見出し画像

#TogetherAtHomeが洋楽ファンにはたまらなすぎる件➀

僕は洋楽が好きなのです。コロナが世界的で流行しているなか、色々なアーティストの方が「#TogetherAtHome」というのをやってくださっています。人が外に出ずに、家でカルチャー的な体験ができるという素晴らしいイベントです。フランスで自宅待機中の僕も大変お世話になっています。アーティストの方には感謝しかありません。

何度でも言うかも知れませんが「#TogetherAtHome」が素晴らし過ぎるのです。MVではなく歌手の普段の様子が見れるのは、親近感はわきますし、編集がされていない生の声というのもたまりません。僕はそれにはまってしまいさまざまなアーティストの動画を見ました。

そんな僕の「#TogetherAtHome」の中で特にオススメの部分を紹介していくnoteを書いていきたいと思います。今回はまず第➀弾!(個人的興味・偏見を含むのはご了承ください。アーティストは僕が見ていった順番です。)

・Kygo

Kygoは、世界中を駆け回っているDJの1人。彼の奏でる美しいピアノは、ライブでもみんなが待ちわびているパートです。今回はそんなピアノを、YouTubeで聞けてしまう!(ちなみに僕は埼アリのライブに行きました。)

このライブの中で特に注目すべきは、彼の尊敬するAviciiのピアノカバー!いや、もう、Aviciiファンにはたまりませんし、Kygoの楽しそうに弾いている姿もまた良い!必見です!

・Charlie Puth

Charlie Puthは「See You Again」で一躍有名になった、アメリカ出身の歌手です。彼のハイトーンボイスがこれまた凄いと。

注目は音楽への研究心と愛!コロナが蔓延し、彼自身も家から出れない状況で時間があり、様々なジャンルの音楽をくっつけて遊んでいるようです。そんな様子をYouTubeで見ることができ、プロの音楽の作り方を学ぶことも出来てしまいます。見ている側が学ぶことが出来て、楽しむこともできるライブ、面白いです!

・OneRepublic

OneRepublicはアメリカのロックバンド。彼らの曲「Counting Stars」はYouTubeで29億回も再生されています。。凄い!(僕、来日ライブに行きました)

動画の見所は「今日はのどの調子が悪い」と良いながらも、そんなことを感じさせないくらいの声量にハイトーンボイス。本当に凄いです。コロナでいろいろなことに制約がある中で、人達を勇気づけようとしている姿に脱帽。気持ちが伝わってくるライブです。

・「#TogetherAtHome」で楽しもう。

今回はこんな感じで、3組のアーティストの「#TogetherAtHome」を紹介しました。「#TogetherAtHome」が本当に素晴らし過ぎるので、是非これを読んでくださっている皆さんも、できる限り外出を控えYouTubeに浸って音楽を楽しみましょう。皆さんのその決断が、コロナ拡散を止める一歩になるでしょう。

次回、また第2弾を書く予定なので、もしよろしければそちらもチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
5
世界を旅するフランス人と日本人の雑記。国際カップルの経験を元にした気づきや、役立ち情報を主におとどけ。

こちらでもピックアップされています

真夜中におならしながら綴る、独り言
真夜中におならしながら綴る、独り言
  • 118本

読んでも読まなくても、人生はそんなに変わらないと思う。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。