見出し画像

日本のPayPayがMapboxで新しいロケーション体験を開始

国内導入事例「PayPay」のご紹介(翻訳記事)

PayPayは、登録ユーザー数3300万人を超える急成長中の決済アプリの一つで、全国260万カ所以上の加盟店と提携しており、様々なサービスを提供しています。

画像1

[Paypayピックアップ] Mapboxマップを使用する

PayPayは日本全国に普及しており、キャッシュレス決済やオンラインショッピングでの支払いなど、簡単でスピーディーな決済サービスを提供しています。
また、最近では「PayPayピックアップ」と呼ばれる事前注文型テークアウトサービスも開始され、ユーザーは近くのレストランやカフェを閲覧し、PayPayで注文をしてから料理を受け取ることができます。

画像2

PayPayユーザーのショッピング体験を改善

PayPayのプロダクトマネージャー Madhumita Chowdhury氏は、ユーザーがより良い買い物の意思決定ができるようにするための地図と位置情報の重要性を強調し、地図体験を構築する上でPayPayが直面している課題について説明した。

"私たちが提示しなければならない店舗数の増加に加えて、デジタルマッピングに関しては、日本の地理的な条件から、いくつかのユニークな課題があります。例えば、新潟の小さな町でお店を探すのと、渋谷の駅でお店を探すのとでは、全く違う体験になります。例えば都市部では、店舗が隣り合わせにあったり、隣り合わせにあったりすることが多く、ランドマークが多く、線路や道路などの地形要素がその上を通ったり、下を通ったり、通り抜けたりすることがあります。

このことを念頭に置いて、私たちは、全く新しいロケーション体験、つまりPayPayの中から買い物をする際のナビゲーションを格段に簡単にするために、Mapboxとの連携を開始することを決定しました。"


マッピング体験を向上させるために、PayPayはiOSとAndroid用のMapbox Maps SDKを統合し、表示する情報をいつ、どのように選択するかをより柔軟に選択できるようにしました。

画像3

マドミタによると

"これは、PayPay マップの強化されたビジュアルを見れば一目瞭然です。ここでは、カラーパレットを減らし、より限られた色のセットを使用しながらも、より高いコントラストを実現しました。店舗やその店舗がある道路、その他の主要なランドマークが一目でわかるようになりました。


また、パフォーマンスの最適化にも貢献しており、ローカルエリアをスクロールしたり、ズームしたり、別のエリアに素早くジャンプしたりするのがより簡単になりました。ビジネスセンターのホテルや家の近くのラーメン屋さんを探しているときに、関係のないお店を素早くフィルタリングして、数回タップするだけでお目当てのお店をすぐに見つけられるようにしました。


また、キャンペーンフィルターも保持しているので、現在お得なキャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを行っているお店をワンタップで絞り込むことも可能です。これに加えて、現在PayPayに対応している260万店以上の店舗のビジネス情報、評価、レビューが表示されます。

これは、PayPay上でのロケーション体験を変革するための野心的なロードマップの始まりに過ぎません。"私たちは今後も、地元の素晴らしいビジネスを見つけ、素晴らしいオファーを利用し、どこで食事をするか、どこで買い物をするか、どこに行くかという決断をより簡単にするために、PayPay上でのロケーション体験を変革していきます。

日本のユーザーは、iOS App StoreとGoogle Play Storeで本日よりPayPayアプリをダウンロードすることができます。

3
地図サービスの開発基盤を開発者向けに提供する、地図情報プラットフォーム「Mapbox Japan」の公式noteです。サービスの導入事例や、開発者向けのお役立ち情報などをお届けします。 サービスのお問い合わせ:https://www.mapbox.jp/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。