アリウス派に関連する諸文書

12

ホモイオス信条(AD 360)

http://www.fourthcentury.com/index.php/the-homoian-creed/

より。英訳からの重訳。

コンスタンティノポリス教会会議(AD 360、全地公会議(AD381など)とは異なる)で採択。「ホモイオス(≒相似である)」信条と呼ばれる。

[]内は邦訳者の注あるいは補足。

:::::以下訳文:::::

我らは一なる神、彼によって万物が在るところの

もっとみる

ウルフィラの信条

https://en.wikipedia.org/wiki/Ulfilas

より。英訳よりの重訳。

ウルフィラはAD 340頃に叙階されゴート族に布教したアリウス派宣教師である。

:::::以下訳文:::::

私、ウルフィラ、司教にして告白者は、いつもこのように信じてきた。そしてこの一なる真実の信仰において、私は私の主へと至る旅をしている。

私は信ずる。一なる神、御父、唯一生まれぬ、

もっとみる

第九セレウキア信条(AD 358)

http://www.fourthcentury.com/index.php/the-ninth-confession-of-seleucia/

より。英訳からの重訳。

コンスタンティウス2世により召集されたセレウキア教会会議(AD 358、ペルシアでなく小アジアの都市セレウキア)で採択。「ホモイオス≒相似である」派の影響が強いと思われる。

[]内は邦訳者の注あるいは補足。

:::::以下

もっとみる

第三アンティオケア信条(AD 341)

http://www.fourthcentury.com/index.php/third-creed-of-antioch/
より。英訳からの重訳。

[]内は邦訳者の注。

:::::以下訳文:::::

わたしがわたしの魂をかけて証言者に呼ぶところの神は、わたしが以下を信ずることを知っている。
すなわち、全能の御父なる神、宇宙の創造者であり造り主である方、万物がこの方によって存在するところの方

もっとみる

第二アンティオケア信条(AD 341)

http://www.fourthcentury.com/index.php/second-creed-of-antioch/

より。英訳からの重訳。

アンティオケア教会会議(AD 341)で採択。「本質において相同(ホモウシオス)」の言葉を使わずに、ニケーア派寄りの信条を告白したものと言える。

[]内は邦訳者の注あるいは補足

:::::以下訳文:::::

我らは、福音的また使徒的伝統に

もっとみる

第一アンティオケア信条(AD 341)

http://www.fourthcentury.com/index.php/first-creed-of-antioch/

より。英訳からの重訳。

アンティオケア教会会議(AD 341)で採択。「本質において相同(ホモウシオス)」の言葉を使わずに、ニケーア派寄りの信条を告白したものと言える。

[]内は邦訳者の注あるいは補足

:::::以下訳文:::::

我らはアリウスの追従者で

もっとみる

アリウスからコンスタンティヌス帝への書簡(AD 327)

http://www.fourthcentury.com/index.php/urkunde-30

より。英訳からの重訳。

:::::以下訳文:::::

長老アレイオスとエウゾイオスより、我らの最も敬虔な皇帝、神に最も愛されしコンスタンティヌスへ。

我々は唯一の神、全能なる御父を信ず。

またその御子、主イエス・キリスト、すなわち御父によって全ての時代に先立って設けられ、それによって

もっとみる

アンティオケア教会会議の書簡(AD 325)

http://www.fourthcentury.com/index.php/urkunde-18

より。英訳からの重訳。

第一ニケーア公会議(AD 325)に先立つアンティオケア教会会議(AD 325)の存在は、関連文書がギリシア語原文では失われており、1905年にシリア語の写本が発表されるまで忘れ去られていた。

:::::以下訳文:::::

(アンティオケアにおいて集結した教会会議によ

もっとみる

ニコメディアのエウセビオスによるアリウスへの書簡の断片

http://www.fourthcentury.com/index.php/urkunde-2

あなたが適切に考えているので、みながそのように考えるよう祈っている。全ての者にとって、造られし者は、それが存在するようになる前は存在しなかったということは、明らかである。存在するようになった者は、その存在について始まりを持つのである。