MATSURI 20th Birthday Live”おまつりごと” ライブレポ

MATSURI 20th Birthday Live”おまつりごと” ライブレポ

MATSURI Official note

2021年11月26日(金)沖縄・北谷にあるライブハウスにてMATSURI 20th Birthday Live”おまつりごと”が開催されました。

今まで”普通”にできていたライブが、なかなかできなくなってしまったこの世の中。それでもワクワクする気持ちや、非日常的な空間を楽しんでもらいたい!タイトルの”おまつりごと”にはそんな想いが込められています。

11月26日は何を隠そう、MATSURIの20歳の誕生日当日。デビューした年に迎えた20歳の誕生日をライブで迎えるという、音楽を職業にしている身からすると幸せすぎる1日となりました。

DSC_8477のコピー

そんなMATSURI 20th Birthday Liveの様子を少しだけ、振り返っていきたいと思います。当日会場にいた方は思い出しながら、会場に来られなかった方は想像しながら是非楽しんでいってください。


ライブのセットリストをSpotifyにて公開中!

キーボードとギターをサポートに迎え、アコースティック編成での開催となったライブでしたが、20歳を迎えたMATSURIに相応しい大人な雰囲気を纏った空気の流れる時間となりました。初めてライブハウスで披露した曲、YouTubeでバズった曲など、数多く歌ってきたカバー曲の中でも思い入れのある楽曲で綴られていった前半戦。その中でも客席を驚かせたのは1本のギターでした。

「皆さん、ここにあるギター。気になってる方もいるんじゃないですか?」

画像2

そう話すと、ギターを抱えて弾き語りを始めたMATSURI。今回のライブではこれまでの「感謝」と、これからの「成長」を伝えていきたい。そんな想いから挑戦したサプライズギターには一層大きな拍手が沸き起こりました。

オリジナル曲は思い入れが深い分、一つ一つ楽曲に対して込められているメッセージをトークの中に交えながら紹介。中でも配信デビュー曲となった「金魚すくい」はMATSURIにとって大切な一曲となっています。

「世の中、歌の上手い、凄いアーティスト、歌手の方々が沢山いらっしゃるじゃないですか。皆さんと私にとって初めましてとなるこの楽曲には、そんな沢山いるアーティストの中から”見つけてほしい”そして、”選んでほしい”という想いが込められています。」

DSC_8592のコピー

オリジナル楽曲のアコースティックバージョンは、柔らかく、かつ幻想的な雰囲気が更に強くなりました。MATSURIの楽曲は全て打ち込みで制作しているので、キーボードとギターになったときにどうなるのだろうと思っていたのですが、いやはや大正解でしたね・・・。いつの日か、もっともっと沢山の方々の前でアコースティックバージョンをお披露目できる日が来ることを願います。

最後は「蛍」でお別れ。楽曲の中にはお客さんと一緒に手を振りながら歌うパートがあります。中々声を出すことができないライブでも、このように会場にいるみんなが一緒に体を動かしてリズムに乗れるのは音楽ならではの楽しみ方ですよね。

本編はここまで。ありがたいことにいただいたアンコールでは、まだリリースしていない楽曲や、今回が初披露の曲など盛り沢山でお届けさせていただきました。この曲は近々皆さんにもお届けしたいなと思っているので、首を長ーくして、楽しみに待っててください!


そして会場内に流れる「HAPPY BIRTHDAY〜♪」のメロディ

DSC_8617のコピー

ライブタイトルにもありますが、11月26日はMATSURIのお誕生日!無事サプライズも成功して、会場はお祝いムードに包まれました。

「20歳になって、「20歳の目標は?」と聞いてもらったりすることがあったんですけれど、正直ピンときていなくて。でも今日こうしてライブを終えてはっきり分かりました。今日来てくださった皆さんに、恩返しができるようにこれからも頑張っていきたいですし、いつか応援してて良かったなと思ってもらえるアーティストになれるように頑張っていきたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします。」

MATSURIを知っていただいて、応援してもらって、いつかは皆さんが胸を張って「MATSURIが好きだ!」と言えるようになったら嬉しいなと思っています。そして皆さんにとっての特別で、ワクワクするような「ハレの日」のような存在になれるように、今後も活動を進めていきます!これからもMATSURIの楽曲を楽しんでもらえたら嬉しいです。


そんなMATSURIの楽曲は各ストリーミングサイトで絶賛配信中!

金魚すくい / / 線香花火

MVもチェック!


ライブ写真カメラマン 「Naoya Namba」
Twitter  /  Instagram

■MATSURI SNS
公式サイト
Twitter
YouTube
Instagram
TikTok

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
MATSURI Official note
MATSURIの広くて儚い宇宙を制作目線から書き綴っていきます。