見出し画像

未来にのこる言葉

未来にのこる言葉を、探している。大げさだと思うだろうか、これはいたって真面目に。あらゆる人の記憶に残るようなもの、それを望んでいるかはわからない。ただあくまで、自分がいつまでも瑞々しく愛することのできる言葉を。そんなものを、自分のなかから出したい。ひと言でも一行でもいい。これ以上ないかもしれない、そんな言葉たちをいつも、探している。
春も夏も秋も通り越して気づけばこうして冬の扉をくぐっている、何が流行ろうと道を阻もうと、今年も精いっぱい感じてきた。歓びの薄桃、漲る生命の深緑、暮れに向かう紅、果てない頭上の、群青。今年も、変わらなかったもの。そう、何も変わってなどいないんだ、ずっと廻る環の今年もその一部を無事に成してついにたどり着いた冬の澄んだ空気を身体に巡らせよう、塗り替えられた日常に立てついてあるいはうまく付き合って、すう、と。この身体に。
未来にのこる、言葉を。
そうしていつも、探していく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、ほかの方へのサポートやここで表現できることのためにつかわせていただきます。感謝と敬意の善き循環が、ぼくの目標です。

よかったらほかのnoteも読んでみてくださいね♫
40
ポエム / マクロフォト / 写真は「みんフォト」→だいすーけで検索! / 「磨け感情解像度」佳作 / 2021年目標「こう生きたい」を生きる / instagram→ https://www.instagram.com/daisuke_photoandword/?hl=ja

こちらでもピックアップされています

深い夜から、言葉を
深い夜から、言葉を
  • 31本

深夜に書いたnote。ポエム、エッセイ兼雑記。2020/08~

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。