マガジンのカバー画像

アニメーション/CG

18
武蔵野美術大学 映像学科 アニメーション・CG領域
運営しているクリエイター

記事一覧

【課外講座】漫画家 古屋兎丸 創作秘話

緻密で耽美な画風とブラックな内容でカルト的な人気を誇る漫画家・古屋兎丸氏を、課外講座にてお招きしました! 学生時代から漫画家デビューに至るまでのお話や、各作品の創作エピソードなど、 アニメーション作家であり映像学科教授である黒坂圭太氏との対談形式で、ムサビ生だけが聞くことができる貴重で濃密なお話をうかがいました。 ムサビで一番大きな教室は、予想通り満席! 古屋さんの変わらない人気ぶりを実感しました。 開催日程:6月6日(木)

【課外講座】アニメーション監督・プロデューサーの中山竜さんをお招きしました!

2024年5/16(木) アニメーション監督・プロデューサーの中山竜さんをお招きして課外講座を開催しました。 中山さんが監督された作品のお話や、商業アニメーションが実際どのように完成されていくのかといった工程を丁寧にご紹介いただき、学生たちは大興奮でした。 中山さんが最近立ち上げた「Andraft」設立についてのお話もいただき、いまこれからのアニメーション業界について考えるヒントになりました! ご一緒に来てくださったプロデューサー・田仲マイケルさんとの楽しい掛け合いで進行

「大好きな君へ」(けいご監督・2023年度高谷ゼミ卒制)が澁谷インディペンデント・フィルム・フェスティバルで優秀賞を受賞!

「大好きな君へ」(けいご監督・2023年度高谷ゼミ卒制)が澁谷インディペンデント・フィルム・フェスティバルで優秀賞を受賞しました!おめでとうございます! 6/2(日)には会場で上映があります。 <澁谷インディペンデント・フィルム・フェスティバル> http://g-film.net/shibuya/index.html#SCHEDULE タイトル 澁谷インディペンデント・フィルム・フェスティバル 主催 澁谷IFF実行委員会 開催日時 2024年6月2日(日)10:30~

映画館のマナーCMをアップリンクと共同制作しました!

本学映像学科の学生と教員が、有限会社アップリンクと映画館のマナーCMを共同で制作しました。CMは、UPLINK吉祥寺にて本編上映前に上映されています。以下のリンク先でも公開されていますので、ぜひご覧ください。 制作メンバー: 渡邉龍平(2023年度映像学科卒業) 山下莉理(映像学科4年) 山本輝(映像学科3年) 高谷智子(映像学科専任講師) 担当教員: 小口詩子(映像学科教授) 高谷智子(映像学科専任講師)

学生がNHK長崎放送局さんからインタビューを受けました

映像学科の学生たちが、現在進行中のプロジェクトでNHK長崎放送局さんから取材を受けました! アニメーション制作や打ち合わせのようす、企画・制作時に考えていたことや大事にしたことなどを、2日間通してガッツリ撮影していただきました✨ プロジェクトの詳細や放送情報は、公開が迫ってきましたらお知らせいたします。 <メンバー> 壁下 実夢さん(映像学科2年・監督) 垂井 美南さん(映像学科2年) リュウ・シトウさん(映像学科大学院1年)

【ノミネート】第70回オーバーハウゼン国際短編映画祭に『DOCOOK』(2022年度卒制)がノミネート!

