見出し画像

「推しは推せるときに推せ」を好きな店でやっていく話

「推しは推せるときに推せ」

これはドルオタ界隈で言われていることばらしいです。推しメンが脱退するとなったときに「もっと支援してればよかった…」と後悔することがないように、推せる(=投資できる)ときには推しておきましょう、という理解をしています。

けっこう昔の話なのですが、実はぼくはももクロに早見あかりがいた無印の頃から好きで、Zになるまでの曲は今でもだいたい歌えます。それゆえ早見あかりの脱退には当時かなり驚いたもので、よく聴いていた「山里亮太の不毛な議論」という TBS ラジオで脱退の経緯を知ったときは涙を流したものでした。理由のひとつに「ほかのメンバーに比べて握手会などの列が短くて、他のメンバーはまだやっているのに自分だけ早く終わってしまう」という話があったように記憶しています。

ぼくが「推しは推せるときに推せ」という言葉を知ったのはさいきんなのですが、早見あかりの脱退をリアルタイムで追い、喪失感を感じていたものとして、わりと自分の中では臨場感のある格言としてこびりついています。

With コロナの飲食事情

話をガラッと変えます。ぼくの父は勤めの料理人なのですが、その勤め先がコロナの影響で当面休業になりました。収益はなくなるけど家賃は数十、数百万円かかり、コロナの影響期間と打ち手によっては廃業という選択肢もチラついてくるそうです。ニュースでもよく流れてきますが、これは父の勤め先だけでなく、多くの飲食店にも言えることだと思っています。

推しは推せるときに推せ

飲食店を取り巻く環境のきびしいまさに今このときが、推しの飲食店を推すときです。テイクアウトでも通信販売でもなんでも、それらをガンガン買って推しの飲食店を支援しましょう。いつもより多めに買うくらいでいいと思います。

もしそれらを店側がやってないのであれば「廃業してほしくないからやってくれ!頼む!」というところまで踏み込んでしまいましょう。みなさん在宅な分もしかしたらいつもよりお小遣いが余っているかもしれません。それらをどんどん推しに使うのです。好きな店で美味しい物が食べられなくなるのは人生のQOLを大きく下げます。いま推しましょう!

友人で強いドルオタの関さんもこのように言っています。

ぼくはみなさんに「フーディストリンク」を推したい

わたしたちの日常はコロナの影響もあって自宅で過ごす時間がめちゃめちゃながくなりました。ぼくは先週まで食材の買い出しと子どものお迎えをのぞいた時間すべてが在宅で過ごす時間だったわけですが、来週からは子どもの保育園も休園になり、いよいよ毎日外に出ることもなくなりそうです。

ゲームや料理が趣味のインドアでなので長期間の在宅生活自体はつらくないのですが、料理人に育てられた影響か美味しいものが好きな自分にとって、外食できないことは本当につらいです。たべることで得てきた幸福度の高さを改めて感じています。

リモートワークの休憩の合間にちゃんとした食事を作ることもなかなか手間で、かといってカップ麺が続くとなんだか気持ちが貧しくなってしまう。でも子どもを見ながらの仕事が始まったら、なおのことご飯をつくる時間がおしい…でも美味しいものは食べたい…。そんなときによくお世話になっているイケてるケータリング屋さんのフーディストリンクさんがナイスなことを始めていました。

プロが作る美味しい作りおきが大量に自宅に届くサービスです。味付けも優しくてお酒にも合う。調理器具も汚れない。忙しいけど自宅で美味しいものを食べたい!という在宅が強制される今の状況にぴったりです。

野菜がとれて低糖質でしっかり美味しいメニューってなかなかないので本当に重宝しています。妻からの評判もよくて、このサービスが始まってから隔週に1回頼んでます。だいたい1回11,000円くらいで妻とぼく、たまに子どもも食べて4-5日くらい保つようなイメージ。

4日分として、プロの美味しいごはんを2人*3食*4日で11,000円ってめっちゃお得じゃないですか?時間の節約もできるとかんがえると、在宅ワーカーのこころ強い味方です。さいきんは Zoom 飲み会セットなるものも提供開始し始めたようです。アツい。

仕事でイベント開いたりするときにすてきなケータリングをたくさん届けてもらったし、プライベートでスプラトゥーンの大会を開催するときにもゲームにかけたケータリングをしてくれたりめちゃめちゃお世話になってきたので、今が恩の返し時だと思って勝手に広報しています。美味し物好きとしてフーディストリンクがなくなったら単純に困るし早見あかりの脱退のときに感じた喪失感はもう感じたくないのです。みんな美味しいので買ってくれ!頼む!

お世話になったベンチャー界隈の人事のかた、ぼくの他にもいますよね!!今後一生穴子ご飯食べられなくなったら困りますよね!!今が推しどきですよ!!!!!1111

■ ZOOM飲み会専用 お申し込みはこちらから 
https://forms.gle/X8DgFUPCvZzJpuVM9

■ 通常の作り置きセットお申込みはこちら
https://forms.gle/8ZmLRtvdiW6ft4YG6

■ Facebookでもフォローしておくとメニューの告知を逃さないかも
https://www.facebook.com/taiga.takata

■ Twitter はあんまりアクティブじゃないけど今後なにか発信があるかも
https://twitter.com/FoodistLink

あとほんとは自分史上もっとも潰れてほしくない飲み屋の渋谷神泉のきになるきも推したいのですが、こちらはまだ何か提供しているわけではないっぽいので期待して待ってます!正田さん!お願いします!お金たくさん使わせてください!

みなさんも自分の推しの店がなにか提供していたら、ぜひたくさん買ってみてください。あなたの注文が推しを救うかもしれません…!

おわり


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭などのサポートは新しいメニューの材料に使わせていただきます!

ええええええええありがとうございます!光栄です!
39
料理とサウナとゲームが趣味です。

この記事が入っているマガジン

リアル店舗の未来、これからの飲食店・小売店の美学ある店づくり
リアル店舗の未来、これからの飲食店・小売店の美学ある店づくり
  • 281本

店舗デザイナーとして数百件のお店を手がけ、今も最前線で奮闘している目線から、リアル店舗のあるべき未来を考えます。 全ての業界で中途半端なポジションは淘汰されて、強い個性を持つ者だけが生き残る世界がやってこようとしています。その時、飲食店や小売店などのリアル店舗はどんな戦略を描くべきなのか? 便利になれきって、無限の情報と選択肢の海の中にいる消費者に、わざわざ出向いてそれでも食べたい・買いたいと思ってもらうにはどうするか? これからお店を出したい人、お店づくりに関わっている人、いつかはリアル店舗を持ちたい人が一緒に考えるきっかけになれば。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。