千葉雅也

哲学、創作。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。『動きすぎてはいけない:ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』(紀伊國屋じんぶん大賞2013、第5回表象文化論学会賞)、『勉強の哲学』、『意味がない無意味』、 『デッドライン』(第41回野間文芸新人賞、第162回芥川賞候補)など。
  • スタンダード

    Twitterと連動した日々の投稿を読み、コメントができます。Twitterよりも自由に書いています。

    • 通常の投稿を読めます
    • コメントできます

    アドバンスド

    Twitterと連動した日々の投稿を読み、コメントができます。Twitterよりも自由に書いています。アドバンスド限定の投稿があり、通常の投稿もすべて読めます。

    • 通常の投稿を読めます
    • アドバンスド限定の投稿を読めます
    • コメントできます
    • 生活の哲学
      生活の哲学
      • ¥500 / 月

      生活から浮き上がってくる考察、執筆・仕事の方法、読んだもの見たものの批評などを連想的つながりで掲載していきます。Twitterでは十分に書けない考察の背景や補足情報も書こうと思います。

固定された記事

noteマガジン『生活の哲学』のご紹介

こんにちは、はじめまして、千葉雅也といいます。 僕は現在、立命館大学の先端総合学術研究科という大学院の教員で、教育と共に研究・文筆活動をしています。専門は哲学、…

マガジンの購入者だけが見れます。

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

『新潮』2021年6月号

昨日、『新潮』2021年6月号が発売になりました。新作「オーバーヒート」と、川端康成文学賞を受賞した「マジックミラー」が同時掲載です。新作発表はこの号と決まっていて…

洗濯する

先週は川端康成文学賞のことで落ち着かなかった。川端賞はベテランに与えられるものというイメージで(前回は保坂さん)、まさか最初に取り組んだ短編で、と本当に驚いた。…

150

オートフィクションについて

ちょっと気持ちに余裕のある土曜日だ。大阪の感染者が爆発的に増えているのはさすがに心配で、今朝は店には行かずコンビニでホットドッグを買ってきたのだが、とはいえずっ…

200

自粛と自由(信濃毎日新聞連載2)

信濃毎日新聞での連載「思索のノート」の第2回です。ここでの4月とは、2020年の4月。コロナ禍に入って最初の緊急事態宣言のときです。一年前を振り返ってみましょう。 * …

200