マメ父ちゃん
VBAで書類作成を効率的に処理〜シートからシートへ転記〜
見出し画像

VBAで書類作成を効率的に処理〜シートからシートへ転記〜

マメ父ちゃん

シートからシートへの転記VBAを使ってエクセル業務の効率化を行いました。

転記VBAはいろんなエクセル業務に活用することができます。

・一覧表シートから様式シートに転記
・どんどんシートを増やしている作業
・頻繁にシート切り替えが必要になっている作業

以上のような作業に転記VBAは絶大な効果があります!!

転記VBAの動作紹介

1.一覧表シートに必要な項目を入力

画像1

2.一覧表シートのA列の工事番号を工事契約書のユーザーフォームに入力し、実行

画像2

3.必要な項目が転記される

決まった様式の一部分を変更して書類を作成する!という方におすすめです。

転記VBAの内容説明

画像4

シート名の取得設定をするだけで簡単に転記VBAを作ることができます。

シート名の取得を行ったあとは、
シート名.セルの場所 = シート名.セルの場所
というように転記したい項目を作っていくだけ

とても簡単に転記VBAを作ることができます。

VBAの一部を紹介

画像3

シート名の取得について下記の記事で詳しく紹介しています。


転記VBAはいろんな業務に応用可能

画像5

転記VBAはエクセルでよく使われる関数VlookUpの代わりに使えます。

私の職場ではありとあらゆるExcelデータにVlookUpが設定されていたので、ほとんどを転記VBAに作り直しました。

転記VBAに変更するメリット

・セルに入力した数式が壊されない
・関数VlookUpでは表現できない処理が可能に
・データ容量が軽くなる

転記VBAの作り方をマスターしてエクセル業務の効率化を行いましょう。

今回紹介している転記VBAを下記、有料記事内で提供しています。

気になる方は是非購入をよろしくお願いします。

転記VBA開発~依頼から提供までの流れ~


依頼
「この様式で、毎回日付や名前の部分を打ち直して作成している。
過去のデータを消さないようにSheetを増やしているけど、だんだん管理しづらくなってきた。」

解決策
「入力用の一覧表シートを作って、様式に転記するVBAを提案」

メリット
・過去のデータをすぐに出力できる
・Sheetは一表シートと様式シートの2つだけ

作業期間
VBAの開発に2週間〜3週間

開発のスケジュール
1.依頼内容の確認
2.開発可能かどうか検討&回答
3.作業開始
4.経過報告
5.依頼者様の確認(要望があれば修正)
6.完了

このような流れで転記VBAの開発を行いました。


この続きをみるには

この続き: 152文字

VBAで書類作成を効率的に処理〜シートからシートへ転記〜

マメ父ちゃん

500円

この記事が参加している募集

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
マメ父ちゃん
はじめましてマメ父ちゃんです。 31歳→2児の父ちゃん→北海道住み→電気関係の会社員→ブログ開始8ヶ月→マメblog(https://mamemametochan.com)を運営中。エクセル業務の効率化をテーマに情報発信してます