matinote plus

2つのまちから始まった「まち探訪」ー「はじめてのまち」:その1

今月のエッセイのお題は「はじめてのまち」。今回の担当は鳴海です。  私にとって、「はじめてのまち」は2つある。  1つめは横浜駅周辺だ。ここは小さい頃からよくいっ…

ぼくとトイザらスにかかわる、少しばかりのおもいで。ーmatinoteエッセイ・お題「ロードサイド」:その2

今月のエッセイのお題は「ロードサイド」。今回の担当はかぜみなです。  先日、玩具販売大手の「トイザらス」の米国法人が、会社解散を決定したというニュースを目にした…

なぜ「ロードサイド」はまちを衰退させると言われるのか。『クルマを捨ててこそ地方は甦る』―オススメ「まち」の本! (その2)

今回は京都大学藤井教授の『クルマを捨ててこそ地方は甦る』(PHP新書)という本をご紹介いたします。今月のmatinoteエッセイテーマ「ロードサイド」にも関係する1冊です。…

地方鉄道とロードサイド店舗集積にまつわる思い出ーmatinoteエッセイ・お題「ロードサイド」:その1

matinote ではメインメンバーを中心にエッセイ企画を始めました。今月のお題は「ロードサイド」。今回の担当は鳴海です。  まだ高校生の時のこと、とある地方鉄道につい…

まちに出るときにバッグに入れておきたい!『ランドスケールブック―地上へのまなざし』ーオススメ「まち」の本!(その1)

まちを歩いているとき、時折気になるモノがあります。例えば地形・地図・植栽といったものです。そういった「路上」にあるものについて"スケール"を軸に解説した本がありま…

ゲームを楽しむ方法やゲームを通じたコミュニティの話も!:まちづくりゲーム好きがとことん語る!(後編)

matinoteで掲載した「まちづくりゲーム」の対談(前編・後編)。今回はその中に収めきれなかったトークの後半を載せたいと思います。 (前編)→記事はこちら 1.(小話…

300