千葉雅也

哲学、創作。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。『動きすぎてはいけない:ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』(紀伊國屋じんぶん大賞2013、第5回表象文化論学会賞)、『勉強の哲学』、『意味がない無意味』、 『デッドライン』(第41回野間文芸新人賞、第162回芥川賞候補)など。
  • スタンダード

    Twitterと連動した日々の投稿を読み、コメントができます。Twitterよりも自由に書いています。

    • 通常の投稿を読めます
    • コメントできます

    アドバンスド

    Twitterと連動した日々の投稿を読み、コメントができます。Twitterよりも自由に書いています。アドバンスド限定の投稿があり、通常の投稿もすべて読めます。

    • 通常の投稿を読めます
    • アドバンスド限定の投稿を読めます
    • コメントできます
    • 生活の哲学

      生活から浮き上がってくる考察、執筆・仕事の方法、読んだもの見たものの批評などを連想的つながりで掲載していきます。Twitterでは十分に書けない考察の背景や補足情報も書こうと思います。

固定された記事

noteマガジン『生活の哲学』のご紹介

こんにちは、はじめまして、千葉雅也といいます。 僕は現在、立命館大学の先端総合学術研究科という大学院の教員で、教育と共に研究・文筆活動をしています。専門は哲学、…

1年前

人生は雑草である

いやはや、疲れた。四月の末にちょっと体調を崩し、連休で回復したものの、五月も取材が多くて、一回ごとの労力はそれほどでもないけれど、前後の準備・休み時間も含めて意…

200
5日前
この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

やりたいことをすること

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

2週間前
この記事は
マガジンの購入者だけが読めます。

このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます。

3週間前

「書かないで書く」から「考えて書く」へ

文章を書くのに、もっと「余裕」が欲しいと思う。なんというか、まだ切羽詰まった書き方をしているところがある。これはパソコンで書くときの話で、そのときにはない「余裕…

200
3週間前

負荷を楽しむ(京都新聞連載3)

初出:京都新聞夕刊、連載「現代のことば」、2021年12月。 * 最近もしかすると自分にちょっと成長が生じたのではないかと思うのだが、ストレスを楽しむ、あるいは「負荷…

200
3週間前