千葉雅也

哲学、創作。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。『動きすぎてはいけない:ジル・ドゥ…

千葉雅也

哲学、創作。立命館大学大学院先端総合学術研究科教授。『動きすぎてはいけない:ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』(紀伊國屋じんぶん大賞2013、第5回表象文化論学会賞)、『勉強の哲学』、『意味がない無意味』、 『デッドライン』(第41回野間文芸新人賞、第162回芥川賞候補)など。

メンバーシップに加入する

このサークルは、Twitterを補うような存在で、千葉雅也が日々の考えを投稿し、皆さんと交流する場所です。Twitterやnoteマガジンで提示している価値観に共感する方々に参加していただければと思っています。 ツイート的に短文を投稿します。コメントが可能で、できるだけ返信したいと思います。読むだけでもOKです。 投稿はTwitterにいる時間に並行的に行うことが多く、今後Twitterに実装されるという有料の限定投稿を先取りするようなイメージです。ですので、日によってまちまちですが、Twitterに準ずる投稿頻度になると思います。 複雑な社会批評であるとか、具体的な商品や飲食店の話など、最近のTwitterで言いにくいことはサークルで話します。「わかる」人が集う倶楽部ということです。 プランは二つ設定しました。スタンダードで閲覧可能な通常の投稿に加え、限定投稿があり、アドバンスドの方はすべてを見ることができます。 ぜひご参加ください。

  • スタンダード

    ¥1,480 / 月
  • アドバンスド

    ¥2,480 / 月

マガジン

  • 生活の哲学

    生活から浮き上がってくる考察、執筆・仕事の方法、読んだもの見たものの批評などを連想的つながりで掲載していきます。Twitterでは十分に書けない考察の背景や補足情報も書こうと思います。

最近の記事

  • 固定された記事

noteマガジン『生活の哲学』のご紹介

こんにちは、はじめまして、千葉雅也といいます。 僕は現在、立命館大学の先端総合学術研究科という大学院の教員で、教育と共に研究・文筆活動をしています。専門は哲学、とくにフランス現代思想です。ジル・ドゥルーズに関して博士論文を書きました。 哲学的な考察と同時に、批評活動(美術、文学、ファッション、建築、音楽など)や、小説の執筆も行っています。おそらく一番広く読まれている本は『勉強の哲学』だと思います。これは「使える」ことを目指した勉強法の本ですが、現代思想や精神分析をベースに

    • 無人の時代、人類史を考える

      2023年はAI元年として記憶されるだろう、と僕は何度かエッセイなどで書いた。ChatGPTが世を騒がし始めたのは、2023年の3月である。春に、まさしく春らしく、物事が変わり始めたというのは、コロナ禍のスタートを思い起こさせる。それは2020年の2月のことだった。緊急事態宣言が出されたのは4月に入ってすぐ。前年に元号が令和となって、その新たな時代区分が本格始動するとでも言えるだろう新年度は、街から人がいなくなる年だった。 コロナによって世の中が変わるときに何が動いたかと言

      有料
      200
      • 想像力と類似

        想像力とは何だろうか。 しばしば、想像力を広げると言われるように、それは、出発点から離れて広がっていく運動であると考えてみる。出発点にあるのは、「何か限定されたもの」である。 たとえば、洗面台の脇に、先日コンビニで買ったティッシュペーパーの箱があるとする。五つくらい積み上がっている。その様子はもっと詳しく書けるが、今はこれだけの簡単な提示で済ませることにする。 それは、一定の形をしている。それが何であるか意味がわかっている。また、午前中の一時点でそれを見た、という時間的

        • このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます

        • 固定された記事

        noteマガジン『生活の哲学』のご紹介

        マガジン

        • 生活の哲学
          ¥500 / 月

        メンバーシップ

        • noteサークルを始めました

        • 2024/06/19

          この投稿を見るには 「アドバンスド」で参加する必要があります
        • 2024/06/19

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 2024/06/17

          この投稿を見るには 「アドバンスド」で参加する必要があります
        • noteサークルを始めました

        • 2024/06/19

          この投稿を見るには 「アドバンスド」で参加する必要があります
        • 2024/06/19

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 2024/06/17

          この投稿を見るには 「アドバンスド」で参加する必要があります

        記事

          ファッションについて:個性と匿名性のジレンマ

          ファッションについて書いてみる。 服のことを大きく捉えると、それは「ファッション」と呼ばれるので、その言葉を使うけれども、「服をどうするか」ということ。それについては中学高校からいろいろ経緯があって、黒歴史的なものもあるが、自分の家族が服をどうでもいいとは思わず、工夫するし、良し悪しを語る人たちだったので、そのなかで一定の考えができていったと思う。 まず、ファッションについて考え、語るというときに、人が想定している「どういう話か」が、けっこう違うんじゃないかと思う。まずそ

