉しく思うと同時に、とても気が引き締まる思いです。 入社式当日は、感染対策を行った上で最小限の人数で

          2021年入社式・新卒研修レポート★新卒第一期生3名が新たに仲間入りしました!

          「Ruby biz Grand prix2020」で大賞を受賞しました!

          こんにちは、メディカルノート採用担当です! 2020年12月16日(水)に行われた『Ruby biz Grand prix 2020』にて、なんとメディカルノートが大賞を受賞しました!!! Ruby biz Grand prix は、プログラム言語「Ruby」を活用して、ビジネスの領域で新たな価値を創造し、さらなる飛躍が期待できるサービスや商品を表彰するグランプリです。 23企業24事例のエントリーがあったなか、大賞という輝かしい賞をいただけるとは夢にも思っていなかった

          「Ruby biz Grand prix2020」で大賞を受賞しました!

          【祝】メディカルノートは6周年を迎えました。

          こんにちは! メディカルノート採用広報担当の野賀です。 2014年の設立から6年、10月31日でメディカルノートは6周年を迎えました。今年も全社会後に恒例のアニバーサリーケーキを用意してささやかながらお祝いをしましたよ。 (オフィスのある虎ノ門ヒルズのマスコットキャラクター「トラのもん」と一緒に♫) ▼参考:昨年の振り返り記事はこちら コロナ以前であれば、全社員がオフィスに集合しての開催でしたが、今年は出社できるメンバーのみ(※)の参加です。 ※朝の検温を義務付け、3

          【祝】メディカルノートは6周年を迎えました。

          緊急事態宣言前後における「Medical Note医療相談」のユーザー利用動向に関するレポートについて

          当社が運営するデジタルヘルスケアプラットフォーム「Medical Note医療相談」において、緊急事態宣言期間中における利用動向に関するレポートを公開いたしました。 昨今、世界的に猛威を振るう新型コロナウイルス(COVID-19)の流行拡大に伴い、医療機関への受診が困難な状況が継続しているなか、オンラインでの健康不安解消に対する関心が高まっています。 このような状況を受け、当社ではリモートワークを実施する企業や地方自治体に対して、「Medical Note医療相談」サービス

          緊急事態宣言前後における「Medical Note医療相談」のユーザー利用動向に関するレポートについて

          <医療アドバイザー就任のお知らせ>消費者トラブルが絶えない”美容医療”の課題から考える、メディカルノートができること。

          みなさんこんにちは! 採用広報担当の野賀です。 この度、6/1付で当社の医療アドバイザーに、大阪大学形成外科初代教授、日本形成外科学会理事長を歴任されたJCHO大阪みなと中央病院院長の細川 亙 医師と、京都大学皮膚科学教授、アジア皮膚科学会理事長、滋賀県立総合病院院長・総長を歴任された京都大学名誉教授の宮地 良樹 医師に就任いただきましたのでご紹介させていただきたいと思います。 ・  ・  ・ 👨‍⚕️ 医療アドバイザーとは?メディカルノートでは、「医師と患者をつなぐ」

          <医療アドバイザー就任のお知らせ>消費者トラブルが絶えない”美容医療”の課題から考える、メディカルノートができること。

          【メディア掲載】 「アフターコロナの世界で変わる健康意識、医療界とのネットワークを強みに持つメディカルノートだからこそ実現できる新たな価値提供」代表取締役 / 医師 井上のインタビュー

          こんにちは!メディカルノート採用広報担当の野賀です。 代表取締役の井上が、日経BP社ウェブサイト「Beyond Health」の取材を受けましたのでご紹介させていただきます。 「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト」開設の背景や、「医師と患者をつなぐ」というビジョンを掲げるメディカルノートだからこその信頼できる医療情報の発信、アフターコロナの世界で見えてくるユーザーの行動変容など、井上の思いを語っています。 (下記一部抜粋) ・  ・  ・ 💡 各医

          【メディア掲載】 「アフターコロナの世界で変わる健康意識、医療界とのネットワークを強みに持つメディカルノートだからこそ実現できる新たな価値提供」代表取締役 / 医師 井上のインタビュー