2022年度映像学科卒業生、羽部空海さんが制作した卒業制作が、 第70回オーバーハウゼン国際短編映画祭<Children’s and Youth Film Competition>部門にノミネートされました! おめでとう‼️🎊 『DOCOOK』 監督:羽部空海(Habu Solami) 2022年度映像学科卒業制作(優秀賞受賞作品) <ダイジェスト> ★オーバーハウゼン国際短編映画祭HP https://www.kurzfilmtage.de/en/festival/c

【TAAF】東京アニメアワードフェスティバル2024<YOUNG POWER 2024>にて大原せいさん(2023年度卒業生)が講評に参加しました

2023年度映像学科卒業生・大原せいさんが東京アニメアワードフェスティバル2024<YOUNG POWER 2024>にて、 卒業制作を上映・第一線で活躍するゲストによる講評を受けました。 <作品情報> 「×-kakeru-」 大原せい/Ohara Sei 武蔵野美術大学2023年度卒業制作 7分 一人で生活を送っているおじいさんは毎日マフラーを編んでいる。マフラーを編んでいる時は亡くなった奥さんとの思い出を思い出してはそれに浸る。だが、思い出は少しずつ曖昧になって…。

授業でグループ制作したアニメーションがTOHOシネマズ学生映画祭に選出されました!

3年「CG&アニメーションⅢ」という授業で学生たちが制作したアニメーション作品が、 TOHOシネマズ学生映画祭<ショートアニメーション部門>に選出されました!おめでとう! 「いにみにまにも」 原案・監督:石川ななみ 企画:石川ななみ/海野美奈/カ・キンキ/シン・ネイ/セイ・シンルイ 背景CG・CGアニメーション:海野美奈/セイ・シンルイ 水彩:カ・キンキ 制作連絡:海野美奈 編集:シン・ネイ 撮影・音響:石川ななみ

高谷ゼミ卒制が第19回吉祥寺アニメーション映画祭にて受賞!

第19回吉祥寺アニメーション映画祭にて、高谷ゼミ2021年度の卒業制作「Midnight Special」(監督:葭原武蔵)がストップモーション・アニメーション賞を受賞しました! おめでとうございます! 「Midnight Special」(2021年度卒業制作) 監督:葭原 武蔵 ストップモーション・アニメーション賞 ▼ 第19回吉祥寺アニメーション映画祭https://www.kichifes.jp/animation/2023.html

3年いいちこさんが制作したゲームが、サイゲームスクリエイティブコンテストで審査員賞受賞!

映像学科高谷ゼミ3年のいいちこさんが制作したゲーム「Hack」が、 サイゲームスクリエイティブコンテストで審査員賞を受賞しました! おめでとうございます!

卒業生が参加するアニメーション上映イベント『MOVOP - Animation Screening & Exhibition -』

映像学科の卒業生が参加する、若手アニメーション作家たちによる上映会が開催されます! 『MOVOP - Animation Screening & Exhibition -』 つくり続けるU30の若手アニメーション作家たちが現在のアニメーションを再考していくための企画。 第一弾では7名の作家により、上映展示イベント、ZINEの発刊などを行い、MOVOPの源泉を築いていく。 日程:2024/3.2~3.3 会場:東京都渋谷区松濤2-11-11 2F 共催:tampenjp 協

「えんそくだったひ」(監督:倉澤紘己 /2022年度映像学科卒制) がISCA2023にて松本俊夫賞を受賞

高谷ゼミ2022年度卒制の「えんそくだったひ」がISCA2023<国内映像コンテンツ部門>にて松本俊夫賞を受賞しました! 作品名「えんそくだったひ」 監督:倉澤紘己 2022年度映像学科卒業制作作品 ●ISCA2023 受賞結果 https://kc-i.jp/activity/award/isca/2023/winner/ おめでとうございます!

3年大瀧佳実さんのゲーム「Hack」が公開されました!

高谷ゼミの3年生・大瀧佳実さんが進級制作でつくった「Hack」というゲームが公開されました! ・Hack https://gameparade.creators-guild.com/works/1523

【課外講座】<アニメーション作家・山田遼志 作家性×商業性>開催報告

10月9日(月)、アニメーション作家の山田遼志氏を招いて課外講座を開催し、全学から約300名の学生が参加しました。 ものすごい熱気のなか、山田さんご自身の制作プロセスや、美大生にとってとても重要な問題<作家性と商業性>の両立について、具体的なお話をいただきました! みんな熱心に聴講し、講座後半には積極的な質疑応答がありました。