障害者権利条約の重要質問事項へのロビーイングへのカンパ要請

山本眞理


9月23日から27日までジュネーブで障害者権利条約の日本審査に向けて、重要質問事項を決定するプレセッションが開かれます。

私ども精神障害者権利主張センター・絆は昨年5月に全国「精神病」者集団から名称変更いたしましたが、第1回、第2回自由権規約へのパラレルレポートを出し、その後インターネットの普及によりロビー活動なども容易となり、障害者権利条約の国連総会での成立もあり、国際障害者団体との連携も進み、2013年拷問等禁止条約、2914年自由権規約、2015年女性差別撤廃条約、2017年人権理事会の普遍的定期的審査とパラレルレポートを出し、ジュネーブでのロビーイング活動も行ってまいりました。

今回はこの重要質問事項に関して質問案の提案を行いました。

とりわけ重要なのが、33条の政府から独立した国内監視機関がいまないことを踏まえて独立した国内監視機関をいつどのように作るのかという質問です

障害者権利条約は今までの人権条約の中にはない、国内監視機関が条文で明記されています。これは国内人権機関のない日本にとってはとても重要な条文ですが、2014年の批准以来未だこの政府から独立した国内監視機関は作られていません。

国内人権機関を創設するためにも、その第一歩として障害者権利条約に基づき委員会のガイドラインに沿った障害者権利条約の国内監視機関を政府から独立して創設することの意義ははかりしれません。障害者のみならず日本の人権水準全般に影響する大きな意義があります

委員会の国内モニタリングに関するガイドラインは以下

https://www.ohchr.org/Documents/HRBodies/CRPD/GuidelinesIMF.doc

ジュネーブへの旅費、及び諸経費で概ね25万円の経費がかかります
すでに飛行機やホテルの手配は済んでおりますが、全て山本の自費となっております。この厳しい経済状況の中大変恐縮ですが、多くの方のご協力をお願いいたします

振込先 郵便振替口座 00170-3-36736
口座名義 山本眞理

あるいは 店名〇〇八 店番008 普通預金 口座番号6406481
名義 山本眞理

お振込みいただけた方は報告などお送りするためにメールを山本までお送りいただければ幸いです
nrk38816@nifty.com

質問事項だけの邦訳は以下をご覧ください
https://acppd.org/a/1645

英語原文は以下
https://tbinternet.ohchr.org/_layouts/15/treatybodyexternal/Download.aspx?symbolno=INT%2fCRPD%2fICO%2fJPN%2f35637&Lang=en

全文邦訳はこちら


人権は普遍的なもの精神障害者用の人権障害者用の人権などありえません
精神障害者だけ障害者だけの状況が良くなるはずはありません
国内人権機関そして私たちの取り組みの枠組みについて
古いインタビュー
https://note.mu/mariqote/n/nc431fff53503

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
山本眞理

精神障害者権利主張センター・絆 会員 世界精神医療ユーザーサバイバーネットワーク理事