          有料
          200

          ファッションについて:個性と匿名性のジレンマ

          哲学の考察

          これまで様々なテーマを扱ってきたが、多くの場合で、何かを「限定する」ことについて考えてきた面が大きい。それが、哲学に関わる者としての、主要な論題なのだと思う。それについて、哲学史的にとか、精神分析との関係でとか、いろんな角度から展開できるだろう。そうしたものを書いてみたいと思っている。

          哲学の考察

          歴史について(京都新聞連載14)

          初出:京都新聞夕刊、連載「現代のことば」、2023年12月。 * 今年は、ChatGPTが登場したことにより、AIが社会を変えていく元年として記憶されるだろう。戦争が起きており、コロナ禍も続いているし、この5年で世界は大きく変わっていった。AIなどより、相も変わらぬ人間の権力闘争こそが真に問題だとも言える。だが、長期的に、AIはこれから人間のあり方を変えていくだろうと予想している。 それを通過することで、世の中がガラッと変わる、ということがある。僕にとってその事態とは何

          有料
          200

          歴史について(京都新聞連載14)

          このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます

          マガジン限定

          練習

          ちょっと書いてみる練習。 思いつくように書く。飾りは、出てくるなら書くが、飾ろうとしなくてよい。 たとえば、「灰色」というイメージから書いてみる。

          哲学とは何かをちょっと考えてみる

          哲学について思うところをちょっと。 ある時期から、哲学者と名乗ることを、まあ、べつにいいかと思うようになった。ただ、背景としては、そもそも「批評」という言説のあり方にこだわっていた。批評というのは、哲学よりも具体的、よりフレキシブルなもので、厳密な論証よりも一種の身体的な必然性が関わってくるような何か……だと思っていた。だが、いつの間にか、批評と呼んでいたそれをほとんどそのまま哲学にスライドしてもかまわないのではないかと思うようになったのかもしれない。 日本において、文芸

          有料
          200

          哲学とは何かをちょっと考えてみる

          批評の権利(京都新聞連載13)

          初出:京都新聞夕刊、連載「現代のことば」、2023年10月。 * 最近、昔書いた授業のレポートを読み返していたのだが、大学3年くらいまで僕は、批評とは何かを考えようとしていた。批評について原理的に考えること、それを「メタ批評論」と呼んでいた。そのレポートは力がこもったものだったが、当時はどの先生も放任主義だったので、それを研究に育てていくサポートは得られなかった。 結果として、哲学の訓練をすることになり、ジル・ドゥルーズが専門になった。そうして大学院の年月を過ごした後、

          有料
          200

          批評の権利(京都新聞連載13)

          このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます

          マガジン限定

          ネジはまず緩く締める

          一週間が経った。 少しばかり、いま思うことを書く。ほんの少し、仕事に戻っていくために体を動かすこととして。

          ネジはまず緩く締める

          書き方概論

          なんとなく浮かんだイメージ、フレーズ、考えの糸の絡まりみたいなものをまず書いてしまう。出てきた言葉で書く。そこからの連想的展開。面白いかなと思うようなセリフや、何かテーゼ的に言い切る文とか、ただただ書いていく。論理的・因果的なつながり、理由づけ、伏線の回収などは後回しでよい。

          有料
          200

          書き方概論

          このつぶやきはマガジンを購入した人だけが読めます

          マガジン限定

          ゲラになってからがけっこう大変

          本日、再校ゲラが手を離れた。あとは印刷所に入り、もうこれで完全に動かせないですよという日の、その当日中のチェック。 最初のデータ入稿の段階でほとんど固めるという書き方が、周囲の話を聞いても多いようだが、それはワープロが発達したからで、昔は手書きだったから、それが活字になってから考えることはもっと多かったわけだ。現在では、検索置換によって、表記の統一も事前に著者自身でできる。 今回、ゲラ段階で、ある程度手を入れる方針にしたが、けっこう大変だった。

          ゲラになってからがけっこう大変