『僕が出来なくなったら代わりに伝えて欲しい』

リレーフォーライフジャパン東京上野に19、20日の両日、参加しています。

リレー・フォー・ライフとは、世界20数カ国で行われている、がん患者支援のチャリティ・イベントです。今から約30年前、米国の医師が、がん患者支援を訴え、24時間走り続けたのがその起源と言われています。


研究が進むことを願い

仲間との再会を喜び

旅立った仲間を想いながら歩き続けます


リレーフォーライフの夕方から行われる

ルミナリエという旅立った人を想う時間の中で、

夫が私に言った言葉を取り上げ、今に繋がるストーリーをスライドショーにして流してくれました。

画像2


私が、夫の命をなんとか救いたいと狂ったようになっていたのを、夫は受け入れていました。


それは、自分が旅立った後、私を守ることが出来ないから、せめて後悔がないようにという想いからでした。


しかし、ある日、夫は私に言いました。


『僕が出来なくなったら、僕の意思を、想いを伝えていけるのは、あなたしかいない。

その時は必ず来る。

それが僕があなたに託す願いなんだ』


この言葉は、患者会活動のことを言ったのではなく

助けようと必死になっても、必ずいつかその時は来る。

その時、僕の意思を思い、判断して欲しいという意味で発した言葉です。


ACP(アドバンス ケア プランニング)

どう生き切るか

終末期をどうするか

彼は終末期鎮静のことにも触れました。


辛い、辛い会話でしたが

この『僕の代わりに』は、今の私につながっています。


でも、私は彼の人生を生きているのではないのです。

私の人生を生きている。


引き継いだのではなく

私の決断で今がある。


どう死にたいかではなく

どう生きていくか。


それがACPだと思うし

本人のみならず

周りの人の『生き方』をもみつめるものだと

思っています。

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

全国胃がんキャラバン、多くの人にがん情報を届けるグリーンルーペアクションに挑戦しています。藁をもすがるからこそ、根拠のある情報が必要なのだと思い、頑張っています。

読んでくれたんですね。すごく嬉しいです❢
30
認定NPO法人希望の会理事長をしています。夫をスキルス胃がんで亡くしました。モットーは【あきらめない】 直滑降で生きています❢ https://npokibounokai.org/ (希望の会)https://greenloupe.org/(グリーンルーペ)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。