見出し画像

初めてプロデューサーの1人として携わった映画「空の瞳とカタツムリ」が今日から配信になります。

2016年6月に開催した荒井晴彦監督ワークショップを起点に、企画、製作が始まり、フィルメックス2018で特別上映、シネクエスト映画祭2018にてグローバル・ランドスケープ・コンペティション部門にノミネートされた映画「空の瞳とカタツムリ」が本日2020年8月12日から、Amazon、U-NEXT、iTunes、YouTubeなどから配信されます。この映画、僕が初めてプロデューサーのひとりとして参加した映画となります。

企画は「火口のふたり」荒井晴彦さん

監督は「いたいふたり」斉藤久志さん

脚本はドラマ「深夜食堂」荒井美早さん

主演は、

縄田かのん

画像1

中神円

画像4

藤原隆介

画像3

の3名。三名とも、ワークショップで選ばれた新人です。

ほかにも、

三浦貴大さん

画像4

柄本明さん、

内田春菊さん、

利重剛さん、

クノ真季子さん

など、そうそうたるメンバーが周りを固めています。

誰もが簡単に体を重ねてしまう現代、しかし、恋矢(れんし)という器官で恋する相手を刺し寿命を減らさねば交尾のできないカタツムリのように、身体を重ねれば重ねるほど、お互いを傷つけてしまう4人の若者の姿を描きます。

僕的には、この映画、

セックス無くして愛し合いたいのに、それが許されない人々の苦しみを描いた作品

なのではないかと思っていて、愛=セックスという観念に脅迫されている人々には共感してもらえるのではないかと思っています。

ぜひ、見ていただけると嬉しいです。

配信は次のリンクからご覧下さい。

Amazon prime

YouTube

U-NEXT

見たらFilmarksで感想もらえると嬉しいです!!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます m(_ _)m
53
映画や演劇に関わることをしています。その中で沢山の映画監督、俳優たちと知り合ったので、アクターズ・ヴィジョンという俳優と監督の出会いの場所を作りました。ここ数年は映画の制作にも関わるようになってきています。

こちらでもピックアップされています

映画を分析すると時代(いま)が見えてくる
映画を分析すると時代(いま)が見えてくる
  • 5本

感じることが映画だ。そう思います。ただ、感じた後に、どうしてそうなのかを考えても良いんじゃないかと思います。考えて、映画の意味を考えてもいいし、考えて、新しい映画を構想してもいい。分析されるために作られていない無意識の集合である映画を分析することによって、いまがどんな時代かが分ってくる、そんな気がしています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。