見出し画像

#母の日 に読みたい #コトバのチカラ

アスリートの言葉を紹介するサイト「コトバのチカラ」に、母の日に因んだ言葉が公開されています。母に送る言葉、母が語る言葉。そのいくつかを紹介します。

"ごめんな、いつか恩返しするから"

スクリーンショット 2020-05-10 12.43.17

興南高校(沖縄)で2度甲子園に出場し、2019年ドラフトでオリックス1位指名でプロ入りした宮城大弥投手。

家計が苦しく、試合用のユニフォームにつぎはぎをあてながら練習を続け、生活費から遠征費をやりくりしていました。その度に家族に口にしたのが「ごめんな、いつか恩返しするから」という言葉だったといいます。

ドラフトで名前を呼ばれた瞬間、横で涙を流す母の手を握りしめたエピソードは、こちらの記事に(琉球新報)。

"人生最大の試合。母に強い自分を見せたかった"

スクリーンショット 2020-05-10 12.34.24

2010年11月、WBCフェザー級王座決定戦で勝利し、2階級制覇を果たした長谷川穂積選手は、リング上で母・裕美子さんの遺影を掲げました。

その年の4月に11度目の防衛に失敗してバンタム級王座を陥落。がんの病床にいた裕美子さんは「勝ってよ」と声をかけ、亡くなりました。その日記には「もし命とかえられるなら、あの子に光を与えてください。私なんかどうでもいいから」と記してありました。記事はこちら(神戸新聞)。

"けがをしたときは最大の親不孝だと思った。大会で活躍すると両親が喜んでくれるので、今はそれが一番の恩返しになっているかな"

スクリーンショット 2020-05-10 13.01.32

沖縄県うるま市出身で、中高ではバスケットボールで活躍していた喜納翼選手は大学1年のときに、ウェートトレーニング中の事故で下半身の障害が残りました。

車いす陸上に出会ったのは大学卒業後。同居する両親のサポートのもと、恵まれた体格で頭角を現し、マラソンをはじめて3年余りで日本を代表する選手となり、活躍しています。記事はこちら(琉球新報)。

「コトバのチカラ」には、母への言葉だけでなく、母の言葉もあります。

"子どもを2人産んで、まさか東京五輪まで続けるとは思っていませんでした。選手生活をしながら育児日記をつけました"

スクリーンショット 2020-05-10 14.21.13

小野清子さんが語る「東京五輪」とは2020年のことではなくて、1964年のオリンピック。今よりもさらに女性の社会進出が難しかった時代です。

スクリーンショット 2020-05-10 12.34.51

東京五輪では体操女子団体で銅メダルを獲得しています。記事はこちら(秋田魁新報)

記事は #コトバのチカラ #母の日

「コトバのチカラ」は全国24のメディアが協力し、アスリートの言葉を紹介するサイトです。母の日に因んだ言葉以外にも、人を勇気づけるたくさんの言葉が並んでいます。ぜひ、読んでみてください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

社会課題の解決やより楽しい世の中を実現するメディアの発展に向けて、会社や業界横断的に取り組んでいます。サポートよろしくお願いします!

スキありがとうございます。シェアや感想などもお願いします!
15
ジャーナリスト / メディアコラボ代表 朝日新聞記者からBuzzFeed Japan創刊編集長を経て独立。「Journalism for better X」を目指し、報道やメディアや社会課題を解決する活動をサポートしてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。